シャラポワがドーピング!薬物「メルドニウム」使用で釈明会見【動画】

セレブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重大発表予告の予想は引退説が多かったプロテニスプレイヤーのシャラポワが全豪オープンでのドーピング検査に引っかかったことが重大発表として報道された。使用禁止薬物の「メルドニウム」の陽性反応が出たそうだが、その成分や効果とは?

シャラポワ、ドーピング検査に陽性反応

以前はテニス界の妖精とまで言われていたテニスプレイヤーのシャラポワ。そんな彼女が全豪オープンのドーピング検査で陽性反応が出たと発表されました。
先日、シャラポワに関する重大発表予告が告知され、ファンからは「引退か?」と予想された中での、この発表にファンやテニス好きにはショックが隠せないニュースになったことでしょう。

また、彼女が使用していた薬品が、ロシアでは2016年から使用禁止薬物に指定されている「メルドニウム」だったために、本人が釈明会見を行いました。

釈明会見

日本語訳付きの会見模様です。
というか、老けましたね。久々に拝見しました。via www.youtube.comシャラポワは10年間、医師から処方され服用していた薬の成分が、今年から禁止薬物に指定されたことを知らなかったと釈明し、「私は大きな間違いを犯した」と説明。違反に対する処分はまだ決まっておらず、シャラポワは「私にもう1度チャンスを与えてほしい。今後も競技を続けたい。」と訴えました。
実際、ドーピング検査で陽性反応が出た選手でも、強制引退させられる人はほとんどいないそうで、予想では、今回の全豪オープンは辞退、次の大会から出場が可能になるのではないかと言われています。

では、ロシアで今年から禁止薬物に指定された「メルドニウム」とはどんな薬なのか…


本来は、ホルモンや代謝を調整する薬で、主に狭心症や心筋梗塞の治療に使われる薬品だそうです。最近の研究では、持続力向上、回復力向上、中枢神経機能の活性化による耐ストレス性の向上の効果もあるようで、緊張をほぐしたり、落ち着かせるというような作用があるとのこと。
これはもうスポーツ選手にはもってこいの薬なのかもしれません。過去にもこの薬物を使用した選手もいたようです。

しかし、心臓に関する治療に使われる薬品なので、その副作用もあるようです。
心臓血管系: まれに頻脈、血圧の変化
中枢神経系: まれに精神運動性激越
消化器系の一部: まれに消化不良症状
アレルギー反応: まれに皮膚のかゆみ, 赤み, 発疹, 浮腫
そこまで強い副作用ではないみたいですが、10年間服用していると抜けられないような症状に駆られるのかなと心配になりますね…打ち返す際に、独特の叫びがあったシャラポワ

打ち返す際に、独特の叫びがあったシャラポワ

「緊張を溶く薬なのか、興奮剤だと思ってた」という声も多数上がっていました。via google imghp10年間の服用では、治療薬として取り扱われていた「メルドニウム」ですが、シャラポワは心臓系の病気を患っていたのでしょうか。もし、そういう病気にかかっていなかったとしたら、なぜ服用していたのかという疑問が出てきますよね。
本人が心臓疾患患者だということは述べていないので、気になるところです。

怪我からの復帰で、また女子テニスの女王になることを期待しているファンは多いと思うので、しっかりその期待に応えて今後もがんばってもらいたいなと思いますね!!


ページトップへ