【動画】ASKAブログで新曲公開「FUKUOKA」

MV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕され、釈放されたりと世間を騒がす歌手のASKA。次は自身のブログで新曲「FUKUOKA」を公開し、現在既に再生回数60万を突破!ネットでは絶賛の声!!

世間は12月24日でクリスマスムード一色。ASKAが逮捕されたことなど一瞬、忘れかけそうなくらいだったそのとき…なんとASKA自身のブログで新曲「FUKUOKA」を公開しました。

タイトルには『Merry Christmas!!!!』と書かれ、その下に大きくYutubeのリンクとなにやらポエムのようなものがずらり…と思ったら歌詞でした。どうやら「FUKUOKA」という曲のようでASKAからファンへのクリスマスプレゼントということでしょうか。この曲は以前、ミヤネ屋で流された曲でしょうか。現在は著作権侵害のため削除されてしまったので同一のものかどうかは不明です。

公開してすぐさま爆発的に再生回数が増加!

24日に公開しすぐさま再生回数が増加し、現在では60万を突破。Youtubeのホームにある急上昇カテゴリにも分類されています!

FUKUOKA ASKA

動画説明欄にASKAからのコメントがvia www.youtube.com

コンプライアンスのため東京のスタジオを使用することができなくなった時、僕の前に道を拓いてくれたのが、ふるさと福岡でした。
NewAlbum「Too many people」の中から、「FUKUOKA」を聴いてください。  ASKA

どんな曲なのかさっそく聞いてみたら…ゆったりとしたピアノのワオンから始まり、40秒ほどの少し長い前奏が終わってやっとAメロに入りASKAの声が流れてきました。落ち着いた歌声とつい聞き入ってしまう深い歌詞との連携が、この曲に人々を惹きつけているのかもしれません。動画の映像自体は真ん中にシンプルな「FUKUOKA」という文字とASKAと思われる姿が、これもまたシンプルに無地の背景の前でワンカットずつの画像が流れるだけのもの。

ASKA新曲

以前より老けた気が…一瞬では誰かわかりませんでした。


ASKA新曲

なんかちょっと雰囲気が尾崎豊っぽいですね。via google imghpコメント欄には

「あまりに前と変わらない、飛鳥さんの優しいメロディーだったから涙が止まらない」
「素晴らしい曲。鳥肌がたった。自分の歌を、ASKA!届けて下さい。」
「音楽のASKAさん、おかえりなさい。」
「ASKAさん頑張れ!」
「歌は本物だと思う」
「最高のクリスマスプレゼントです。」
「アスカ!負けるな」

などと、感動や素晴らしいと絶賛の声です。多くの人がASKAの音楽活動復帰への祝福しており、良いクリスマスプレゼントになったのではないでしょうか。

ASKA新曲

via google imghpまた11月27日に公開したブログでは、「来月の終わり頃、Youtubeにおいて、数曲発表させてください」と宣言しており、今後、他の曲もアップされるかもしれません。気になりますね。今回はバラードでしたが、他もあるということなら、中にはアップテンポなものもあるのでしょうか。

ASKA転落のきっかけは飯島愛変死?

飯島愛(享年36)が芸能界引退(07年3月31日)から死亡までの2年弱に、「闇社会との関連」というものが何度か浮上し、そしてそれは思わぬ方向でASKAと繋がっていました。

週刊文春では過去に『ASKA転落のきっかけは飯島愛変死と『麻薬性交ビデオ』騒動』という見出しをだしました。この内容は、ASKAは飯島愛が亡くなる数カ月前に彼女のマンションでMDMA(合成麻薬)を使って飯島愛とセックスをし、その様子をビデオに撮られていて、飯島愛が亡くなったことでビデオの流出を怖れ、そこから重度の薬物依存が始まったというものです。

そしてASKAは2014年05月17日に一度、覚醒剤取締法違反で逮捕されており、自宅から覚醒剤やメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)とみられる粉末や錠剤が発見されたと言われています。また暴力団関係者との接触も取り上げられていました。

これの2人の関係を裏付けるのが、飯島愛と交流があった女性の話。

「愛ちゃんからASKAさんと特別な関係にあったという話は聞いていません。ただ、愛ちゃんが亡くなった直後、昔はヤクザ組織にいた男性と食事する機会があったんですよ」とのことで、その男は飯島とも親しかったそうで、必死の形相で「クスリを売ってくれない?」と頼まれたそうです。

「愛ちゃんが芸能界を辞めた直後でした。その男もカタギになっているから『俺はクスリは売れないし、そんなことはやめなよ』って注意したそうです。最初は彼の話を信じられなかったけど、でも、彼がわざわざウソをつく理由もない。もし薬物に手を出していたとしたら何のために‥‥」と女性は答えたみたいです。この女性は何者なのでしょうね。

そして関係あるかどうかはわかりませんが、飯島愛はASKAの熱烈なファンだったそうですよ。更には飯島愛の運転手を務めた人物を、没後にASKAが雇ったという報道もあったとか。証拠がないので何とも言えませんが、深い関係があったのかもしれません。

今回、二度目の逮捕となり、不起訴にはなりましたが、ASKAの薬物に関する事件は他にも思わぬ人物が関わっているかもしれませんね。曲と薬物は関係ないと言う人も多いですが、意味深な歌詞であったり、新曲以降の活動によってはファンも気にしざる負えないのではないでしょうか。



ページトップへ