【神経を疑う】指原莉乃は死ぬほど自己中で嫌われ者だった!

AKB48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48史上初の2連覇を達成し、今や不動のセンターとなっている指原莉乃。しかし、女王気取りからくるのか、その性格は最悪だとAKB48関係者からは思われているそう…数々の悪態が暴露されています。

AKB48、シングル総売上数「4000万枚」達成

8月31日発売のAKB48ニューシングル「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」でまたもや初週ミリオンを達成し、デビューシングルからのシングル総売上数4000万枚以上という快挙を成し遂げたAKB48グループ。AKB全盛期と言われていた初代神セブンのメンバーの殆どが卒業してしまい、勢いが落ちてきていると言われているAKB48グループですが、やはりアイドル界での強さを見せつける結果となりましたね。さて、そんなAKB48ですが、現在センターを務めているのは皆さんご存知の通り、AKB史上初の2連覇を達成し、今や不動のセンターとなっている指原莉乃。アイドル界で一番人気のグループの一番人気のメンバーですから(しかも2年間連続で)それはもう本人は舞い上がってしまうのも分かります。また、まだ23歳というのに年収はスゴイのではという話も流れています。

それは、6日にTBSで放送された「Momm!!」でのことでした。同番組に出席していたキスマイの二階堂高嗣(舞祭組の一人)と指原が自身の年収を公言することを渋っていたため、番組司会の中居正広がお互いにこっそりと言い合うことを提案。そして指原の年収を聞いた二階堂の反応は「ええ!?俺あとどれだけがんばれば…」とうなだれていました。それだけ指原の年収が高すぎてやばかったのでしょうね…

年収を二階堂に伝え、勝ったと言わんばかりのこの笑顔。でも実際いくらなのか気になりますよね。さて、二階堂が頑張っても追いつけないほどのお金を稼いでいる指原莉乃ですが、やはりお金は人間を変えてしまうのでしょうか…実は指原の振る舞いも横暴になってきているらしいのです。それはワガママだらけの女王様気取りそのもの!番組ディレクターや関係者などからも煙たがられ、AKB48の「顔」でもある彼女がどんどんとグループの評価を下げていく結果に…一体どんな態度をしているのでしょうか?

「FNSうたの夏まつり」でのエピソード

こちらは「週刊新潮」で報じられた指原莉乃の性格が悪すぎるというエピソード。毎年恒例の「FNSうたの夏まつり」に出演したAKB48グループですが、今年は少し違う企画が考えられ、AKB48グループに加え、彼女たちの公式ライバルグループ乃木坂46やその姉妹グループにあたる欅坂46のメンバーを混ぜて一夜限りの「ドリームチーム」が結成されました。さて、このドリームチームの歌う楽曲はなんだったかというと、それはテレビリモコンやスマホによる視聴者投票で決せられる事になっていました。そして投票結果は、今年大ブレイクしている欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」。指原が1位になってから初めてセンターを務めた「恋するフォーチュンクッキー」を押さえて1位に輝きました。

欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」。センターをチーム最年少の平手友梨菜が務めています。女性アイドルには珍しい、笑顔無しのカッコイイ曲に仕上がっているところが特徴的ですね。しかし、この結果に指原莉乃と小嶋陽菜(こじはる)が猛反対。視聴者投票を無視して恋するフォーチュンクッキーに変えるように番組側に抗議をしたそうです。これを聞いて、開いた口がふさがりませんね…本当に芸能界はこういう人がいるから情報操作もあって、とにかく闇が深いんだなって改めて思わされました。普通に考えて恋チュンはもう見飽きた感ありますし、誰がどう踊っても同じに見えるので(ダンスカバーもネットであふれていますし)当時話題だったサイレントマジョリティーが1位になったのは全然納得できますね。というか個人的にもむしろサイレントマジョリティーの方が見たいです。

ちなみに投票が行われていたのは約30分の間。結果が出た直後にすぐにドリームチームで振り付けの練習に入る予定だったのですが、指原とこじはるが反発しまくって全く練習にならなかったのだとか。フジテレビ関係者も、このようにコメントしています。


投票は18時から18時30分までの30分間実施されたのですが、開始直後から『サイレントマジョリティー』が優勢でした。指原は、結果が出る前から早くもゴネ始めていて、現場スタッフたちは大慌てでしたね。まさか本当に、投票で決まった曲を替えろと言ってくるとは思いませんでしたから……。しばらく押し問答が続き、他のメンバー達は何も言えずにうつむいていて、1階のスタジオの横にあるリハーサル用会議室は修羅場の様な雰囲気になりました。番組側が『ガチンコの投票結果を出している以上、絶対に替えられない』と強く主張すると、18時50分頃、指原もさすがに仕方ないと思ったのか、かなり不満そうに渋々振り付けの確認を始めました。実はこの時、指原はツイッターに振り付け確認の様子を写した画像をアップし、『なんか楽しいなう』と投稿して、表向きには“前向き”アピールをしていたんです。実際は人目の届かないところで真逆の表情を見せていただけに、現場のスタッフ達は『これだけ迷惑かけといて、こいつは一体どんな神経しているんだ……』と呆れ返っていましたよ。

ちなみに上の関係者が言っていたのはコチラのツイートの事。敢えて横向きにアップロードしているコチラの画像は自分の引きつった笑顔を見せないためでしょうか?「目の届かないところで真逆の表情を見せていた」って怖すぎますね。さすがアイドル。こええええ。

どうして「サイレントマジョリティー」を嫌がったのか?

冷静に考えてみると、「サイレントマジョリティー」はその時かなりヒットしていたので話題性もありましたし、普段歌うことのない曲をその人が歌って踊るというだけで話題性はかなり生まれます。つまり、普段からセンターで恋チュンを歌っている指原がまたドリームチームで歌う恋チュンを披露した所で注目が行くのは48グループ外の乃木坂46や欅坂46のメンバーではないでしょうか?と筆者は思うのですが…
ですが、どうやら指原の不満はサイマジョが選ばれたということでなく、パフォーマンスの際の自身の立ち位置にあったそうです。AKS関係のスタッフのコメントによると、

この時の『ドリームチーム』メンバーたちのポジションとフォーメーションが不満だったからです。指原は最近、自分は持っていない、アイドルとしての上品さや清潔感を持っている乃木坂46、欅坂46を異常なまでに意識しています。特に、アイドル界ナンバーワンとも言われる美貌を持ち、モデルとしても活躍する乃木坂46の白石麻衣に対しては、ルックスだけでなく男性スキャンダルが全くない点なども含めて、かなりのコンプレックスを持っています。そんな白石や、この『サイレントマジョリティー』パフォーマンスでセンターだった乃木坂46生駒里奈が最前列に立ち、自分自身は『新入り』の欅坂46メンバーたちと一緒の2列目に追いやられたことが許せなかったのでしょう。この曲のサビの部分では、センター生駒が1人だけ立って前に出て、他のメンバーがしゃがみ込む演出があるのですが、『そんな無様な姿を映像に残すのだけは絶対にイヤだ』と暴れていました。運営幹部や秋元康総合プロデューサーの後ろ盾を使って、本番直前までゴネまくり、カメラの映し方を変えさせたんです。

なるほど、確かに指原は男性スキャンダルが原因でHKT48に飛ばされましたし、バラエティにいっぱい出ている現在でも、下ネタを言ったりとかしていますね。この間もAVをよく鑑賞しているとテレビで言っていたばかりですから。清純なアイドルとは程遠い、下品なところも多いです。そういうところに人間味があって、自分たちに近い存在として下品なことも言えちゃう裏表のないアイドルという認識がファンの中であるのでしょうが。ですが今回の一見で裏表がありまくりなのが発覚しましたね~

そして、こちらがドリームチームによるサイマジョの映像。

サイレントマジョリティー – ドリームチーム

サビで生駒がしゃがんでいるメンバー達の真ん中を一人で歩いてくるシーン。たしかに、上のAKS関係者が言うようにカメラの映し方が帰られている感じします。全員が再び立ち上がって踊り始めるまではずっと個々のメンバーのアップだけ。ここのダンスが注目のはずなのになんだか違和感が…via www.youtube.comこの週刊新潮の「FNSうたの夏まつり」事件だけでもかなりその横暴さに引いてしまいますが、これは指原性格悪すぎるエピソードのなかの本のひとつなのだとか。女王気取りの彼女は、テレビ局の人間からどんどん嫌われていっているようです。しかし、一番かわいそうなのはAKB48のメンバーや関係者、スタッフの皆さん。指原のこの態度はAKBへの評価にも影響してきているようなのです。

「AKB48の関係者達が一番気にしているのは、指原がAKB48グループの“代表者”として見られてしまうことなんです。今回も指原が声を荒げてゴネている間、AKB48渡辺麻友、横山由依、NMB48山本彩等の“真面目系メンバー”は、スタッフ達に目配せして、『また始まっちゃった……。迷惑をお掛けして申し訳ないです』という意思表示をしていました。でも彼女達にとっては不憫なことに、番組終了後には指原のワガママさだけがスタッフの印象に残ってしまった様です。先日、別のテレビ局のディレクターからも『指原は調子に乗り過ぎだよ。AKB48はどんどん使いにくくなっていくね』と言われて、“悪影響”を痛感しましたね」

こういう話を聞くとまじめにAKBで頑張ってきているメンバーやスタッフの皆さんが本当に可哀想に思えてきます。前田敦子や大島優子ならもっとちゃんとしていただろうに。そして総監督たかみながまだいたら、いくら総選挙1位でも後輩にあたる指原にがつんとかっこよく一言言ってくれていたかもしれませんね。AKB48は今や指原が牛耳っているようなもの。秋元康にも気に入られているとなると、他のメンバーにはなすすべがないのでしょう…表ではキラキラして見えてもアイドルグループは女の園。どこまでも闇が深そうですね。


ページトップへ