AKB総選挙2017大雨で中止!なぜ梅雨時に開催した?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月15日、AKBオフィシャルサイトがブログを更新し、17日に開催予定のAKB48総選挙および記念コンサートが大雨で中止される可能性があることを発表しました。天下の秋元康も天候にはかなわなかった。

総選挙中止の可能性

 今年で9回目を数える総選挙の舞台は南国沖縄。ファンの注目を集めていましたが、豊崎海浜公園豊崎美らSUNビーチで開催予定だった「AKB48 49thシングル選抜総選挙」および「AKB48グループコンサート」が、中止される可能性があることがAKBオフィシャルサイトによって発表されました。
第9回AKB48 49thシングル選抜総選挙

第9回AKB48 49thシングル選抜総選挙

via google imghp
 今年は指原莉乃と渡辺麻友の一騎打ちが予想されていましたが、速報では昨年圏外だったNGT48の荻野由佳が過去最高の得票数と共に一位に躍り出て、昨年一位だった指原莉乃が4位に転落するなど誰も予想しなかった番狂わせが起こりました。あまりの不自然さに不正があったのではないかとの疑惑もありましたが真相は定かではありません。

 ただ、NGT48は昨年新設されたばかりの新しいグループで、昨年の総選挙生放送ではNGT48の本拠地であり2016年度の開催地でもある新潟の視聴率が34.5%と高視聴率を記録したことを考えると、大きな力が働いたことは自明であるように感じます。こんな形ではおぎゆかファンも素直に喜べません。

理由は「大雨」

 気になる中止の理由は「大雨」です。沖縄本島では12日から梅雨前線が停滞し、17日の天気予報はもちろん雨、降水確率80%。さらに雷を伴う豪雨に見舞われる可能性があるそうです。しかも今年は例年以上に降水量が多く、一部地域では統計開始以来最多の雨量を記録しているのだとか。これを受けて中止の判断をしたのです。

 沖縄というロケーションは、夏らしいうえに、もしかしたらアイドルの水着姿も見れるかもしれないというドキドキを感じることができますが、なぜ梅雨の時期に開催しようと思ったのでしょうか。さらに先乗りしているファンたちはどうすればいいのか。

AKB総選挙2017の理想図

AKB総選挙2017の理想図

via google imghp
 2015年は福岡、2016年は新潟と、近年総選挙は関東圏外で開催するのが定例になってきた様子です。しかも今年はスタジアムなどではなく、ビーチで開催というAKB総選挙史上初の試み。設営や設備投資など大変だったでしょうが、中止になるなんて。秋元康も天候は操れないようです。

現地の様子は

 すでに先乗りしているファンによって会場の様子や沖縄の天候が発信されています。やはり天気予報の通り、ここ数日は雨続きでじめじめの様子です。

 空はどんよりしていて今にも雨が降ってきそうですね。そして降った雨によって地面もびちゃびちゃです。これを見て開催中止を判断するのもうなずけます。せっかく近くの席のチケットがあたったファンが気の毒です。

選抜メンバーも晴れるよう祈ってる

 天候によっては開催される可能性はあるかもしれません。主役であるメンバーが諦めていないのだから、最後まで彼女たちを応援するしかありません。

ネットの反応

 ネットでは、開催中止を心配する声もあれば、お台場での開票結果が見れればいいなどドライなものまで反応は様々です。人気グループの大きなイベントだけに、注目度が高いのには変わりありません。
「梅雨のまっ最中に外でイベントとかバカかと ら」

「チケット売れなかった&亀さん保護での団体からの反発だろ。」

「ホテルのキャンセル料金とか自己負担だろ? かわいそうに」

 反応の大多数はこの時期に沖縄でやるなら大雨も予測できたのに、という運営に対する冷静なツッコミでした。少なくとも屋内開催にするなど工夫する余地はありましたよね。また、不正投票疑惑があるくらいなら中止のほうがましという意見もありました。

 しかし、気になるのは中止になった場合のフジテレビの対応です。開票だけ発表するのか。どこか適当な公民館で、メンバーだけ集めてスピーチさせるのでしょうか。ホテル代や交通費をわざわざ払って駆けつけたファンには何かしらの救済措置があってもいいと思いますが、チケット代だけ払戻して帰らせるんだろうな…

まとめ

 天気予報から察するに、沖縄での開催は絶望的です。このまま晴れるのを祈ることもできるのでしょうが、やはり開催元のフジテレビから何かしらの対策案が発表されるのを待つ方が現実的です。