変わりすぎ!元Hey! Say! JUMPの森本龍太郎 復帰

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去、未成年で喫煙をしたことからジャニーズを謹慎処分となってしまった、元Hey! Say! JUMPの森本龍太郎が音楽グループ「ZERO」のメンバーとして約4年ぶりに芸能界に復帰!だがその変わり果てた姿に・・

過去、週刊誌に当時未成年でありながら喫煙をしている所を撮られてしまい、ジャニーズから謹慎処分を受けた元Hey! Say! JUMPの森本龍太郎さん。人気メンバーの一人だった彼が様変わりし、音楽グループ「ZERO」のメンバーとして芸能界に復帰しました。

その彼の変わりっぷりに元森本ファンの間でも驚きの声が・・・なんだかこれは元KAT-TUN田中聖を思い出しますね。

Hey! Say! JUMPだった頃の森本さん

 

まだあどけないですね

上の写真の頃はまだあどけなく可愛かったですよね、ジュニア時代から大人気だったそうです。
Hey! Say! JUMP結成後は最年少メンバーということで、テレビにもよく出演しており、その必死で可愛い姿が世のお姉さまに受けていたのに・・・人気メンバーにも入っていましたよね。

 

こちらが、流失してしまった喫煙写真。明らかに言い逃れできないほどのアップ写真・・・。

この写真が出回った時は、ニュースや新聞などでデカデカと報道されてしまいました。こんなことになるなんて、ニュースを見てたファンの方たちも相当驚いたでしょうね。タバコなんて吸う人には全然見えなかったので・・。衝撃がすごかったのを今でも覚えてます。

他にも無期限謹慎中に、渋谷のスターバックスコーヒーで女性と親密そうに寄り添っていたという目撃情報を出回ってしまいました。その上目撃してしまったファンの女性の方に逆ギレするという始末。これはファンも絶句。学業に専念しているはずだったのに・・・。

そんな彼の今の姿は一体どうなっているのでしょうか?

こんな感じになっていました

@ryu46xx)さんの投稿

別名 RyuまたはRYU(ZEROでの名義)
生年月日:1995年4月6日(21歳)
出身地:神奈川県
職業:俳優、歌手、元アイドル

完全に誰か分かりませんでした・・・最初に見た時はONEOKROCKのボーカルTAKAに少しみえてしまいましたwというかもう21歳なんですね!すっかり大人の男性になっています。時の流れはあっという間、可愛かった頃も面影が完全になくなってしまっています。髪型のせいか、バンドマンと言われても頷けます。

名前も森本龍太郎からRYOに。RYOという名前はZERO活動時のみだそうですか、この感じだったらRYOの方があってますね(笑)

ダンスボーカルグループ「ZERO」

 

雰囲気出てます・・

こちらがそのRYOがボーカルを務めるダンスボーカルグループ「ZERO」
分かりにくいと思いますが、チェック柄のシャツを着ているのがRYOです。

ボーカル以外にもプロデューサーもやっており、この「ZERO」というグループ名の由来は「常に初心に返り、常に0からのスタート」という意味が込められているそうです。昔からの親友たちを集めたメンバー構成だとか。ジャニーズだった頃の雰囲気が完全に0です、エグザエル的な雰囲気さえします。ジャンルが違えど音楽は好きなんですね!

そしてこのグループ結成に関してHeySayJUMPのメンバーの反応が気になるところ・・・

 

実はツイッターも開設していました。

「ZERO」は既に活動中らしく、4月には東京大阪でファンミーティングを行っており、5月の「ZERO 2ND FANMEETINGinYOKOHAMA」は既にチケットが完売しているそうで。

さらに最近になってRYOがLINEブログ解説し、ニュースでも大きく取り上げられました。このことから「ZERO」の知名度も今まで以上に急上昇中。

はじめまして!!
2016/04/21 14:00

森本龍太郎です!

今日からLINE blogをやらせて頂くことになりました!

僕個人としては約4年振りの芸能界復帰ということでこれまで僕に携わって頂いた方々には感謝の気持ちしかありません。
本当にありがとうございます。本当ごめんなさい。
再びみなさんの前に立てることをとても嬉しく思います。

lineブログ一部抜粋

真剣な思いを綴っていますね。
過去の騒動は過去の物とし、”0”からのスタート、ぜひ頑張ってほしいですね。森本龍太郎さんの新しい姿にファンの方々必見です。

▼以下ネットでの反応

「え?変わりじゃねw全然誰だかわからなかった!幼さが消えたよね・・・」
「マジか!おっきくなったなあ!復帰するなら次は真面目にがんばってねー!」
「森本龍太郎とか懐かしすぎwwww」
「やっぱりジャニーズ退所か、初心に帰って頑張ってほしい。」

割りと応援コメントが多かったです(笑)

 

何度か自殺も考えた!?

そんな森本龍太郎は、JUNONでインタビューを受け、ジャニーズ時代について語ったそうです。

脱退について語るのは業界内ではタブーとされていますが、彼はどのようなことを語ったのでしょうか。

インタビューを受けた理由

まず、このインタビューは森本にとっては平成ジャンプにいたとき以来ですから、5年ぶり。

それだけの期間、世間から姿を消していたんですね。

またJUNONは、森本の喫煙報道を報じた週刊女性と同じ会社の雑誌。

そのインタビューに答えるということだけでも、今回の森本の意気込みがわかりますね。

インタビューを受けた理由について森本本人は

「実際はいまだに無期限謹慎のままで通ってるので、いつか戻ってくると信じて待っててくれる人もいるんですよ。だから僕がちゃんと表に出ていって、違うグループで活動することによって、事実上もう戻ることはないんだって、きちんと伝える必要があると思ったんです」

と話しているようです。

ファンとメンバーを裏切った自責の念

ファンを裏切ってしまったという後悔と自責の念に苛まれてきたのでしょう。

「ファンの人たちは、芸能界にいる僕を見て好きになって、応援し続けてくれた。そこでツラい思いをさせてしまった人たちには、やっぱり同じ芸能界の仕事をしてる僕を見て、喜んでもらいたい。それしか返せる方法はないと思うんです」

喫煙の報道がされたときは、もう本当に終わったと思い、自殺も考えたといいます。

特に、自分の活動休止が決定されたとき、本来ならば自分が謝罪すべきところ、ほかのメンバーに謝罪をさせてしまったことも心残りなのだそうです。

では、今後はどのように活動していくのでしょうか。

まずは今のZEROとしての活動を頑張って行きたいと話ており、今年の3月にもライブを行ったようです。

これまで自分を応援してくれたファンのために、少しずつ歩みを進めていくようですね。

二度と過ちをくりかえすことなく、応援したいと思ってもらえるような人になってほしいものです。

 



ページトップへ