就活を描いた小説「何者」映画化!佐藤健・有村架純・二階堂ふみ・岡田将生・菅田将暉・山田孝之

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直木賞を受賞した朝井リョウの作品「何者」が映画化!豪華すぎる若手俳優・若手女優のキャスト!就活を描いた作品で、実際に面接や試験を受けたそうです。山田孝之がこの映画に出演することを承諾した理由とは?

google imghp (14765)

via google imghp「桐島、部活やめるってよ」の原作者・朝井リョウの直木賞受賞作品「何者」が映画化されます。

そのキャストが発表されたのですが、佐藤健、岡田将生、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみ、というなんとも豪華な若手俳優・若手女優が選ばれました。

なぜ若手ばかりなのかというと、今回の内容は「就活」がテーマだからみたいです。

就活のために様々な活動を行い、お互いに励ましあう仲間が、就活を始める前と、始まってからの人間の変わりよう、裏で発せられる妬み嫉みなど、簡単には進んでいかないリアルな就活生を描いた作品。

これは、実際に会社員として働いていた朝井リョウだからこそ書ける内容かもしれないですね。google imghp (14770)

麦になれvia google imghp今回の撮影にあたり、5人は東京の有楽町にある東宝の本社で就活を体験したみたいです。

人事部と実際の内定者10人も撮影に参加したそうで、リアリティを追及したようですね。

筆記試験:30分、グループディスカッション:50分、集団面接(役者1人・内定者2人):各20分程度、個人面接(5対1):10分程度、といった内容だそうです。

グループディスカッションでは、「企業買収について」がテーマだったのですが、何を話せばいいかわからずに終わった人もいたとか。


様々なオーディションを勝ち抜いてきた人たちでも、そうなってしまうんですね。google imghp (14769)

関係図via google imghpそれぞれの役柄は、

演劇サークルで脚本を書いていた佐藤健(拓人)
内定へと着実に進んでいく菅田将暉(光太郎)
拓人が想いを寄せている人であり、過去に光太郎と付き合っていた有村架純(瑞月)
意識高い系なのに上手くいかない二階堂ふみ(理香)
縛られて生きることがキライな岡田将生(隆良)
拓人のサークルの先輩、山田孝之(サワ先輩)

恋愛も絡んでいて、面白そうです!google imghp (14771)

via google imghp佐藤健は、「クランクイン前に何日間かキャスト全員が集まってリハーサルをやらせていただきました。にも関わらず撮影当日もまた鬼のようにリハを繰り返す、舞台稽古のような現場。」と、コメント。

山田孝之も、「現場ではなかなかOKが出ず、何度も何度も最善を目指しテイクを重ねています。」と、こちらも小説と同じで、簡単には進んでいない様子です。google imghp (14772)

via google imghpしかし山田孝之は、「芝居を細部まで突き詰めさせてもらえるチャンスだと思い、必死について行っています。」と、この状況を糧に成長する意欲を漲らせていました。

と、思いきや、「そう言いたいところですが、実際はスターキャストが集まっていてヒット作の匂いがしたので便乗したというのが事実です。」と笑いを誘っていました。

やっぱり山田孝之のキャラ好きだなぁw

「何者」は、10月15日に公開予定です!