【AKB総選挙2016】徳光和夫が大暴走!【事件】

AKB48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18日に放送された第8回AKB総選挙。その司会を毎年務めるフリーアナウンサー、徳光和夫の迷司会ぶりに困惑の声が上がっているようです。空気を読まな過ぎるメンバーとの絡み、いったいどうしてしまったんでしょうか。

司会者の暴走で事件連発

最高視聴率19.9%、平均視聴率17.6%と、人気メンバーの卒業が相次いでもなお人気と話題性を保つAKB総選挙。司会を務めたのはおなじみの徳光和夫アナウンサーです。徳光さんは第1回以外の総選挙の全てで司会を務めてきた、まさにAKB総選挙といえばこの人!という存在。ところが、今年の総選挙でのこれまでにない暴走っぷりで、メンバーは勿論、視聴者にも大きな困惑を与えてしまいました。総選挙の放送自体は昨年の反省を生かしたスムーズなものだったそうなので、その暴走はまさに事件です。空気の読めなさ過ぎる発言の数々、ご覧ください。

スキャンダル蒸し返し?事件

AKB48 柏木由紀

辛いことを乗り越えて総選挙は毎年笑顔で迎えられること、後輩にも同じように日々楽しく過ごしてほしいことなどをスピーチしたゆきりん。そのスピーチに傷を付けかねない質問をしたのが徳光さんです・・・「去年2位で今年は5位で、本当にショックではない?」多くのメンバーにとっては毎年ある程度変動するのが当たり前の順位。総選挙のスピーチは問い詰めるための場所ではないのに、順位の下降についてあえて心境を確認することで、スキャンダルを本人にもファンにも思い出させてしまったことでしょう。

手越とのスキャンダル

つまりはこれのことを言いたいんですよね~

アモーレ事件

NMB48 山元彩

被害者は第4位の山元彩。受賞のコメントで、「絶対にここまでに誰かが言うと思っていたのに」という前置きとともに、「みなさんは私のアモーレです」と話題の言葉で見事に笑いを取りました。オチが付いて綺麗に終わった良いスピーチだった・・・と誰もが安心したのもつかの間、徳光さんが「(ファンの)皆さんにあなたの声でアモーレと叫んでいただければ」とまさかの再びのアモーレを要求。え?もう一回?と山元彩本人も会場も微妙な雰囲気に・・・。

きちんと対応した山本彩

戸惑ったのも一瞬、すぐに立てなおして格好良くアモーレを決めたさやねえ、さすがです。

抱負欲しがり事件

SKE48 松井珠理奈

被害者は第3位の松井珠理奈。選抜メンバーの中では若い方なのですが、しっかりとSKEのファンや今後の活動への思いを語り、あと5年は卒業しない宣言では会場を笑顔と拍手で包みました。ところがその直後、徳光さんから「SKEの軸として宣言したいものはありますか」というまさかの問いかけが。それ、つい今さっき目の前で話してたよね?

「あと5年は卒業しません!!」

SKEのエースとして十分未来への抱負を語ったはずだったのですが。徳光さんの発言からこれ以上空気が壊れないように、何とかさらなる宣言を絞り出しました。お見事。

『徒競走』事件


AKB48 渡辺麻友

被害者は第2位の渡辺麻友。後輩たちに対して「今の景色は当たり前ではない」と教え、AKBの先行きを憂いていることも伝わってきました。さらに「悔しい」と真剣に自身の今後の精進を約束。感動的なスピーチの後、徳光さんは泣いてしまいそうなまゆゆに、「ヨーロッパの『徒競走』という絵があって・・・」とベテランらしい良い話っぽいフォローを入れ始めます。「1位は白で、2位がピンク、3位は薄いピンク・・・2番目に走っている人の服は一番ピンク色、2番目はピンク色なんですよね」・・・・・・へぇーそうなんですねー。そんな絵があるんですねー。としか返答出来ません。総選挙に何の関係があるのか、何が言いたいのか、全くわかりません。

アイドルらしくいつも笑顔は完璧

なのですが、徳光さんの支離滅裂な話には明らかに戸惑って微妙な表情になってしまっていました。

虫実況事件

長時間に及ぶ順位発表もとうとう残り2枠となった2位発表。2位が分かればその時点で1位も分かってしまうというまさに最大の山場です。会場にいる誰もが緊張して発表を待つ中、結果の封筒を持つ徳光さんがおもむろに始めたのは「今、封筒の上を虫が歩いております。」というあまりにも空気を読まない虫実況。虫が飛び立ったら発表だとか何とかブツブツ言い続ける彼に、どんどん会場が白けていく雰囲気は感じ取れなかったようです。

ぶち壊された空気も結果発表で何とか元通りに・・・

過去にも失言があった!

徳光さんは過去にもAKB関連での失言があったようです。昨年のあるイベントにおいては、柏木由紀の顔が「思い浮かばない」と言ったそう。毎年総選挙の司会をしておきながら総選挙2位(当時)のメンバーの顔が浮かばないなんて、ファンとしては許せない発言だったことでしょうね。

こんな顔です

そんな徳光さんにも良いことが

ぱるると2ショを撮る徳光さん

嬉しそうこれまで敵対?していた島崎遥香と仲良く話すことが出来ました。ぱるるはぱるるでスピーチの場で告知をするなど事件を起こしていましたが、毎年お決まりだったこの2人の戦いはとりあえず一件落着のようです。

来年の総選挙の司会は?

というわけでかなりの迷走ぶりを見せてしまった徳光さん。AKBファンは勿論、関係者からの信頼も落ちてしまったことでしょう。宮根さんなどAKBに詳しい司会者や芸能人・文化人は多いので、来年も徳光さんが司会を継続するのか気になります。

にゃんにゃん仮面

これもある意味事件だったと思う・・・



ページトップへ