剛力彩芽、ついに事務所からも見捨てられる…

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

歌手や女優、アンビリーバボーの司会者としてもテレビでよくみる剛力さん。事務所のゴリ押しが酷すぎてバッシングの嵐でしたが、ついにその事務所からも…?

一時期メディアへの露出が激しすぎたことから大バッシングを受けた剛力彩芽さん。考えてみれば彼女のスケジュールやギャラの管理などは事務所がするものなので、批判されるのは事務所側であるべきなのですが…少しかわいそうなところもありますね。

そもそも何故この様に批判されるようになったのでしょか?

順に理由を見ていきたいと思います!!

何故バッシングが絶えないの…?

芸能関係者によると、気遣いもできて、優しいと評判の剛力さん。
何故これほどまでにバッシングの対象となってしまうのでしょうか?

【理由1】実写化作品に出演しても、原作のキャラとギャップがありすぎる

剛力彩芽さんはなぜか原作がマンガの作品の実写化に出演することが多いですよね。そのキャラクターのイメージが合っていればよいのですが、あまりにもかけ離れているとして毎回騒がれています。

例えば…

『黒執事』のシエルをイメージした幻蜂清玄役

うーん… 頑張って衣装で雰囲気を似せているのはわかりますが、やはり少し無理がありますよね…

『L♥DK』主人公の西森葵役

こちらに関しても女性からの批判コメント殺到…無理矢理ロングにした感じに違和感、合っていない、別の人が良かった…などなど。剛力さんが可哀想になってきます。

『ビブリア古書堂の事件手帖』主人公の篠川栞子役

個人的にこちらのマンガは読んだことがないのですが、確かに比較してみた感じだと雰囲気が違うというか、若干透明感や儚さに欠けるというか…
確かに、他にこの役にあった女優さんはいたのではないでしょうか。via google imghp他にも実写化された作品に出演していらっしゃる剛力さんですが、残念ながらなかなか良い評価は得られていなのが現状です。【理由2】露出が多すぎて飽きられた

冒頭でも述べましたが、確かに誰が見ても剛力さんのメディアへの露出は異常なほどだったと思います。
数多くのドラマや映画、バラエティ番組などに出演し、彼女をテレビで見ない日はほとんどないほどでしたね。


そしてこの「ゴリ押し」と言われるようになった一番大きなきっかけといえばCMへの異常なほどの起用度ではないでしょうか。
剛力さんがブレイクした2012年度では、1年を通して約30本ものCMに出演していたみたいです。これは出過ぎと言われても仕方ないのではないでしょうか…

でもそれって結局事務所の方針なんじゃ…?

こう考える人は多いと思います。もちろん私もそう思っています。剛力さん個人がこれほどまでに批判を受けるのは少々違う気がしますね。

ただし、事務所側はこれを狙っているという話もあります。
というのも、結局はバッシングを受けることって、ある意味話題になっている、(悪い意味でだが)知名度もあがっているということですよね。

安い契約金で仕事を受け、CM出演本数を増やしたり
実写化作品に出演を続けているのも、全て事務所の戦略なのではないかと。

事務所側から剛力さんに2ちゃんねるなどを閲覧しないように言っているらしいですしね。

このように利用されているだけだとしたら、本当に剛力さんが可愛そうです。

今年、また新たに大バッシング。

これまでは俳優の宇梶剛士さんがCMのイメージキャラクターを務めていた、あの頭にこびりつくメロディ「倒れるだけで腹筋ワンダーコア~♪」が話題のワンダーコアスマートの新イメージキャラクターに剛力さんが起用されたことをきっかけに、再び批判が殺到するようになりました。

「俳優の宇梶剛士に代わり、4月から剛力が起用されたのだが、“なんで彼女なの!?” “宇梶さんのほうが面白かった!”とバッシングが鳴り止まない。なかには“また、ゴリ押し?”なんて声もあったね」

確かに剛力さん、一時期は露出が多すぎるほどでしたが…
今はそれほどにも感じないのですが。

一度ゴリ押しのイメージが付いてしまうとそれを払拭するのは難しいのかもしれないですね。
加えて、剛力さんが所属している事務所は業界の中でも有名なほどのプッシュ力を持っているらしく…女優の米倉涼子や上戸彩などのトップ女優を何人も排出しているらしいです。

ですが剛力さんに関しては思うようにいかないらしく…

「主演ドラマが惨敗続きでCMも減少。さすがの事務所も攻めあぐんでいて、“取れる仕事はなんでも取ってこい!”なるお達しが出ているとか」

剛力さんはあの様にゴリ押しをする形でなければ、もっと世間から受け入れられる女優になっていたのではないでしょうか…。

ワンダーコアスマートのCMも、仕事が次々となくなっていっている中でなんとか獲得した仕事のようです。

「ドラマの仕事がひと段落したので、当分はアーティスト活動に専念します」と周りに宣言している彼女だが、関係者たちからは厳しい意見が…

「剛力はダンスが特技で、新曲を出すたびに振り付けが注目されてきた。でも、もう歌では稼げない時代なんです。彼女は、それがわかっていない」(事務所関係者)

新曲「相合傘」でまた小物を使ったダンスを披露し、毎回話題となっている剛力さんですが…もうそろそろ限界を迎えてしまっているのでしょうか。

彼女にはぜひ今後も頑張っていただきたいと思っています。

剛力彩芽 『相合傘』Short Ver.

via www.youtube.com



ページトップへ