バナナマン設楽がテレビに引っ張りだこの理由とは?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年のテレビ番組出演本数、芸人でダントツのトップに立ったバナナマンの設楽統さん。今、設楽さんがテレビに不可欠な存在になってきているようです。大人気の秘密を探ってみました。

google imghp (17464)

via google imghp

2015年の番組出演本数はダントツのトップ

もう年齢や芸歴で見ればベテランの域であるバナナマンの設楽統さんですが、ここ数年勢いに乗っているんです。
それは昨年のあるランキングによく表れています。

お笑い芸人(50歳以下)の、1年間の番組出演本数ランキングで、2位に大差をつけてダントツの1位に輝いたのです。
設楽さんの出演本数は556本。2位のハライチ・澤部佑さんが458本ですから、100本近く差をつけています。

これはなかなかすごいことで、本来このランキングで上位に入るのは冠番組やレギュラー番組を多く持っている芸人さんなんだそうです。
例えば、加藤浩次さんは『スッキリ!!』や『めちゃイケ』などがありますし、有吉弘行さんは『有吉反省会』や『有吉ゼミ』、『ヒルナンデス!』など多くの冠番組やレギュラー番組を持っています。

それに対して設楽さんは、ピンでのレギュラーは『ノンストップ!』くらい。なのにもかかわらず、加藤さんや有吉さんを抑えて1位に輝いているんです。
おそらくその他の番組でたくさんゲスト出演をしているのでしょう。すごいですよね。google imghp (17493)

『ノンストップ!』ではメインMCを務めていますvia google imghp以下、2位以下のランキングです。
2位 澤部佑(ハライチ)‐458本
3位 加藤浩次‐456本
4位 有吉弘行‐452本
5位 春日俊彰(オードリー)‐421本
6位 後藤輝基(フットボールアワー)‐419本
7位 博多大吉(博多華丸・大吉)‐411本
8位 若林正恭(オードリー)‐405本
9位 大久保佳代子(オアシズ)‐378本
10位 上田晋也(くりぃむしちゅ~)‐377本

こうして見てみると、実にそうそうたる面々。たしかにテレビでよく見た人だらけです。
これだけの人たちを抑えてダントツで首位に立つのですから、かなりたくさんのテレビに出ていたのですね。

余談ですが、地味に驚くべきは2位の澤部さん。
この中では際立って若手だし、特に人気があるイメージでもありませんが、2位につけています。
そうとうテレビで使いやすいということなのでしょうか。
たしかに澤部さんが出ている番組はすごく雰囲気が明るくなっている気が…しなくもない…?

そして、オードリーのお二人もすごいですね!
コンビ揃ってランキングに入っているのはオードリーだけです。
そして意外にも、春日さんの方が上位に来ているんです。
オードリーは若林さんがコンビの頭脳で、春日さんはポンコツというイメージがあるので、これには驚きました。
やっぱり強烈なキャラは強いということでしょうか。色々な分野に手を出しているというのもあるかもしれません。


テレビに引っ張りだこの理由とは?

google imghp (17527)

via google imghpレギュラー番組以外の番組にもたくさん出演している設楽さん。
なぜテレビ番組においてそんなに必要とされるのでしょうか?

その一番の理由は、来た仕事を絶対に断らない姿勢にあるようです。
『ノンストップ!』でメインMCを務めていることからもわかる通り、知的でスマートなイメージを持たれていますが、ザ・芸人といったような汚れ仕事でもNGを出さないらしいのです。

バナナマンとバカリズムでやっている深夜のバラエティー番組『そんなバカなマン』では、かなりシュールでまさに“バカみたいな”企画をたくさんやっています。その番組での顔は『ノンストップ!』での顔とは全く違って、その変化には驚かされます。
番組内では、同局ということもあり『ノンストップ!』終わりにすぐに『そんなバカなマン』のロケに向かう様子も取り上げられることがあるのですが、切り替えの早さがとにかくすごいです。急にバカな顔になります(笑)

周りをうまくイジりながら、場を面白く回していくその技術は唯一無二のものだと思います。

二番目の大きな理由は、ギャラを安く抑えられるところにあるみたいです。
普通、設楽さんくらいの芸人だとゴールデンタイムの番組でだいたい1本100万円弱かかるみたいなのですが、設楽さんは50万円でOKを出すのだそうです。さらに親しいスタッフなどの番組には20万円程度でも出るらしく、番組関係者としては非常にオファーが出しやすいみたいです。

ベテランで、これだけ人気のある設楽さんなので、この話には非常に好感が持てますよね。

他にも、スタッフに文句を言わなかったり、制作側の意向をちゃんと聞いて実行してくれたりと、まさにバラエティーにおいての“超優良物件”なんです。
テレビ番組の関係者が設楽さんをこぞって気に入るのもうなずけます。google imghp (17523)

『そんなバカなマン』では、とても“バカな”顔をしていますvia google imghpgoogle imghp (17529)

寝癖のような髪型。
こうやって見るとあんまりシャンとしてない…?via google imghpこの春からはまた新しく設楽さん司会のバラエティー番組が始まるみたいです。
今後も設楽さんの業界での人気っぷりは加速しそうですね。

この勢いで、今年も“テレビの顔”になるのでしょうか?



ページトップへ