新テラスハウス3話目、雄基が美月を泣かせていた!

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジョンの共有と言いつつも、自慢話がしたかった雄基。ついでに美月も泣かせてしまいました。

新テラスハウス

google imghp (5803)

via google imghp10月26日にTERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITYが3話目に突入しました。
そして3話目にして、女子2人が涙するシーンがありました。
一体なにがあったのでしょうか?

雄基からの質問

google imghp (5806)

via google imghp雄基の誕生パーティが開かれ、その際に雄基が「それぞれがどのような未来を描いているのか知って共同生活を送りたい。それぞれの野望を教えて欲しい。」と話し始めたのが事の発端です。

雄基は「7歳の頃からタップダンサーを目指し、海外留学していた。」と語っていました。
すでに過去の話をし始めるというボケをかましています。

達也は「両親が美容師だし、憧れを抱いて美容師を目指した。」と話し、悠里子は「お父さんが循環器科で、それで医者になりたいと思った。」と、明かしていました。google imghp (5808)

via google imghpみのりは「決まってないんだよね。モデルも自分に合っているかわからないし、何年後にどうなりたいとか考えたこともなかった。」と、先ほどの3人とは違った答え。
考えていなかったことに気付いたなら、これから考えていけば何の問題もないでしょう。google imghp (5810)

via google imghp美月は「おばさんになったら自分のカフェを持ちたい。コーヒーが好きで、何より人が好きなのね。人が集まる空間。自分が好きなモノを集めて、それを好きな人が集まれる空間があったら良いな。」と、将来について話しました。google imghp (5812)


via google imghpすると雄基は、「ふーん。話を聞いてても何も入ってこない。何言ってんの?ってなっちゃう。どこでやりたい。今何をしていて、何をこれからしたいの?」と、自身のボケを棚に上げてなぜか怒り気味。

これに対して美月は涙を浮かべながら、自分の心境を話していました。
これを見ていた悠里子も「見ていてつらい」と涙。

スタジオメンバーは

google imghp (5814)

via google imghpチュートリアル・徳井は「衝撃の展開でしたね。」と驚きを隠せない様子。
南海キャンディーズ・山里も「夢を語れと言っておいて、それを話している横で“全然入ってこない”って……。読解能力だバカ野郎!」とご立腹。
YOUも「誰もが7歳からストイックに生きるかバカ! 私たちなんて、今だって(私たちは何をしているのか)わからない。会ったら“まだ決まらないの?”って怒られるわ。絶対に会いたくない!」と怒っていました。google imghp (5816)

via google imghp彼は「今の年齢なら将来やりたいことを決めていないといけない」「小さな頃から夢を追いかけていないといけない」という偏見を持っていますね。

美月の年齢であればまだまだ色んな物に触れて、今まで知らなかった世界が広がっている時期でしょう。
その中で何が1番であるか、それを続けていく覚悟はあるかなんて、まだ決められなくても不思議ではありません。
それが分からないから、怒ってしまうんでしょう。

小さな頃から夢を追いかけるのは素晴らしいですが、その夢以外のものを見ていない、狭い世界観で生きている可能性だってあります。
こういった人の発言のために、わざわざ涙を流してほしくないですね。



ページトップへ