ヒロミ・伊代の息子、小園凌央が連ドラ初出演

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


4月からの新ドラマ「僕のヤバイ妻」にヒロミさん・松本伊代さんの息子の小園凌央さんが出演することが決定。さらにこのドラマでは、竹下景子さんの息子、関口アナムさんも出演。どちらも連ドラ初出演。2人はいったいどんな人?

小園凌央さん

小園凌央さん

via google imghpタレントのヒロミさんと松本伊代さんの息子で、現在大学生の俳優・小園凌央(こぞのりょう)さんが、4月クールの連続ドラマで連ドラデビューすることが分かりました。

小園さんが出演するのは、フジテレビの『僕のヤバイ妻』という連続ドラマです。
このドラマは、伊藤英明演じる主人公・望月幸平が、木村佳乃演じる妻・真理亜のヤバい本性に翻弄され、もがくというお話ですが、その中で小園さんは主人公・幸平が営むカフェの店員役を演じます。

正直、ちょい役?とも思ってしまいますが、このお話を受けて両親のヒロミ・伊代夫妻も盛り上がっているみたいです。

ヒロミさんは、「息子には、すばらしい機会をいただいたのだから精一杯やりなさいと伝えました」と話しています。
伊代さんも、「この度の出演のお話を聞いた時は、正直びっくりしました。私たち両親と同じ世界でやっていくことに関しては、心配な部分もありますが、現場の大人の方々や、スタッフの皆さんに厳しく育てていただき、大きな成長をしてほしいと考えています。ドラマは絶対に見ます。みなさんも見てあげてください」と言っています。

俳優になったのは「悔しかったから」??

小園さんは、自身が俳優の道を志した理由について、「父はもともとお笑いで、母はアイドル、一緒の分野で勝負しても勝てない気がしたので、考えて、両親に2人とは違う分野でアプローチできることはと相談したところ、両親からは裏方として制作に関わる方が合っていると言われたのですが、それがどうにも悔しくて、いやいや俳優になってやると思ったのが始まりです」と話しています。

両親の器と自分の立場をしっかりとわきまえているあたり、なかなか本質が見えている気がしますよね。
負けず嫌いな部分も見てとれます。

初めての連続ドラマにはとても緊張しているようで、「よくない芝居をしたら、両親からだめ出しがあると思います。それを考えると、家に帰るのにも精神を削りますが、父はバラエティの人間で母は歌の世界の人間。芝居に口を出してほしくはないです」と、強気な姿勢を見せました。ヒロミ・伊代夫妻


ヒロミ・伊代夫妻

理想の夫婦ランキングでは、昨年ついに3位にランクインvia google imghp

本作では二世俳優がもうひとり!

「僕のヤバイ妻」ではさらにもうひとり、連ドラ初出演を果たす二世俳優がいます。
それが、女優・竹下景子さんの次男、関口アナムさんです。

小園さんと同じくカフェの店員の役で、相武紗季さん演じる幸平の愛人の北里杏南に好意を抱いているという役で出演します。

関口さんは、竹下景子さんと写真家・関口照生さんの息子で、武蔵野美術大学造形学部映像学科を卒業した後、ロンドンへ約2年留学をしていました。大学では映画の制作を学び、留学で英語を身につけた関口さん。両親に役者になると打ち明けた当初は、苦い顔をされたそうです。それでも、役者への志が捨てられず、この道に進みました。

今回の出演をうけて、「初めての連続ドラマ、そしてレギュラー出演なので、『僕のヤバイ妻』のチームの一員として、素晴らしい作品を作っていきたいです」と熱い心境を話しました。

また、母親である竹下さんは、「美大で映画を学んでいたこともあり、父親を追ってそちらの道に進むとばかり思っていました。役者になると聞いた時は驚きましたが、自分の意志は貫いてほしいと思っています。芝居に関して口を出すことはしません」と話しています。関口アナムさん

関口アナムさん

via google imghp二世タレントというのは、「親の七光り」などと揶揄されることも多いので大変ですよね。
つい最近も、『無能な二世タレントランキング』なるものがネットに書かれていました。

どうかお2人には、七光りなどと言われることなく、素晴らしい役者人生を歩んでほしいものですね。google imghp (15461)

via google imghp



ページトップへ