斉藤由貴の不倫報道まとめ!干されない理由&パンツ写真流出の犯人とは

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斉藤由貴と主治医男性との不倫報道について画像とともにまとめてご紹介します。さらにパンツ写真流出の犯人や、斉藤由貴が不倫をしても干されない理由についてもお届け。

斉藤由貴がファンとW不倫!

2017年8月に斉藤由貴は自身の主治医との不倫が報じられました。

斉藤由貴は不倫に関して会見では事実を認めませんでしたが、次々と不倫の証拠が明らかになったことで不倫を認めざるを得ない状況になりました。

しかも不倫相手も妻子持ちのW不倫。

実は斉藤由貴は過去に尾崎豊や川崎麻世とも不倫関係でしたが、過去の不倫に負けないほど今回の不倫のインパクトは大きいものになりました。

今回の不倫のインパクトが大きくなったのは、やはりとある画像が出回ったことが理由のようです。

斉藤由貴の不倫相手がパンツを被った画像が流出

斉藤由貴の不倫が大きく報じられた理由のひとつが、不倫相手の男性が斉藤由貴のものと思われるパンツを頭に被りながら食事をしている画像が流出したからのようです。

こちらが問題となったパンツ画像です。

この画像はこれまでさまざまな芸能人の不倫が報じられ中でもトップクラスにヤバい画像だったため、週刊誌やネットニュースだけでなくSNSでも斉藤由貴の不倫が大きく拡散されることになりました。

また、パンツ画像だけでなく不倫相手と斉藤由貴のキス画像まで流出しました。

斉藤由貴キス写真

https://koji.tech/?p=11109

流出した画像そのものもかなりヤバいのですが、斉藤由貴も不倫相手もいい年した大人であるのにも関わらず、このような写真を撮影しているという事実も衝撃的です。

しかしこの画像の数々は、斉藤由貴と不倫相手が自分たちで撮影したものなので、本来なら流出するはずがありません。

では、なぜこのような超プライベートな画像が流出してしまったのでしょうか?

斉藤由貴のパンツ画像を流出させた犯人とは?

斉藤由貴のパンツ画像やキス画像は全て自分たちで撮影したものであり、SNSなどにアップしない限りは流出しません。

ではどのような経路で画像が流出したのか調べてみたところ、はっきりとした原因は不明でした。

しかし、パンツ画像もキス画像も斉藤由貴の不倫を報じた『週刊文春』だけでなく、『FRIDAY(フライデー)』や『FLASH(フラッシュ)』などの大手週刊誌も握っていたそうです。

各週刊誌に画像がリークされている点を考慮すると、やはり身内による犯行である可能性が高いようです。

そうなると、斉藤由貴の夫か不倫相手の配偶者などから流出した可能性が高いと考えられますが、この画像は全て不倫相手のPC内に保存されていたものであり、斉藤由貴が持っていたわけではないそうです。

なので、斉藤由貴サイドの関係者が流出させた可能性はかなり低くなり、不倫相手のPCを触ることができる関係者が流出させた可能性が高いと言われています。

一部では外部からの不正アクセスを疑う声もあるようですが、犯人は不明のまま。

ちなみに不倫相手は自身のクリニックのHPで「お知らせ」として、写真が流出したのは自分サイドからではないと主張していたようです。


モルモン教団に属する家族が不正入手したものを加工し、故意にメディアに情報提供したことが確認されています。かくの如く倒錯した団体と当院は無関係です

斉藤由貴も斉藤由貴の夫もモルモン教です。この文章からだと、斉藤由貴の夫が流出させた犯人だと主張しているように捉えることができますが、そもそも斉藤由貴の夫が不倫相手のPCを触れるわけがありません。

恐らく、不倫相手も自分の妻が画像を流出させたのではないかと思っているようで、不倫をしたせめてもの償いの気持ちからか、妻は無実であると主張したかったのではないかと言われています。

なお、この文章はすぐに削除されたそうです。

斉藤由貴、不倫しても干されなかった理由

斉藤由貴の不倫が報じられる前に、ベッキーや矢口真里が不倫を報じられて一時活動休止をしていました。復帰後も休止前に比べると格段に仕事が少なく、干されたも同然の環境です。

しかし、斉藤由貴の場合は干されることはありませんでした。

不倫騒動によってすでに決まっていた大河ドラマ『西郷どん』の出演を辞退し、CMを何本か降板しましたが、映画や舞台は特に変わることなく出演し続けていました。

さらにドラマへの出演もすぐに復帰し、バラエティ番組では不倫騒動をネタにする始末です。

なぜ斉藤由貴はベッキーや矢口真里のように活動休止どころか干されることもなかったのかというと、世間的にも「斉藤由貴はそういう人」だと認められていることが大きいようです。

斉藤由貴自身も過去にこのような発言をしています。

「前の人とのことがあったにも関わらず、本当に学ばない人間なんだなと自分のことながら悲しい気持ちです」

世間だけでなく斉藤由貴自身も「仕方ないこと」だと思っているため、斉藤由貴は不倫をしても干されることはないようです。

ただ、それはただの贔屓にしか思えないとの意見も多々あります。特に斉藤由貴をよく知らない若い世代からは「おかしい」との声も多いようです。

不倫はしてはいけないこと。やっていい人なんていませんし、斉藤由貴だろうとなかろうと、「加害者」である事実は変わりません。

<こちらもオススメ>

斉藤由貴、不倫相手がパンツを被った画像が流出!流出元はPCか

斉藤由貴の現在とキス写真が流出した不倫相手の現在は?【画像】

斉藤由貴の不倫相手が画像流出の犯人をHPに掲載!モルモン教信者の旦那を示唆!

斉藤由貴、渡辺謙とも不倫の過去?

まとめ

斉藤由貴は主治医と不倫をしました。不倫相手がパンツを被っている画像が流出したことで大きく注目されました。

どうやら画像の流出元は不倫相手のPCで、犯人は不倫相手の妻である可能性が高いようです。

相手の家庭をめちゃくちゃにしたものの、斉藤由貴自身は家庭円満をアピールした上に干されることはありませんでした。それなのに干されることはなく、仕事も順調のようです。

人によって対応が違うなんて、芸能界って不思議ですね(笑)



ページトップへ