加藤綾子(カトパン)のフリー転身は夏目三久への挑戦状!?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

加藤綾子アナウンサーがフジテレビを退社しフリーになることは有名になってきましたが、その独立の影に夏目三久アナウンサーの存在が浮かび上がってきました。いったいカトパンはなぜフリーに?

フジテレビのアナウンサー、加藤綾子アナがフリーになることを発表したのは記憶に新しいですよね。人気アナウンサーとして、長年フジテレビを牽引してきました。

この4月からは新たに新スポーツ番組のキャスターに就任し、初回の視聴率は深夜にもかかわらず5%を超えました。スポーツキャスターとしての素質も見せつけ、フリーになる準備は万端といったところです。

加藤アナの印象が特に強いのが、『めざましテレビ』。
2012年にメインキャスターに就任して以降、丸4年間フジテレビの朝の顔を務め上げ、お茶の間での人気を不動のものにしました。

4月1日の放送を最後に『めざましテレビ』を降板し、有休を消化した後の今月末に退社することが決まっている加藤アナ。
昨年にフリー転身疑惑が持たれた時には、亀山千広社長が堂々とガセであることを宣言したにも関わらずの今回の退社には、一体どんな理由があるのでしょうか。

#加藤綾子 #カトパン #美人 #女子アナ #katouayako #announcer

@ cawai____がシェアした投稿 –

via google imghp

収入?人気?夏目アナに対抗か

特に大きな要因として取り沙汰されているのが、フリーアナウンサーの夏目三久さんの存在です。

夏目アナといえば、2014年から『あさチャン!』でTBSの朝の顔を務めています。
言ってしまえば、ここまで2年間、加藤アナと夏目アナは裏番組のメインキャスターとして朝の覇権を争ってきたライバル同士なのです。

そんなこともあり、夏目さんは加藤さんにとっては必然的に気になる存在だったのです。

いったい夏目さんの何が加藤アナを独立へと駆り立てたのでしょうか。
そこにはまさに“ライバルらしい”理由があったのです。

まずそもそも、局アナとしての実績は加藤アナの方が断然上です。
局アナ時代の人気度を比べると、圧倒的に加藤アナが勝っています。

しかし夏目アナは、フリーに転身して大成功したのです。
『あさチャン!』のキャスターに就任してからの夏目アナの年収は1億円を超えていると言われていて、局アナではとうてい稼げない数字です。

朝の帯番組のMCという点では同じであるにもかかわらず、自分の10倍稼いでいる夏目さんを見て、その待遇の違いに愕然としたのでしょうか。
自分の方が人気者だというプライドもあったのかもしれませんね。

『あさチャン!』のMC 夏目三久

via google imghp反対に夏目さんも、加藤アナへのライバル心は並々ならぬものがあるのだといいます。


同時間帯に放送されている『めざましテレビ』と『あさチャン!』。
視聴率では、『あさチャン!』は『めざましテレビ』に大きく差をつけられて負けているのだそう。

そもそも番組自体のパワーに差があるようにも思えるので、仕方ないのでは?とも思いますが、TBS局内では「夏目が加藤に負けている」などと言われることもあるようで……
夏目さんは“打倒カトパン”に必死になっていたみたいです。

2009年に週刊誌にて過激な写真とともにスキャンダルが報じられ、一時は干された夏目さん。
一度、どん底を味わっているのです。

その後、2011年4月にフリーになると、『マツコ&有吉の怒り新党』のMCに抜擢され、今日までその人気と地位を築き上げてきました。

プライドを賭けて、同じフィールドでの勝負を挑んできた加藤さんを、見過ごすわけにはいきません。
夏目さんも、相当の闘志を燃やしているようです。

番組関係者は語ります。「大躍進の足掛けとなった『怒り新党』を降板しました。この番組では夏目さんはあくまで補助的な役割でした。これからは夏目さん自身が主役となる番組を増やしてカトパンに対抗したいという気持ちから卒業を決めたそうです」

現実、その『怒り新党』の夏目さんの後任に加藤アナが噂されたりと、2人がライバル的な位置にいるのは確かなようです。

カトパンと夏目アナ、2人の人気アナウンサーの今後の戦いに注目です。

え、普通の生活が送りたいだけ??

先ほどは収入などの話をしましたが、どうやらそうではない理由も言われているようです。

というのも、少し前までは収入アップを狙ってフリー転身するアナウンサーが多かったようなのですが、最近ではそういう人はあまり多くないそうです。

「女子アナが独立する理由といったら、たいていの人は年収が上がることをを狙っていると思いますよね。たしかに少し前はそういう人がたくさんいたのですが、ここ数年は収入アップを目標に独立する人はあまりいないんですよ」と業界関係者。

加藤アナは収入アップを狙っているのではないのでしょうか?

関係者はこうも言います。
「実のところ、フリーになって年収が上がっているのは一握りだけで、たいていは局アナの頃より下がっています。カトパンも『独立したら収入を保つのが難しい』などと心配されていますが、そもそも彼女はお金が目的ではないんです。彼女が欲しいのは“普通の日常”なんです」

考えてみれば、加藤アナのこれまでの生活は完全に“朝の生放送”に縛られたものでした。
『めざましテレビ』のために、深夜2時に起きて出社。準備から放送後の反省会を含め、すべてが終わるのが午前11時頃だそうです。
しかし加藤アナの仕事はまだ終わらず……
そこから夜の18時や19時までレギュラー番組などの収録が控えていたそうです。
結局、家に帰って寝れるのはせいぜい21時や22時。そしてまた2時起きですから、常人の生活じゃありません。

フリーになれば、局アナと違って仕事を選べますから、休む時間も自由に取れるわけです。
収入を度外視しても、フリーになりたくなってしまうのは、必然かもしれませんね。

. #加藤綾子 #カトパン #美人

@ cawai____がシェアした投稿 –

その笑顔を忘れずに、頑張れカトパン!via google imghp



ページトップへ