不倫助長?知られざる乙武家の『夜のルール』

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


5人の女性と不倫し、その後の謝罪対応でも世間を騒がせている乙武さん。不倫の裏には乙武家に存在する「夜のルール」が関係あるのではないかとささやかれています。≪明日発売の週刊文春の内容も載ってます!≫

夜10時以降は帰宅禁止

10時過ぎたら不倫活動?

10時過ぎたら不倫活動?

via google imghp乙武さんと妻、仁美さんの間には「夜10時以降には家に帰らない」という決まり事があったようです。
現在2人の間には3人のお子さんがいて、仁美さんは1人で育児をしている状態。そのため10時以降に乙武さんが帰ってきてもすでに疲れ切っていて、乙武さんの世話をすることができないからという理由だそうです。
乙武さんは地方での講演やテレビ出演も多かったでしょうから、夜10時までに家に帰るのはなかなか難しかったと思われます。夜10時までに家に帰れない時は事務所に泊まる、ということも前々から約束していたようで乙武さんの世話をする男性スタッフもいたようです。
事務所のあるマンションに住んでるスタッフもいたみたいなので、乙武さんは相当な頻度で事務所で寝泊まりしていたんでしょうね。もはや半別居状態?これは不倫されても気付かないかも。2015年3月にも長女が誕生していますし、半別居状態でも仁美さんとも夜の方はしっかりやっていたんですね~。

妻、仁美さんの謝罪の真相

このたびは、夫、乙武洋匡の行動が週刊誌で報じられた件につきまして、多くのみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。

このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。

今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました。

本人はもちろん、私も深く反省しております。

誠に申し訳ございませんでした。

2016年 3月24日
乙武仁美

乙武さんのサイトで公開された仁美さんの謝罪文この謝罪の裏には、夜10時以降は帰宅禁止ルールを設けてしまったがゆえに不倫を助長させてしまったという仁美さんの想いがあるのでしょう。じゃなかったら仁美さんは全く悪くないのにこんな謝罪文出しませんよね。乙武さんは早稲田大学に在籍していた当時から女の子に手を出しまくっていたそうなので、大学の後輩だった仁美さんは乙武さんの手の速さを知っているはずですし。夜に妻公認で出かけていいなら乙武さんは遊びまくると予想できたはずです。結婚したら変わると思っていたとしたら完全なる裏切り行為ですよね。
仁美さんはかつて弁護士になる、という夢がありましたが乙武さんと結婚することでその夢をあきらめなければいけなくなりました。夢をあきらめてまで結婚したのにこの仕打ち・・・
それでも離婚しないって、やっぱり子供たちのことを考えてでしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんもいますからね~。別れて慰謝料請求するっていうのも一つの手だと思いますが。
ここで、31日発売の週刊文春に仁美さんのインタビュー記事が掲載されることが分かりました!
やはり乙武さんの世話は大変なようですね・・・関係者の話だと仁美さんはこんなことを言っていたそうです。

「確かに、最新の文春に乙武さんの奥さんが独占インタビューを受けた記事が掲載されます。そこには、夫の世話から逃げたかった「妻の本心」が語られているそうです。
奥さんはずっと、乙武さんの世話から解放されたかったそうなんです。だから夜遅いときは事務所に泊まるように乙武さんにお願いし、そこで乙武さんは不倫をしまくってたらしいんですよ。
最初、奥さんは乙武さんとの結婚の話になったとき「犬を飼ったこともあるし大丈夫」みたいな気持ちだったそうですが、いまになって、想像以上の苦労に耐えかね、疲れが爆発したのでしょうね。
普通なら存命の夫から解放されたいなんて言えないでしょう」


via マスコミ関係者のコメント

マスコミ関係者の話によると、「週刊文春」には、乙武氏が自身で性欲処理できない状態のため、かたっぱしから女性にアプローチしていた過去も書かれているという。
その点を知人に追及され、人前で泣きだした過去も暴露されているそうだ。

仁美さん、心身ともに相当追いつめられていたようですね。
犬を飼う感覚で乙武さんの世話をしようと思ったあたり、かなりポジティブな方だと思われますがやはり大変なようです。
乙武さんは人一倍性欲もあったようですから、そっちのお世話も大変だったんでしょうね・・・。乙武さんは不倫した理由について、「長男が誕生してから、妻が母親になり、夫婦らしさが失われていった」と語っていますが、奥さんは育児に忙しくなるから当然のことと思ってしまうのは自分だけでしょうか。
乙武さんが不倫を始めたとされるのは長男が誕生した2008年ごろから。ほんとに仁美さんが母親になった時期からですね。不倫開始時期も信用は出来ませんが。

母親もキレる

息子はまともじゃない

息子はまともじゃない

かわいい・・・!?via google imghp生まれてきた乙武さんを見て「かわいい」といい、たくさんの愛情を注いでくれたお母さんもさすがに許せなかったようです。

「世間には(家庭を大事にしている)立派な男性がたくさんいるのに、息子はひどいものです。浮気したうえに、愛人が何人もいたなんて馬鹿なことを堂々と宣言するなんて最低のことで、“まとも”ではありません。いったい息子は何を考えているのか……」

via 女性自身

乙武さんのお母さんは乙武さんが1998年に出版された著書「五体不満足」でも登場していて、とても愛情深い母親っていうイメージですよね。そのお母さんがここまで言います。
手足がないことは個性、といってくれたポジティブシンキングな母親でも不倫はまともじゃなかったみたいです。仁美さんが夢をあきらめて乙武さんの世話をし、3人の子育てを頑張る姿を知っていたからより厳しい言葉になったんじゃないでしょうか。
また、仁美さんにも謝罪文を書かせたことにも怒っているみたいでした。乙武家の夜のルールを母親が知っているかは定かではありませんが、非のない奥さんに謝罪させるのが申し訳なかったみたいですね。奥さんの謝罪が自発的にしてもそうでないにしても、謝罪文掲載を容認した乙武さんは何を考えているんでしょうか。

「息子が至らないことは、お嫁さんにも、本当に申し訳なく思っています。……それでも、2人が末永く夫婦でいてくれて、添い遂げてくれればと願うばかりなのです」

via 女性自身

この文章を読んで、やっぱり母親は息子に甘いな~と思いました。
最後には「息子はまともじゃないけど、末永くよろしく」ってことですもんね。
まともじゃない息子を他人によろしくするなww

奥さんが謝罪文を掲載した理由は「夜のルール」のことで理解できなくはなかったですが、母親がコメントを出したのはなぜ?本の中では何回も登場していて有名ですが、実際は一般人に方です。乙武さんももうすぐ40歳になりますし、母親が出てくる必要はないんじゃないかと思いますが・・・
乙武さんは不倫発覚から謝罪、活動自粛と内容に問題があったにしても早々に手を打ってきました。この騒動の影響で政治家への転身は延期になったようですが、芸能界でも乙武さんを肯定的に受け止める人がいるので政治家になる日もそう遠くないかもしれません。乙武擁護の声も

乙武擁護の声も

via google imghp乙武さんは特別扱いされることを嫌っていたようですが、「障害を持っている人にとって前向きなニュース」「障がい者との変な溝が埋まれば」というのが乙武擁護の声です。皮肉ですね。やっぱり障がい者というのが念頭にあっての擁護です。
これらはいずれも男性芸能人の意見であり、発言した瞬間に非難されています。当然ですね。

奥さんが離婚をしないと決めた以上、浮気癖は直してきちんと仁美さんに向き合ってもらいたいものです。



ページトップへ