【TOKIO】城島茂がある女性のために贈った指輪

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOKIOのリーダー・城島茂が「指輪を贈りたかった」とお母さんではなく、とある女性に一生懸命作って完成させた指輪をプレゼントした。その真相とは

1月24日に放送された日テレバラエティー番組「ザ!鉄腕!DASH!! 地底250メートルから黄金を掘り出せ!!スペシャル」でTOKIOリーダー・城島茂と松岡昌宏は鹿児島県伊佐市にある菱刈鉱山を訪れ、金鉱脈から専用の重機や発破で金鉱石を採掘する現場に立ち会い、地上に運ばれた金鉱脈にある金を含む白い石の選別体験を行い、特別な許可のもと選別済みで頂いた約100kgの金鉱石を山梨県の湯之奥金山博物館に持ち込み、昔ながらの製錬技術を研究する金のエキスパート・小松美鈴さんの指導で以下の手順で金を取り出す作業を行った。
①焼いてハンマーで砕いた石を石臼で粉にし、木の板を使いながら水の中で選抜していく。
②鉛と混ぜ高温の釜で熱すると柿の種のような形の金を含んだ鉛をさらに熱して鉛と分離させれて金を取り出す。

【左】松岡 昌宏(39)
【右】城島 茂(45)via google imghp作業の最中、松岡の「あった、あった!」に対し、城島はなかなか見つけられず「俺が老眼だからかな?」とボヤきながら「ちっちゃ!」とようやく気づくほど。
頑張った甲斐があったようで小松さんも「成功ですよ! すごいです、金がとれて!!」と納得の金だったご様子。いろいろな工程を終えて頂いた100kgの金鉱石から残った金を量ると0.15gだった。
そして、取り出した金で指輪を作りたいと望んでいた城島茂は金を持ってジュエリー職人のもとへ向かった。
しかし、少量だったため糸のような指輪になってしまうとのことで、銀のリングに0.15gの金をつけて指輪を作ることにした。
長い時間をかけて完成した指輪は城島の思いとともに、スタッフにより福島市に住む三瓶孝子さんへ届けられる。

DASH村で漬け物づくりの名人の三瓶孝子さんvia google imghp三瓶孝子さんとはDASH村の企画で漬け物づくりの名人としてお世話になった方。
しかし、2011年3月11日に東日本大震災が発生により福島第一原発で事故が起きた。
DASH村がある浪江町も避難区域となり、まだお元気だった三瓶明雄さんをはじめ三瓶孝子さんたちも土地を離れて避難することになり、同年4月25日に放送された『ザ!鉄腕!DASH!!』では、城島が子ども夫婦宅で暮らす孝子さんを訪れた。
それからおよそ5年が過ぎ、三瓶孝子さんが今年の1月31日に79回目の誕生日を迎えることを知っている城島は指輪を贈ろうと頑張ったのだ。
スタッフから指輪を受け取りつけた三瓶孝子さんは「ありがとうございます。中指ちょうどだよ」と嬉しい涙を拭っていた、とても心温まる感動の放送だった。

via google imghp



ページトップへ