30歳までにやっておくべき7つの準備

ISSUE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30歳になると肉体面、社会的立場、人間関係など、さまざまな局面において変化が訪れます。あまりにも大きな変化であるため、いざ遭遇すると戸惑いや焦りで判断を誤ってしまうことも少なくありません。アラサー世代と呼ばれる20代後半から、30歳を機に訪れる変化を知り、準備しておくべきでしょう。ここでは30歳になる前に知っておくべき7つの変化をご紹介していきます。

30歳までにやっておくべき7つの準備とは

30歳になると肉体面、社会的立場、人間関係など、さまざまな局面において変化が訪れます。

あまりにも大きな変化であるため、いざ遭遇すると戸惑いや焦りで判断を誤ってしまうことも少なくありません。

アラサー世代と呼ばれる20代後半から、30歳を機に訪れる変化を知り、準備しておくべきでしょう。

ここでは30歳になる前に知っておくべき7つの変化をご紹介していきます。

@latheandchisel)さんの投稿

30歳までにやっておくべきことその1.一生打ち込める趣味を見つける

30歳になると徐々に体力の衰えを感じ始めます。徹夜で遊んだあと仕事に出かけたり、夜遅くまで飲み歩くといった行動は難しくなっていくでしょう。

そんな中、無趣味なままでいると休日はゴロゴロするだけで時間がなくなってしまいます。

打ち込める趣味がなければ、「なんとなく体がだるい」「外出する用事もないし」と自宅で過ごすだけの休日が続き、人生の視野を大きく狭めることにもなります。

@henrietta.yuさんの投稿

30歳になる前に一生打ち込めるような趣味を見つけておけば、老後に体が動かなくなっても急激に老いることがありません。

できれば老後も続けられるようなライフワークを見つけておきましょう。

30歳までにやっておくべきことその2.本当に信じられる友達を選ぶ

30歳になると友人関係も整理する必要があります。友人や同僚に社会的立場がアップしたり、家庭を持つ人が増えてくるためです。

環境が変わることでトラブルに巻き込まれる人も少なくありません。自分で会社を興して独立する人も出てくるでしょう。

友人内でのお金の貸し借りや借金の保証人といった問題が出てくるのも30歳前後です。

よって30歳になってからも付き合いを続ける友達は、本当に信頼できる人だけにしたほうが得策です。

遊び歩いて迷惑ばかりかけてくるような人と交流を続けていても、何ひとつ良いことは起こりません。

30歳までにやっておくべきことその3.親の介護を考えておく

30歳を迎えるにあたって一度は真面目に考えておきたいのが親の介護についてです。

@erickaakresge)さんの投稿

30歳になった時の親の年齢はだいたい50代半ば~60代半ばあたり。定年と同時に体調を崩して要介護者になってしまう親も少なくありません。

介護問題は家族に大きな負担がかかります。たとえ親が嫌がったとしても、早めに相談しておいたほうが後々の苦労を軽減することができます。

30歳までにやっておくべきことその4.体のケアは早めに

30歳になると日に日に体力が衰えていきます。翌日まで疲れが抜けないなんてことは日常茶飯事。


睡眠時間が短くなることで生活リズムが不規則になったり、偏頭痛や肩こり、腰痛に悩まされる人も増えてきます。

30歳を迎える前から体のケアを行なっていくようにしましょう。ケガや病気を患ってから体を鍛えることは困難です。

体力に余裕があるうちに肉体を強化しておけば、30歳を超えてからも若々しく健康な体を維持することが可能です。

30歳までにやっておくべきことその5.仕事のキャリアを確認する

30歳になると転職や起業を考える人も多いでしょう。また、よりよい条件を出す職場から勧誘を受けることもあります。

30歳になって新しい仕事に就くというのは、大きなリスクが伴います。

自分に何ができるのか、スキルやキャリアを再確認しておけば、新しい仕事のリスクがどの程度なのか、しっかりと把握することができるでしょう。

@kunihiromorohoshiさんの投稿

また、30歳になったことをきっかけに結婚や婚活を考え始める人もいます。

ここでもキャリアを確認しておくことで、より詳細な将来設計を行なうことができ、スムーズに物事を進めることができます。

30歳までにやっておくべきことその6.無駄な恋愛をしない

不倫やワンナイトラブから抜け出せないという人は、30歳を迎える前に恋愛観をあらためて、関係を清算しておいたほうが得策です。

30歳になってから真剣につきあう相手を探すというのは、実は遅すぎます。近年の婚活ブームによって婚活を行なう年齢層も若くなっており、いざ30歳から生涯の伴侶を見つけようとしても、なかなか見つからないのが現実です。

20代後半あたりから先のない無駄な恋愛は控えて、人生をともに歩めるようなパートナーを探すべきでしょう。

30歳までにやっておくべきことその7.流行に流されないおしゃれを意識する

30歳になって、大学生が着ているような服や新卒のOLファッションを身にまとっていると、若作りしているように見られてしまいます。

たとえ、そのファッションが似合っているとしても、避けたほうがよいでしょう。一番よいのは流行に流されないおしゃれを意識することです。

@moda.versatil)さんの投稿

30歳には30歳のファッションセンスがあります。新しいものではなく、世代に合ったおしゃれを意識しましょう。

ファッション雑誌を参考にするなら、30歳になる前にひと世代上の雑誌へ乗り換えたほうが落ち着きある大人の女性だと印象づけることができます。

まとめ

実際に30歳になってみると、ここで取り上げた以上の問題が次々と発生します。

言うほど老けてはいないものの、若いとは言えなくなるのが30歳という年齢です。

27歳ごろからしっかりと準備して、30歳という人生の節目の年を乗り越えていきましょう。



ページトップへ