WBC2017 侍ジャパンの活躍に期待!!

野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷翔平、ダルビッシュの不参加で不安視される侍ジャパン。侍ジャパン弱くない?という声も聞かれる中、侍ジャパンの本当の強さ、見どころに迫っていきたい。侍ジャパンのメンバーは?理想の打順は?これを見ればまるわかり!

侍ジャパン出陣

世界一奪還へ

ワールドベースボールクラシック2017(WBC2017)の開催が迫っている。小久保監督率いる侍ジャパンは世界一奪還を目標に掲げ出陣する。WBCといえば、敗者復活戦見事な逆転劇を演じた2006年大会と、宿敵韓国に勝って優勝した2009年大会が記憶に鮮烈に残っているだろう。特に2009年大会決勝でイチローがイム・チャンヨンから放った決勝タイムリーヒットは国民に勇気を与えた。そんな劇的な2大会とは裏腹に、準決勝でプエルトリコに敗れて優勝を逃したWBC2013年大会、決勝で宿敵韓国い逆転負けを喫し優勝を逃した2015年に開催された世界野球プレミア12という二つの敗戦の記憶も刻まれている。
どうすれば侍ジャパンは勝つことが出来るのか、何がキーポイントになるのか、侍ジャパンの見どころに迫っていきたい。

不安を抱える投手陣

野球とは、投手と打者が向かい合って行うスポーツである。一見対等に見える両者であるが、実は違う。野球とは投手有利のスポーツなのである。投手がミスをしなければ点は入らない、そんなスポーツである。チームを強くするにはまず、投手陣を整えなければならないが、それが今回のWBCの懸案なのである。
ダルビッシュ有を始めとするメジャーリーガーの不参加、プレミア12で韓国打線を無失点に抑えた大谷翔平の参加辞退が大きく影響を及ぼしている。侍ジャパン壮行試合においても、投手陣は思うような結果が残せていない。WBC参加辞退を表明した大谷翔平

WBC参加辞退を表明した大谷翔平

侍ジャパンを投打から支えると期待されていた大谷翔平。
大谷の不参加は投打両面から見ても痛手である。via google imghp侍ジャパン壮行試合の台湾戦に先発した則本選手

侍ジャパン壮行試合の台湾戦に先発した則本選手

思うようなピッチングが出来ず三回三失点でマウンドを降りた則本。
初回は得意のストレートを狙い打ちされてしまった。一点が重い国際戦では、立ち上がりの失点はできるだけ避けたいところである。via google imghp

継投で乗り切れ!侍投手陣を支えるリリーフ陣

不安の残る投手陣であるが、打開策はしっかり存在する。侍ジャパンの投手陣にはヤクルトの秋吉を始めとした豪華なリリーフ陣がバックアップする。秋吉は2016年の3月に侍ジャパン入りを果たし、登板した全試合で好投し小久保監督からの信頼も深い。秋吉以外にも、日ハムの日本一に強く貢献した宮西、増井、西武ライオンズを支えるユーティリティピッチャーの牧田など豪華な面子が揃っている。メジャー投手陣がいない今、侍ジャパンの投手力を支えるのは彼らに違いない。侍ジャパンで躍動する秋吉

侍ジャパンで躍動する秋吉

シーズン防御率は2.19
サイドスローから投じられる変化球で打者を翻弄する。
得意球種はスライダー。
WBC球に慣れすぎてNPB球では球が曲がらなくなった模様。via google imghp左キラーとして期待される宮西

左キラーとして期待される宮西

シーズン防御率は1.52
日ハム優勝を支えた影の立役者。
救援はもちろんのこと、イニングの初めからの投球も期待される。
2011年札幌在住の女性と結婚した。via google imghp

打つのも不安?不調に陥る侍打撃陣

いくら投手陣が相手チームを無失点に抑えても、味方打者が点を取ってくれなければ勝つことは出来ない。
侍ジャパンの過去の栄光を支えたのも優れた打者陣だった。2006年大会の福留、2009年のイチローなど、打撃で味方チームに勇気を与えたケースも少なくない。そんな大切な打者陣であるがここ最近の国際試合で思うような繋がりが発揮できていない。どんな原因があるのだろうか?


目覚めろ山田!目覚めろ坂本!

侍ジャパン打撃陣の不調は、山田と坂本の不調にあると言っても過言ではない。上位打線のこの2人が不調であるのはチームにとっても痛手である。特にヤクルトの山田は、昨シーズンに受けたデッド-ボールから調子が狂いだしたように思える。なんとか一本打って、トリプルスリーの山田哲人に帰り咲いてもらいたい。また、ジャイアンツ坂本は2016年シーズンで打率.344で首位打者を獲得した天才打者である。攻守共に侍ジャパンを支える若き天才の復調無くして侍ジャパンの勝利はないだろう。復調が求められる坂本

復調が求められる坂本

シーズン打率は.344
ジャイアンツを引っ張る若き天才打者。
攻守で侍ジャパンを支える。
容姿端麗であるため女性ファンからの人気も高い。via google imghp山田はデッドボールの恐怖を克服できるのか

山田はデッドボールの恐怖を克服できるのか

シーズン打率は.304
二年連続トリプルスリーという前人未到の偉業を達成した山田であるが、デッドボールを受けてから本調子ではない。
きっかけを掴んで本来の打撃を取り戻して欲しい。via google imghp

若き主砲の台頭

不安要素だけではないのが侍ジャパン。若き主砲で侍ジャパンでは4番を任せられることになるDeNAの筒香に期待がかかる。2016年シーズンでは自己最多のホームラン44本、打点110点という輝かしい成績を残した。7月には三試合連続マルチ本塁打を含むホームラン16本を記録して月間MVPにも輝いた若き主砲。得点圏打率は.393という勝負強さも持ち合わせている。その勝負強さは国際試合でも健在で、2015年に開催されたプレミア12では打率.385を記録した。若き主砲を最大に活かすためにはその前後に位置する打者の活躍が不可欠である。筒香の前に何としてでもランナーを溜めること、これが侍ジャパンの得点力にも関わってくるに違いない。不動の4番 若き主砲筒香

不動の4番 若き主砲筒香

シーズン打率は.322
2016年に大ブレークを果たしたDeNAの若き主砲。
勝負強い打撃で侍ジャパンを勝利へ導きたい。
ちなみに散髪は1300円カットで行っている。via google imghp

大予想!!侍ジャパンの打順

1(指)青木      
2(二)菊池
3(遊)坂本
4(左)筒香
5(右)鈴木
6(一)中田
7(三)松田
8(捕)大野
9(中)秋山安定感を誇るメジャーリーガの青木を一番に据え、俊足の菊池を二番で起用。
坂本と筒香で走者を一掃するのが理想。
筒香が歩かされてしまった場合を考えて五番に鈴木、六番に中田を起用した。
七番の松田には一発を期待、またチームのムードメーカ的役割を担ってもらいたい。
九番の秋山には持ち前のミート力で一番につなぐバッティングを期待したい。

世界一奪還へ

不安要素もあるが、期待できる要素もたくさんある。
スモールベースボールで他国を圧倒し、三度目のWBC制覇を成し遂げて欲しい。
スポーツが盛り上がれば国が盛り上がる。
日本中を熱狂させて、2020年の東京オリンピックへと弾みをつけていきたい。
侍ジャパンの活躍に目が離せない。
WBCの日程は2017年3月7日からである。



ページトップへ