AKB総選挙2017は柏木由紀&山本彩が辞退!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年9回目を迎える毎年恒例のAKB48選抜総選挙。「節目を迎える」と噂されているのは、指原莉乃と渡辺麻友が今年で最後と宣言し、柏木由紀と山本彩が不出馬となったからです。本人らの発言も踏まえ、彼女たちの卒業疑惑もあるようで…!?

山本彩と柏木由紀が辞退!?

2017年度のAKB48選抜総選挙を辞退することを発表したのは、山本彩と柏木由紀の2人です。2人といえば、今のAKB48のトップを率いるメンバーです。柏木由紀は第3期生として2007年にデビュー、山本彩は第1期研究生としてNMB48に加入しました。つまり、2人はほぼ初期メンと言っていいほど、AKB48には欠かせない存在。

柏木由紀と山本彩、総選挙不出馬

 

AKB48を卒業したメンバーとも交流があり、彼女らの名前は必ず順位に入っていましたよね。今回二人共不出馬を表明したことによって、多くの方が「卒業か?卒業間近!」と噂されています。たしかに、今回の総選挙に出馬しないということは、もうソロとして活動していくのかなと思っちゃいますよね。

2017年3月31日にAKB48シングル選抜総選挙の立候補者の受付が行われ、参加するメンバーとしないメンバーが明らかになりました。それぞれの公式Twitterに総選挙を辞退したという内容が掲載されていました。

山本彩が辞退する理由

まずは山本彩が辞退する理由について見てみましょう。

山本彩はTwitterにて総選挙への参加はすでに去年が最後と伝えていたようですね!ただやはり、いざ総選挙直前になると心惜しいところがあったのでしょうか。「1位を取る!」と何度も総選挙が行われる度に言っていましたよね。

ちなみに、この報告をTwitterでツイートした後、卒業かと聞かれていましたが、否定していたようです。正直、山本彩でしたら、もうソロの活動でも十分な気がしますが、卒業の予定はないようですね。ちなみに、彼女のこれまでの総選挙で実績はこちらです。

第3回(11年):28位
第4回(12年):18位
第5回(13年):14位
第6回(14年):6位
第7回(15年):6位
第8回(16年):4位

「第67回NHK紅白歌合戦」(16年)夢の紅白選抜:1位

昨年が4位で終わってしまっていますが、相変わらず高い順位に入っていますよね。そして、なにより、「夢の紅白選抜」での1位獲得は大きいですね。昨年のNHK紅白歌合戦でAKB48が行った企画で見事、指原莉乃を差し置いて1位を獲得。

 

全国放送、しかも紅白という大きい舞台で1位に選ばれ、センターで歌って踊った経験は彼女にとってきっと大きいものとなったのではないでしょうか。以前から総選挙の辞退は決まっていましたが、きっと紅白選抜で1位を取ったことによって「もういいっかな」と感じたのではないかと思います。

柏木由紀が辞退した理由

柏木由紀も自身のTwitterにて総選挙辞退を報告していました。

また、4月2日には自身のAmebaブログにて総選挙に対しての思いを綴っていました。柏木由紀といえば、今までの総選挙すべてに出馬してきました。2009年に行われた第1回の頃からなのでかなりのベテランですよね。ちなみに、今までの順位はこのようになっています。

第1回(09年):9位
第2回(10年):8位
第3回(11年):3位
第4回(12年):3位
第5回(13年):4位
第6回(14年):3位
第7回(15年):2位
第8回(16年):5位

今までこんなにも2位や3位に入っているのにもかかわらず、1位は取ったことがなかったようです。それにしても、最初から順位高いですよね。昨年の順位がかなり落ちてしまったようですが、やはり、ファンにとって総選挙にゆきりんは欠かせない存在ではないでしょうか。

ここまで頑張ってきたからこそ、一度は1位を取らせてあげたかったような気もしますね。ただ、今回の総選挙の辞退は昨年も同様なことを考えていたようです。もともと最後と決めていたにもかかわらず、NGT48の兼任が決まったことにより、「少しでもグループを盛り上げよう」出馬したそうです。

そして、今年ようやく辞退を決意。全8回連続で出馬しているだけあって、かなり大きな決断だったようですね。自身のブログではこのように書いていました。

今年も、本当にギリギリまで悩みました。。
立候補最終日のMステ終わりも、楽屋で考えたり話したりしていたくらい。

最終的に出ない、と決めたのは、わたしのことを応援してくださっているファンの方に、総選挙という形では感謝してもしきれないくらい、もう十分支えていただいたと思ったからです。

今になって言うのもなんだか申し訳ないですが、、
去年も、そう思っていたので、
総選挙に出ないつもりでした。

ですが、NGT48を兼任している中で新潟での開催が決まり、
「選挙に出ることで少しでもグループを盛りあげられたら!」
と思い、出ることにしました。

わたしのファンの方には、去年、
「これが最後です。」
と話していたので、その言葉を信じて、例年以上に応援してくださった方もいらっしゃったと思います。

その約束を守りたい、という思いもありました。

ちなみに、この文章のあとには、卒業のことにも触れていました!
9回目の総選挙に出馬しないことを決めたので、もちろんファンや多くの方から卒業を心配されますよね。しかし、ご安心を。まだ考えていないそうです。それよりむしろ、ソロの活動を頑張りたいという思いがかなり伝わってきますね。

 

卒業はまだ考えておりません。。
AKB、NGT、ソロ、とそれぞれの活動を全力で頑張ります!全部頑張るのは大変だけど、とってもやりがいを感じていて、必ず将来にも繋がると思っています😌
これからも皆さんと一緒にいろんな楽しいことを共有していきたいです😊
今後ともどうぞ宜しくお願いします!

柏木由紀は、総選挙の辞退はするけど、とくに卒業を考えているわけではないようです。総選挙辞退っていうと、卒業を連想させてしまうので少々ヒヤッとしたファンの人も多いと思いますが、そうではないみたいなので安心しました!

辞退した他のメンバー

ちなみに、柏木由紀や山本彩以外にも、総選挙を辞退したメンバーがいました。2017年のAKB総選挙を辞退したメンバーはこちら!

<AKB48>(前回順位)
入山杏奈(18位)
柏木由紀(5位)
木崎ゆりあ(37位)
田名部生来
村山彩希
谷優里
濵松里緒菜
福地礼奈

<SKE48>
後藤理沙子
二村春香(49位)

<NMB48>
上枝恵美加
木下百花
村中有基
矢倉楓子(33位)
山尾梨奈
山本彩(4位)

<HKT48>
井上由莉耶(48位)
兒玉遥(9位)
駒田京伽(60位)
筒井莉子

<JKT48>
近野莉菜

意外にもこんなに出馬しないメンバーがたくさんいますね。柏木由紀と山本彩の辞退に加え、HKT48の兒玉遥も辞退を決意。そして、最近、美人すぎるアイドルとして話題になっている入山杏奈も総選挙に出ないことを表明していました。

なお、入山杏奈は動画をTwitterにあげています。卒業するのかなと心配の声もあるようです。たしかに、入山杏奈といえば、写真集の売れ行きもすごそうですし、ソロでも十分やっていけますよね。これからの活動については特に述べていませんでしたが、こちらがそのTwitterにあがっている動画です。


最も美人なアイドル、AKB入山杏奈の写真集がエロすぎる!!

AKB総選挙を辞退する理由とは

柏木由紀と山本彩がAKB総選挙を辞退したことも衝撃ですが、その他のメンバーが辞退した理由も気になりますよね。では一部メンバーを抜粋して、AKB総選挙を辞退した理由を見てみましょう。

兒玉遥が辞退した理由

はるっぴこと兒玉遥は、2016年では9位にランクインしているにも関わらず、2017年のAKB総選挙は辞退しました。

どうやら兒玉遥は精神的に辛い状況で、総選挙どころではなかったようです。なお、1月に開催された握手会のあとにはこのようなツイートを投稿していました。

そして、2月末にはこのようなツイートを投稿しています。

なお、以降はしばらくツイートがなく、しっかりお休みをしていたようです。

谷優里が辞退した理由

AKBの谷優里は、AKB総選挙を辞退した理由は学校行事だと言われていましたが、実際は違うようです。

なぜ違うのかというと、2017年5月に谷優里はAKBチーム8劇場公演にて、卒業をすることを発表したからです。要するに卒業が理由だったようです。

卒業する理由は「小学校の先生になりたいから学業に専念する」ということでした。柏木由紀や山本彩とは違った理由での辞退ですが、これも自分の将来のための辞退だったようです。

指原莉乃と渡辺麻友「ラスト」の総選挙!

今回の総選挙をもって最後と表明したのは、指原莉乃と渡辺麻友。ツートップが今年で最後となると、もうAKB48終わりじゃないですか!と不安になってしまいます。今までのトップ4人がいなくなってしまうと思うと、AKB48にもかなり支障をきたすのではないでしょうか。

指原莉乃と渡辺麻友が「ラスト」と宣言しているからこそ、今年はAKB48にとって節目の年になると言われています。では、それぞれのTwitterを覗いてみましょう。

指原莉乃のTwitter

ちなみに、指原莉乃も柏木由紀や山本彩と同様に、Twitterにて総選挙について触れていました。

指原莉乃は、2017年にさいたまスーパーアリーナで行われたHKT48の単独コンサートにて、今年が最後の総選挙になることを発表しました。今村麻莉愛から来年の総選挙に出ないことを聞かれた際、「本当に最後にしようと思ってる!もう9回出たから」と答えていました。また、バラエティ番組「ワイドナショー」に出演した際も、「出るなら今年最後」と堂々と宣言。ここまで公の場で公言しているので、本当に最後となるでしょう。

また、ネット配信「SHOWROOM」でファンの前に登場した指原莉乃は、今年を最後とした理由を明かしていました。「後輩のためではない。順位が変わらない、若い子にチャンスをあげてと言われ疲れた」と。たしかに、ここしばらく指原莉乃の1位は不動ですし、その他のメンバーの順位もほとんど変わってないですよね。その分きっと多くの方から出馬するな、立候補しないでと言われ続けたのでしょう。

総選挙1位の指原莉乃

そういうのも含めての「最後」という理由だったようですね。また、卒業についても、「別に卒業するってわけじゃなくて、本当に考えていなんだけど」と完全に否定。「自分が楽しいうちに終わりたい、それが私の中で今年なんだと思います」と語っていました。もう飽きたというところもあるのではないでしょうか。

指原莉乃の活動はきっとAKB内よりもバラエティ番組での活動が大きいでしょうし、そっちの方が内心楽しい部分もあるでしょうね。そうなると、総選挙は楽しいままで終わりたいという気持ちもあるのでしょうね。ちなみに、指原莉乃の総選挙の順位はこんな感じでした!

第1回(09年):27位
第2回(10年):19位
第3回(11年):9位
第4回(12年):4位
第5回(13年):1位
第6回(14年):2位
第7回(15年):1位
第8回(16年):1位

スキャンダルもありましたが、それにも負けずに着実に順位を伸ばしている指原莉乃。バラエティ番組での活躍が多いのも、総選挙の順位に大きく影響しているのかもしれませんね。

渡辺麻友のTwitter

まゆゆこと渡辺麻友も、今回の総選挙がラストになることを表明しました。

1位を取った経験もありますし、常にAKB48のトップにたつメンバーですよね。渡辺麻友といえば、始めの第一回総選挙から出馬していたので、今年で最後という報告に多くのファンが悲しんでいるのではないでしょうか。ここ数年、ひたすら指原莉乃との対決となっていましたよね。今年も同じくという感じですかね。2人とも最後の総選挙になるので、悔いのないよう終えたいところでしょう。

総選挙の渡辺麻友

ちなみに、渡辺麻友の卒業について噂されていますが、本人の公式のTwitterには、卒業について全く触れていませんでした。今回総選挙を辞退した山本彩も柏木由紀も、そして今年で最後にすると言った指原莉乃もそれぞれ卒業のことを述べています。

きっと総選挙を辞退する、最後にするという覚悟は卒業に近いからでしょう。他のメンバーが「卒業予定はない」と否定している中で、まゆゆからのそのような発言はないので、もしかしたら、今回の総選挙の場で卒業を発表するかもしれないですね。まゆゆと指原莉乃が総選挙に出ないとなると、総選挙の投票率はかなり下がること間違いなしですね。今後がどうなるか不安ですね。

ちなみに、渡辺麻友の順位はこんな感じです!

第1回(09年):4位
第2回(10年):5位
第3回(11年):5位
第4回(12年):2位
第5回(13年):3位
第6回(14年):1位
第7回(15年):3位
第8回(16年):2位

つねに上位5位以内には入っているのはさすがですね!

AKB総選挙辞退=「卒業」ではない

AKB総選挙を辞退する=卒業するという意味に捉えられてしまう人も多いようですが、山本彩や柏木由紀が卒業しないと公言している通り、AKB総選挙を辞退するのは卒業を意味しているわけではありません。指原莉乃も、2018年は出ないけど卒業はないと言っており、辞退=卒業ではないと公言しています。

なお、総選挙に出ないということは、次のシングルの参加権を放棄するということであり、その分時間ができるということになります。そしてその時間を、ひとりの仕事につぎ込むことができるため、グループとしての活動よりも、山本彩のようにソロの活動に力を入れたいメンバーが辞退を考えるのかもしれません。

今年のAKB選抜総選挙は沖縄で開催!

2017年6月17日に開催が決定された49thAKB48シングル選抜総選挙。今年はなんと沖縄で開催する予定だそうです。沖縄県豊見城市の豊崎海浜公園・“豊崎美らSUNビーチ”にて開催。ちなみに、一部のファンからはこのような予想順位が出ていました。

1位 指原莉乃
2位 渡辺麻友
3位 松井珠理奈
4位 宮脇咲良
5位 須田亜香里
6位 向井地美音
7位 松村香織
8位 武藤十夢
9位 横山由依

本当なら柏木由紀と山本彩がこの中に入っていたのは間違いないでしょうね。

AKB整形モンスター宮脇咲良、目と鼻とアゴをアップデート?

柏木由紀&山本彩辞退後のAKB総選挙順位

では、柏木由紀と山本彩が辞退して話題となった、2017年AKB総選挙の実際の順位を見てみましょう。

1位 指原莉乃
2位 渡辺麻友
3位 松井珠理奈
4位 宮脇咲良
5位 荻野由佳
6位 須田亜香里
7位 横山由依
8位 惣田紗莉渚
9位 岡田奈々
10位 北原里英

2016年のAKB総選挙では圏外だったり、かなり順位低かったメンバーが一気に追い上げてきているのが目立ちますね。予想もあながち外れてはいなかったようですが、意外なメンバーが追い上げてきているので驚いた人も多かったのではないでしょうか。

もし、柏木由紀や山本彩が辞退せずにAKB総選挙に参加していたら、また少し違った順位になっていたことでしょう。

元AKB平嶋夏海の2017年カレンダーが過激でエロい

まとめ

山本彩と柏木由紀がAKB総選挙を辞退したのは衝撃的でしたが、それぞれに理由があり、葛藤して納得した結果の辞退だったので、それはそれでよかったのかもしれません。とくに卒業を考えているというわけでもないようなので、総選挙辞退は残念に思われても、ファンの人にとっては安心したのではないでしょうか。

また、山本彩と柏木由紀のふたりが抜けたことで、新たに上位にランクインできたメンバーもいますし、世代交代の風が吹き込んでいるようにも思えます。

2018年は、山本彩と柏木由紀に加え、指原莉乃と渡辺麻友という2TOPが総選挙不参加となります。きっと2017年以上に波乱の総選挙となるでしょう。果たして2018年はどんな結果になるのか楽しみですね。