【2017】第11回声優アワード投票開始!【予想】

文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


声優業界の年一ビックイベント!2017年度(第11回)声優アワードの一般投票が10月1日よりスタートしました!
主要各賞の歴代授賞者を振り返りながら、今回の受賞者を予想してみます。

声優アワードとは…

業界最大の顕彰式

声優アワードとは、年度ごとに「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える業界最大の顕彰式です。

2006年から始まり、今回で11年目となります。これまでに「海外ファン賞」が廃止になったり、新たな部門が設立されたりと変更はありますが、現時点での授賞部門はこのようになっています。
————————————–
【第1群】
主演男優・女優賞
助演男優・女優賞
新人男優・女優賞
歌唱賞
パーソナリティ賞
最多得票賞

【第2群】
特別功労賞
功労賞
シナジー賞
富山敬賞
キッズ・ファミリー賞
高橋和枝賞
声優アワード特別賞
————————————–

第1群の各賞については、一般投票による集計結果を参考に、声優アワード実行委員会によって一次選考&二次選考を行います。
第2群の各賞は、声優アワード実行委員会が選出するため、一般投票はありません。

第1群の方が目立ちがちではありますが、
“その1年間の間、最も「声優という職業を各メディアを通じて多く広めた」男性・女性に贈られる”
富山敬賞・高橋和枝賞など、第2群も毎年見逃せません。

google imghp (41532)

http://sharetube.jp/article/7287/

第十一回声優アワード

今回で11回目を迎える声優アワード。2016年10月1日から11月30日までの2ヶ月間で一般投票を行い、その集計結果を基に、声優アワード実行委員会が選考を行います。
受賞者発表及び授賞式は来年2017年3月18日に開催されます。

同時開催となる、「第十一回声優アワード新人発掘オーディション」にも注目が集まっています。
声優アワード実行委員会・事務局が運営と管理をするオーディションということで、新たな「新人声優の登竜門」となりつつあります。過去の合格者としては“みかしー”こと三上枝織が活躍していますね。

一般投票 詳細

【投票期間】
2016年10月1日(土) ~ 2016年11月30日(水)

【表彰対象】
2015年12月1日(火)~2016年11月30日(水)の期間に、

・新作としてTV放送された作品(新作エピソードが放送された作品も含む)
・リリースされたDVDまたはビデオ作品
・初めて上映もしくはネット配信された作品
・ゲームとして発表された作品

【投票部門】

「主演男優賞」
「主演女優賞」
 対象期間中に発表された作品の中で主演として活躍された声優(役柄ではなく、ご本人の性別)

「助演男優賞」
「助演女優賞」
 対象期間中に発表された作品の中で助演として活躍された声優(役柄ではなく、ご本人の性別)

「新人男優賞」
「新人女優賞」
 下記の条件を満たすもの
  (1)原則として、声優としてのデビューが5年以内の声優
  (2)対象期間中に「新人賞」を取るにふさわしい、特に目立った活躍をされた声優

「歌唱賞」
 声優自らの名前もしくは演じている役名で歌唱を発表された声優

「パーソナリティ賞」
 声優自らの名前もしくは演じている役名でラジオ、webラジオ、TV、その他の番組でパーソナリティとして活躍された声優

「最多得票賞」
 すべての部門の票を合計し、最も多くの票を集めた声優

過去の受賞者

主演男優賞

第1回  福山潤
第2回  宮野真守
第3回  神谷浩史
第4回  小野大輔
第5回  (該当者なし)
第6回  平田広明
第7回  梶裕貴
第8回  梶裕貴
第9回  小野大輔
第10回 松岡禎丞

主演女優賞

第1回 朴璐美
第2回 平野綾
第3回 釘宮理恵
第4回 沢城みゆき
第5回 豊崎愛生
第6回 悠木碧
第7回 阿澄佳奈
第8回 佐藤利奈
第9回 神田沙也加
第10回 水瀬いのり

助演男優賞&助演女優賞

※第1回&第2回については「サブキャラクター賞」

第1回 (2006)
石田彰・宮田幸委
小清水亜美・後藤邑子

第2回 (2007)
小野大輔・神谷浩史
釘宮理恵・斎賀みつき

第3回 (2008)
井上和彦・杉田智和  
遠藤綾・沢城みゆき

第4回 (2009)
浪川大輔・三木眞一郎 
井上喜久子・堀江由衣

第5回 (2010)
岡本信彦・中井和哉  
新井里美・伊藤かな恵

第6回 (2011)
木村良平・宮野真守  
加藤英美里

第7回 (2012)
小野友樹・諏訪部順一  
大原さやか・戸松遥

第8回 (2013)
細谷佳正       
石川由依

第9回 (2014)
小西克幸・森川智之  
沢城みゆき・花澤香菜

第10回 (2015)
鈴村健一・細谷佳正  
伊藤静・早見沙織

新人男優賞&新人女優賞

第1回 (2006)
柿原徹也・森田成一 
鹿野優以・平野綾

第2回 (2007)
羽多野渉・代永翼 
加藤英美里・小林ゆう

第3回 (2008)
岡本信彦・梶裕貴 
阿澄佳奈・戸松遥

第4回 (2009)
阿部敦・前野智昭 
伊藤かな恵・豊崎愛生

第5回 (2010)
内山昂輝     
金元寿子・佐藤聡美

第6回 (2011)
江口拓也・松岡禎丞 
茅野愛衣、三上枝織

第7回 (2012)
島﨑信長・山本和臣 
石原夏織、大久保 瑠美


第8回 (2013)
石川界人・山下大輝 
内田真礼

第9回 (2014)
逢坂良太・斉藤壮馬・花江夏樹 
雨宮天・上田麗奈・洲崎綾

第10回 (2015)
梅原裕一郎・武内駿輔・村瀬歩 
上坂すみれ・高橋李依・田中あいみ

歌唱賞

第1回 (2006) 
水城奈々

第2回 (2007) 
平野綾、加藤英美里、福原香織、遠藤綾

第3回 (2008) 
中島愛

第4回 (2009)
 放課後ティータイム

第5回 (2010)
 茅原実里

第6回 (2011)
 ST☆RISH

第7回 (2012)
 後ろから這いより隊G

第8回 (2013)
 宮野真守

第9回 (2014)
 μ's

第10回 (2015)
 i☆Ris

最多得票賞

第6回 (2011) 神谷浩史
第7回 (2012) 神谷浩史
第8回 (2013) 神谷浩史
第9回 (2014) 神谷浩史
第10回 (2015) 神谷浩史

→「殿堂入り」

5年連続で殿堂入り!
【最多得票賞】
神谷浩史さん
パーソナリティ賞

第1回 (2006)
 浅野真澄

第2回 (2007)
 鈴村健一

第3回 (2008)
 神谷浩史

第4回 (2009)
 小野坂昌也

第5回 (2010)
 豊崎愛生

第6回 (2011)
 井口裕香

第7回 (2012)
 岩田光央

第8回 (2013)
 (該当者なし)

第9回 (2014)
 小野大輔・神谷浩史

第10回 (2015)
 鈴村健一

2017年はどうなる?

今年本当に予想しづらいです。2016年度のテレビアニメはどうも「大当たり」が無く、パッと思いつくような主役キャラクターも少ないです。新人声優の活躍も印象は薄く、やはり歴代のベテラン声優陣が手堅く様々な作品のキャラクター枠を分け合っているイメージ。

あくまで個人的な感覚ですが、人気が高く、話題になることも多かったテレビアニメ(続編は除く)としては、

【冬】
僕だけがいない街
だがしかし
昭和元禄落語心中
この素晴らしい世界に祝福を!
亜人
【春】
僕のヒーローアカデミア
Re:ゼロから始める異世界生活
文豪ストレイドッグス
甲鉄城のカバネリ
【夏】
はんだくん
モブサイコ100
【秋】
・・・

といった具合でしょうか。
(子供向けと極端な腐向けには疎いです…)

この素晴らしい世界に祝福を!

Re:ゼロから始める異世界生活

歌唱賞として可能性が高いのはオリコンでも目立っていた『マクロスΔ』のワルキューレ「いけないボーダーライン」あたりでしょうか。マクロスシリーズは歌で勝負してるところもありますよね。

ジャンルが似ていることもあってか、“このすば”と“リゼロ”はセットで2016年のオススメアニメに挙がる印象ですが、両方で主要キャラをつとめた高橋李依は、第10回にて新人女優賞を授賞しているので、今回は主人公だった福島潤や小林裕介の主演賞ノミネートが見えてくるのでしょうか。うーん、なんとも言えないです。

パーソナリティ賞は、今年は目立ったアニラジも思いつかないので、西明日香や上坂すみれ、佐倉綾音など、ラジオの面白さに人気がある女性声優がノミネートされるか、もしくは田村ゆかりや堀江由衣等、長寿番組を持つ声優が授賞するかもしれないですね。

これから秋アニメも始まります。
残り数ヶ月で、確実に授賞が見えてくるようなビックタイトルが現れるか期待です。
投票スタートを受けて、これから声優ファンの中でも受賞者予想が加熱していきそうですね。随時更新していきます!


ページトップへ