2017年冬ドラマの視聴率と感想まとめ

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月から新たにスタートした冬ドラマ。今回はゴールデンタイムで取り上げられているドラマをいくつかピックアップし、ドラマの感想とともに視聴率を発表します。中でも面白いのはどれでしょう??

(月)21時~フジ 「突然ですが、明日結婚します」

「突然ですが、明日結婚します」

「突然ですが、明日結婚します」

キャスト:西内まりや、山村隆太(flumpool)via google imghp

初回視聴率 8.5%

 1月18日より開始したドラマ。前回の月9に引き続き、視聴率はあまり伸びませんでしたね。むしろ、月9の視聴率は呪われているのかというほど、以前のように、高い視聴率を出すことはそうそうないですね。ただし、今回は、わりと月9の中でも違う印象を見受けました。というのも、月9といえば、キラキラしていて人気俳優陣が選ばれる枠。しかし、実際にドラマを拝見し、多くの方が「この人誰?」と思われた方が多いと思います。今回は、そのヒロインに女優の西内まりやが抜擢。さらに、相手役にはアーティスト・flumpoolの山村隆太。そして、その他のキャストも、ミュージカルイケメン俳優として人気の山崎育三郎やモデルの中村アンなど。つまり、すごく有名なベテラン俳優陣ではなく、あえてこういったキャスティングを組んだのかなと思われます。

 ドラマの内容は、結婚願望の強い高梨あすか(西内まりや)と結婚願望が全く無い名波竜(山村隆太)のラブストーリー。最悪な出会いからの展開がとても早く描かれており、少々リアリティーに欠けると思われますが、2人のラブシーンに胸キュンする視聴者が続出!中でも、初回の不意のキスシーンや名波竜の思いやりあふれるシーンが話題を呼んでいるとか。今後の2人のシーンに注目ですね!また、新たな俳優陣たちの演技にも期待したいですね。

(火)21時~フジ 「嘘の戦争」

「嘘の戦争」

「嘘の戦争」

キャスト:草なぎ剛、藤木直人、水原希子、菊池風磨、山本美月via google imghp

初回視聴率 11.8%

第2回視聴率 12.0%

第3回視聴率 11.3%

 すでに現在3話を迎えているドラマ。第2回は12.0%、第3回は11.3%と、安定した数字が取れています。特に関西放送では、15.0を超えるほどの数字が出ているそうです。初回の視聴率を第2回目の視聴率が上回ることはとても珍しいことのようで、いかに、視聴率を引きつけているかがわかりますね。

 ドラマ「嘘の戦争」は、スリル満点かつ、展開がとてもテンポよくスピーディーにまわっていくので、見ている方は面白いはず!ストーリーは、草なぎ剛演じる浩一の復讐劇。家族を失った主人公が次々と、事件の関係者を貶めていく。主人公を巡る三角関係や詐欺師としての騙しっぷりなど、緊迫感のある内容に仕上がっています。復讐シリーズは、やはりストーリーがきちんとこねられていて、内容もしっかりしているように思えました。視聴者も思わず見入ってしまうような主人公の本音や恨みがグサッと突き刺さるような、見ているこっちも腹が立って同情してしまうようなドラマです!次の4話も気になりますね。

(火)22時~TBS 「カルテット」

「カルテット」

「カルテット」

キャスト:松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平via google imghp

初回視聴率 9.8%

第2回視聴率 9.6%

 音楽を奏でる者たちが集まり、4人で織りなすストーリー。こちらも、第2話の放送を終えたばかりで視聴率の数字に大きい変動は見られませんでした。主題歌の『おとなの掟』をドラマの終わりにDoughnuts Hole(キャスト4人)が歌っているのがとても印象的でした。4人とも歌が上手く、中でも女性陣の松たかこと満島ひかりの声がいい味を出しています。満島ひかりといえば、カロリーメイトのCMにて「ファイト」を歌い、歌唱力が話題にもなりましたね。今回のドラマは、拝見していてとても不思議に感じました。4人のゆったりとしたテンポに、また、ゆったりと流れていく時間に相反して、初回の終わりかけで「こういう物語になっていくのか」と理解しました。
 
 ストーリーは、4人がドーナツホールとしてカルテットを結成し、共同生活を送る中、満島ひかり演じる世吹すずめが巻真紀の本性を暴いていく。中でも、満島ひかりの発言がとても面白く、4人の会話劇が注目されています。1つのネタにここまで熱く語るか、と少々くどいと思ってしまうほど、セリフも個性的なものばかりです。今後の4人の関係性の変化にも注目したいですね。そして何より、巻真紀の隠している嘘が、、、、どうなるのかも気になりますね。

(水)22時~日テレ 「東京タラレバ娘」

「東京タラレバ娘」

「東京タラレバ娘」

キャスト:吉高由里子、大島優子、榮倉奈々、坂口健太郎、鈴木亮平via google imghp

初回視聴率 13.8%

第2回視聴率 11.5%

 もともと、原作は大人気漫画。そこからドラマ化し、つい先日には2回目の放送を終え、11.5%をマーク。キャストには吉高由里子、榮倉奈々、大島優子と、誰が主役でもおかしくないような豪華女優陣。前回の水曜22時日テレドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」に引き続き、今回も女子層をターゲットにしたドラマになっています。30歳を迎え、恋愛に疎くなってしまい、常に「~だったら、~すれば」とぼやく3人娘達のラブストーリー。他キャストには鈴木亮平、坂口健太郎、田中圭が抜擢されており、相手役も全員豪華ですよね。特に、坂口健太郎の金髪姿に多くの女子が黄色い声援を送っています。
 
 ドラマを拝見した多くの女子が、「まさに私いまこの状態」とつぶやく姿が多く見られました。「~だったら、~すれば」とつい言ってしまいますよね。挙句の果てには、何も努力していないのに、彼氏が欲しいと言ってしまったり。このドラマには、彼氏がいない方にグサッと刺さるような言葉がたくさん。中でも坂口健太郎演じるKEYのドSな言葉が胸にしみるとか。ぜひ、キラキラ女子になりたい方は必見!このドラマを見て、この3人娘たちにならないように磨いていきましょう!

(木)21時~テレ朝 「就活家族~きっと、うまくいく~」

「就活家族~きっと、うまくいく~」

「就活家族~きっと、うまくいく~」

キャスト:三浦友和、黒木瞳、前田敦子、工藤阿須加via google imghp

初回視聴率 11.0%

第2回視聴率 9.4%

 就活をお題にしたドラマ。このドラマといえば、薬物疑いをかけられ、芸能界を引退してしまった俳優の成宮寛貴も出演する予定だったドラマです。初めてこのドラマを拝見して率直に思った感想としては、とても暗いです。ただし、就活・働くといったテーマを観点にしているので、より現実味が溢れており、共感できる部分は多々あります。実際に行われる就活の実態や、会社内でのリストラやセクハラなど、とにかく闇が深い家族のように思えました。1つの社会的なテーマから展開されていく一家の物語なので、ぜひ参考がてらに観てみて下さい。
 
 ストーリーは、就活に明け暮れ、高い就活塾に入る長男(工藤阿須加)、社内でのセクハラに悩む長女(前田敦子)、会社で様々な問題に巻き込まれるサラリーマン(三浦友和)など、それぞれが複雑な問題を抱えて悩んでいる富川家の話。この状況に自分と重ね合わせて、ドラマに思わず見入ってしまうかも、、?

(木)22時~フジ 「嫌われる勇気」

「嫌われる勇気」

「嫌われる勇気」

キャスト:香里奈、椎名桔平、加藤シゲアキvia google imghp

初回視聴率 8.1%

第2回視聴率 6.4%

第3 回視聴率 6.6%

 約5年ぶりに連続ドラマに出演する香里奈が主演のドラマ。第2回目は6.4%、第3回目は6.6%の視聴率をマークし、初回の視聴率に比べると、かなり下回ってしまった模様。原作は、大ベストセラーとなっている「嫌われる勇気」を刑事ドラマ化したもの。ストーリーは一般的な刑事ドラマと同様、一話一話で話が完結しているので、見逃しても大丈夫な展開になっています。

 ストーリーは、刑事の庵堂蘭子(香里奈)が加藤シゲアキ演じる新人刑事の青山年雄とタッグを組み、事件に迫っていく。中でも、ドラマ内に出てきた「アドラー心理学」というワードがキーポイントとなっていました。題名通り、香里奈演じる庵堂蘭子は、他者の視線に惑わされることなく、「私は私、あなたはあなた」と自分の意見をハッキリ言えるヒロイン。視聴者としては、清々しい気持ちになれました。主人公に振り回される加藤シゲアキとヒロインのコンビにぜひ注目して観てみて下さい。

(金)22時~NHK 「お母さん、娘をやめていいですか?」

「お母さん、娘をやめていいですか?」


「お母さん、娘をやめていいですか?」

キャスト:波瑠、斉藤由貴、柳楽優弥、寺脇康文via google imghp

初回視聴率 5.0%

第2回視聴率 5.8%

 このドラマは、他のドラマ枠とは違い、金曜日の夜にNHKで放送されているドラマ。そして、まず、こちらを拝見し、題名からしてゾッとしてますよね。初めて見た時は、「こういう親子いそうだな」とつい思ってしまいました。ぜひ、お母さんと仲の良い娘が一緒に観ると、息を呑んでしまうと思います。とても面白かったです。。

 ストーリーは、斉藤由貴演じる顕子とその娘の美月(波瑠)を中心に、展開されていきます。恋人のように仲の良い親子でしたが、柳楽優弥演じる松島と出会い、美月が母親との間に距離を置き始め、親子関係が徐々に変わっていく。拝見して、「ここまでする母親、怖い」と悲鳴をあげてしまうほど、ゾクッとした人間関係に迫った物語になっています。母親という1番近い存在だからこそ、考えてしまいますね。ぜひ、仲の良い親子で見て感想を述べあってみて下さい。

(金)22時~TBS 「下克上受験」

「下克上受験」

「下克上受験」

キャスト:阿部サダヲ、深田恭子via google imghp

初回視聴率 10.9%

第2回視聴率 10.6%

 実話を元にしたドラマ。第2回の放送を終え、大して数字は大きく変わらず、10.6%をマーク。物語は、桜井家の受験を題材にしています。今受験シーズン真っ只中だからこそ、共感を持てる方が多いのでは無いでしょうか。ただし、ストーリーは偏差値が41と、とてつもなく低い娘の佳織が進学塾に通わずに、中卒の父(阿部サダヲ)と中卒の母(深田恭子)と共に、桜蔭中学を目指して、励む。阿部サダヲと深田恭子のおバカキャラに思わず、笑ってしまうストーリーです。娘の受験に家族全員で向き合い、家族までもが大きく変わっていくといったリアリティーあるドラマです。ちなみに、これは原作者である桜井信一さんの実体験をもとに描かれた話なので、拝見した方はぜひ参考になるでしょう!

(金)23時~テレ朝 「奪い愛、冬」

「奪い愛、冬」

「奪い愛、冬」

キャスト:倉科カナ、三浦翔平、大谷亮平、水野美紀via google imghp

初回視聴率 6.6%

 あの人気ドラマ「不機嫌な果実」のスタッフが集結して作られたドラマ。恋愛関係に交わるドロドロの不倫、騙しが視聴者の心を掴みます。このドラマを拝見したとき、なんともドロドロ過ぎて、見ていていつの間にか疲れてしまいました。現実でこんな酷い女がいるのかと、疑ってしまうほど、悪い女がたくさん登場。多くの方が期待して臨んだドラマでしたが、思いの外、あまり宜しくない感想が多かったように見受けられました。ありえない復讐や罵声などに少し呆れ、古臭い、昼ドラみたいとつぶやく方が多かったです。たしかに、主人公とその元カレとの不倫シーンは韓流ドラマのような雰囲気があり、ただドロドロしているとしか思えませんでした。「不機嫌な果実」は、もっとドロドロの中にも胸がキュンとしたり、ゾクゾクしたりするシーンや「いかにもこのような関係、周りでいそうだな」と思えるシーンがありましたが、今回のドラマはそこに欠けているようでした。ただし、倉科カナの可愛さや三浦翔平のカッコよさがたっぷりと溢れているので、ぜひその2人に癒やされて拝見して下さい。今後のさらなるドロドロ劇にも注目を。

(土)21時~日テレ 「スーパーサラリーマン左江内氏」

「スーパーサラリーマン左江内氏」

「スーパーサラリーマン左江内氏」

キャスト:堤真一、小泉今日子、島崎遥香via google imghp

初回視聴率 12.9%

第2回視聴率 9.6%

 堤真一に、小泉今日子、そして、ムロツヨシなど豪華な俳優陣が出演するドラマ。拝見した率直な感想を言うと、土曜21時という幅広い世代の方が拝見している時間帯として、健康的なドラマです。最後のエンディングでは、キャスト一同が主題歌(三代目のJ Soul Brothersの『Happy』)にのせて踊っています。いかにも前回話題となって恋ダンスのパクリですよね。ただ、視聴者からは、「このダンス、難しすぎて踊れない」という声が。これから流行るダンスになるでしょうか。
 
 ストーリーは、平凡なサラリーマンである左江内がある日、ある男からスーパーヒーローを引き継がされ、様々な問題に関わって、解決していく。少し、題材も前回のドラマ『レンタル救世主』に似ているような感じがします。スーパーヒーローといった、子どもに近い内容になっているので、家族で愉しめるドラマとなっています。ぜひ、土曜日の夜に家族でゆっくりと楽しんでみてみて下さい!

(日)21時~TBS 「A LIFE ~愛しき人~」

「A LIFE ~愛しき人~」

「A LIFE ~愛しき人~」

キャスト:木村拓哉、竹内結子、松山ケンイチ、菜々緒、浅野忠信、木村文乃via google imghp

初回視聴率 14.2%

第2回視聴率 14.7%

 今回最も期待されていたドラマ。2017年の冬ドラマの中では、最高視聴率であう14.2%をマークし、第2話でも14.7%と、見事に初回視聴率を上回る数字が出ました。今回は、何としてもSMAPを解散して初の仕事である木村拓哉が主演となり、豪華なキャスト陣たちとともに制作しています。その意気込みはすごく、スタッフ全員に、ドラマのパーカーを配ったという噂が出ています。また、ヒロインには以前人気ドラマ「pride」で共演した竹内結子が出演し、その他には浅野忠信や松山ケンイチ、木村文乃など、まさに誰が主役でもおかしくないキャスティングが組まれています。まず、このキャスティングを拝見して、見たいと興味を抱く方が多かったと思います。

 ストーリーは、凄腕を持った木村拓哉がとある大病院で働くことになり、多くの命を救っていく。簡単に言えば、医療ドラマです。内容としても、主人公を取り巻く関係者、それぞれが抱く問題に焦点が当てられており、とても面白かったように思えます。ただし、木村拓哉としては、最低視聴率の数字のようで、期待していた数字ではなかったとか。これからどのように挽回していくのか気になりますね。

(日)21時~フジ 「大貧乏」

「大貧乏」

「大貧乏」

キャスト:小雪、伊藤淳史via google imghp

初回視聴率 7.7%

第2回視聴率 4.4%

第3回視聴率 4.8%

 第3回目の放送も終え、視聴率の数字に悩んでいるドラマ。初回は、7.7%でおさまったものの、2回目以降は、4.4%と4.8%と、大きく下がってしまったようです。拝見する以前から抱いていた期待値と拝見してからの感想に大きく差があったのでしょうか。題材は、小雪演じるシングルマザーが倒産した会社から返金を求める内容。ただのシングルマザーと、そのシングルマザーを好きになるストーリーではないので、ストーリーは練ってあると思います。子どもを抱えながら、働くといった姿も、また、その会社に訴える姿も現実味のあるように思えました。視聴者からは、題名に疑問を抱く方が多かったようです。タイトルが「大貧乏」とあるため、内容も一生懸命働く姿を描いているのかと思いきや、伊藤淳史演じる弁護士との掛け合いのシーンが多く、大貧乏といったワードがあまり、頭に浮かばないように思いました。ただ、ストーリーの展開はテンポよく進んでおり、とても面白い内容となっています。

(日)22時30分~日テレ 「視覚探偵 日暮旅人」

「視覚探偵 日暮旅人」

「視覚探偵 日暮旅人」

キャスト:松坂桃李、濱田岳、住田萌乃、多部未華子via google imghp

初回視聴率 11.2%

 原作小説『探偵・日暮旅人』シリーズをドラマ化したもの。聴覚、臭覚、味覚、触覚と五感のうち、視覚だけを持っている男、日暮旅人が、探偵となって事件に迫っていく。堤幸彦の演出に期待が寄せられていたドラマです。ドラマを拝見した視聴者の中では、予想外にも面白かったと感じる人と同時に、退屈で値落ちしてしまったと感じる人もおり、両極端な感想が集まりました。2時間スペシャルが以前放送されていたので、その続きとして楽しみに待っていた視聴者が多かったように思います。期待していたものと異なり、少し、がっかりと感じる人も多かったようですね。ただし、ドラマ内での松坂桃李がかっこいいと多くからはいわれているので、ぜひ注目してみて下さい。


ページトップへ