【2017】センター試験出来事まとめ

文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今年も大学受験生にとって非常に大切な共通一次試験であるセンター試験が終わりました。天候、不正、試験問題が問題、等々…毎年の事ながら何かしら問題が起こるこの2日間、今年は果たしてどんな出来事があったのでしょうか。

2017年1月14、15日、センター試験が行われました。全国のフレッシュな高3生と熟練の浪人生がしのぎを削るこの2日間、いかがお過ごしでしたでしょうか。今年も例年通りセンター試験にまつわる色々な出来事があったようです。
来年以降に受験を控える方も、受験が遠い過去となった大人の方も、受験とかしてないwという方も、2次試験を控えたこのタイミングでまさか当サイトを見てはいないとは思いますが当事者の受験生の方も、未来と過去に思いを馳せながら読んでみてくださいね。

受験生の天敵、雪

センター試験と聞くと、受験生たちが雪の中を必死に試験会場に向かう映像をイメージする方も多いのではないでしょうか。今年もその雪がいかんなく猛威をふるい、多くの受験生を苦しめました。14日は強い寒波の影響で日本海側が大雪となり、さらに東北地方の一部では大雪警報が出るほど。交通機関の乱れの影響で、初日ですが試験の開始時刻を繰り下げる会場が出ました。翌15日はなんと過去10年で最大規模の繰り下げ。三重や広島など5府県12大学で試験場全体で1時間繰り下げられた他、遅刻した受験生ごとにも繰り下げる大学が続出したそう。

タクシーで会場まで代替輸送

そんな中、JR北海道の札幌行きの特急が車両の不具合で運休となりました。その影響を受けた滝川駅では、特急を待っていた受験生7人をタクシーで会場まで送ったそうです。購入済特急券はきちんと払い戻ししてくれるそう。気も休まらず正規の開始時刻に間に合ったかも分かりませんが、大雪の中なので会場まで送ってもらえたのはちょっとだけお得かもしれませんね。

勿論このようにまだ運の良い?受験生ばかりではなく、交通機関の遅れや運休で焦りながら自力で必死に会場まで向かった受験生も多くいたと思います。全員が実力を存分に発揮できたことを祈るばかりです。

センター=雪はジンクスか、それとも

そうなのか?やはりそうなのか?

高まる可能性

やっぱり発覚、不正行為

過去10年で最大規模は雪だけではありませんでした。不正行為の件数も12件と過去最高。12人の受験生が全科目無効となりました。試験監督のバイトをしたことがある方もいると思いますが、絶対バレるのにどうしてやってしまうのかと思いますよね・・・。
禁止されている電卓や定規の使用→挙動や道具そのものの発見でばれます。
試験終了後のマークシートの修正→これ実はめっちゃ目立ちます。試験監督的にも不正を検挙する重要ポイントで気を抜くどころかすごくよく見てます。
スマートフォンを使用して教科書の画像を見る→縦横5㎝以下とかのサイズのスマホだったのかな?
受験票を机の上に置くという監督者などの指示に従わない→どんなに机が狭くても決まりは守りましょう。もしくは別人が受験してたんでしょうか。

大人も子供も試験に不正はつきものなのかvia

試験問題、迷走?

あの人気者がセンターに登場

こやつは・・・!!受験生たちのSNSからあっという間に世間の話題となったのが、妖怪ウォッチのキャラクターのセンター試験への登場でした。妖怪ウォッチとは昨今小学生を中心に人気を博すゲームのタイトルで、今回センターに降臨したロボニャンの過去の姿?である作品の代表的な妖怪ジバニャンは、調査対象の世代によっては我らがピカチュウさんの人気を脅かす程の存在だということです。喜んでいる人もいるようですが、今年の受験生の年代からすると妖怪を初召喚するには少々早かったような気もしますね。もう何年か後なら受験生に与えるインパクトも今以上に大きく伝説級の騒ぎになっていたかもしれません。

国語は今年も受験生に揺さぶりをかけたか

@rudy_sur_insta)さんの投稿

そんなに話題になるようなことなんでしょうか・・・?もう一つ話題になった試験問題が国語です。なんでも子供が「おっぱい」という台詞を言う場面があったんだとか。

うーん、普段から小説など本を読んでいれば全然普通の表現だと思うのですが、18歳19歳の男子にとっては非常に重要なワードなのかもしれませんね。
またセンターの国語の問題文には過去にも「やおい」「パクツイ」などいわゆる試験問題としてはわりと先鋭的なワードやテーマが含まれて話題となってきており、受験生でなくても問題文は毎年読んでみる価値がありそうです。こんな感じで2017年のセンター試験は終了しました。受験生の皆さんはまだまだ気を抜けませんが、私大の試験や国公立の2次試験に向けて悔いを残さないよう頑張ってください。



ページトップへ