2017年!続きが読みたくなるおすすめマンガ!傑作3選!!

マンガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在発売されていて今後楽しみな3つの作品を紹介していきます。まずはプラチナエンド、次はブラッククローバー、最後が約束のネバーランドです。どれもおもろい作品です!ではこの3作はどういったものでしょうか?

ジャンプ系列が揃い踏み!

今後が楽しみなマンガ!!

クールJAPANの先駆けと言えば、アニメ、ゲーム、マンガだ。
特にマンガはアニメの原作にもなる大事な最初の発信源として日本だけではなく世界の多くの人から愛されています。アメリカや他の国はどちらかと言えばカラフルなヒーロー系が多いのですが日本のマンガは年代によって主人公のスタイルというのも変わってきてます。
ハードボイルドでカッコイイ一面を持ちながらギャグも忘れない「シティーハンター」や「キン肉マン」の様に二面性を併せ持つ80年代。

若くてシュッとした顔がカッコイイと少年漫画なのに女の子の方がハマった「幽遊白書」や「ハンターハンター」、「最遊記」などのイケメン主人公バトルマンガ主流の90年代。

90年代のバトル主流の年代から一変、ジャンルやどういった風に面白い設定を考えられるかという発想で縛りにとらわれないマンガが人気を集めた00年

そして、脱力系主人公から熱血主人公まで王道から邪道までどういったジャンルでも好きに書いていい、面白ければ評価され、面白くなければ叩かれるシビアな2010年代。

その2010年代を今後代表するであろう3作のマンガを紹介して行きたい。

プラチナエンド

プラチナエンド

プラチナエンド

プラチナエンド 大場つぐみ 小畑健via google imghpジャンプスクエアで連載中のプラチナエンド。
大場つぐみと小畑健のタッグで作られている最新作。大場つぐみと言えばデスノートやバクマンを手掛けた天才。もう一人の天才小畑健とこの爆発的ヒットを記録した作品を完成させた。
この天才二人が新たにタッグを組んで新たな作品を出したと最初の頃話題になって今回はどういったジャンルで攻めてくるのか?という憶測が飛び交った。
その中で、最強タッグが選んだジャンルは「新しい神の選抜戦」という王道と言えば王道のジャンルだ。しかし、そこはデスノートを手掛けた二人。
多くの伏線が張り巡らされている。1巻の天使に助けられた主人公

1巻の天使に助けられた主人公

天使からあるチカラを与えられる。via google imghp

あらすじ

主人公の架橋明日(かけはし みらい)は中学卒業と同時に自殺しようと決めていた。
幼くして両親と兄弟を車の事故で亡くし、叔父叔母に引き取られた明日は家畜同然の扱いを受けていた。
絶望した明日はマンションの屋上から「幸せになりたかった・・・」と言って飛び降りる。
地面が間近に迫った瞬間、体が宙に浮く感覚が伝わってきたのだ。持ち上げられる方に視線を上げると、そこにいたのはなんと天使だった!
天使は明日の幸せになりたかったという言葉で呼ばれたという。そして天使はあるチカラを明日に授けるから選べと言うのだ。
そのチカラとは、世界中どこまでも一瞬で飛んで行ける翼か、射抜けば33日間だけどんな人でも自分に惚れさせることのできる弓矢。
この2つの内どちらかを選べという。疑問を抱く明日だが意外な発想で選ぶ。
そして何故こんなことをするのか聞いた。すると驚きの返答が返ってきた。
なんと「次の神様を16人の天使たちが選んだ人間の中から決める」というのだ。
そこから始まるサバイバルバトル!果たして最後まで生き残るのは誰か!?デスノートのような心理戦、登場人物の心情などを深く描いてく大場と小畑のマンガらしい面白さが魅力の1作!
現在5巻まで発売しているがその面白さに激ハマりの読者が増えているとか!
これからが楽しみな1作だろう!

ブラッククローバー

ブラッククローバー

ブラッククローバー

魔法バトルマンガ!via google imghp週刊少年ジャンプで連載中のブラッククローバー。
個性豊かな登場人物と何事にも諦めない熱血系主人公の奮闘が魅力の魔法バトルマンガ!!
毎回、現れる強敵との戦いや突然訪れる意外な展開に心踊る人も多いのではないだろうか?
王道だが面白い。
飽きない内容に購読して行く読者が増えている!!ブラッククローバー

ブラッククローバー

魔法帝になるために王都の隊に入る!
親友の二人!via google imghp


あらすじ

魔法が使われ多くのことが魔法無しでは成り立たない世界。
王都に近いところで生まれ育った者が偉いとされる貴族中心の社会で魔法の力もそこで決まってしまう、不公平な世界。

主人公のアスタは孤児として血の繋がらない兄弟たち、面倒をみてくれるシスターと親友でライバルのユノと貧しくも楽しく王都から遠く離れた村に暮らしていた。

そんなアスタだが実は魔力が一切無く魔法を使う世界では生きていけないという烙印を押されるも、肉体を鍛えに鍛えあげて力で魔法に対抗しようと考えていた。
ユノはというとアスタとは正反対で天才と呼ばれるに値するほど魔力の才に富んでいた。

そしてアスタとユノは15歳になったある日、魔法を使うのに必要な本(グリモワール)を受け取ることになる。いわば成人の儀式の日、各個人に選ばれたグリモワールが与えられていく。
ライバルのユノは貴族以外、つまり平民からまず出ることのないと言われている四葉のクローバーが刻まれているグリモワールに選ばれる。

一方、アスタは魔力ゼロの人間。どのグリモワールにも選ばれないと思われたが・・・一冊。五つ葉のクローバーが刻まれたグリモワールがアスタの元に舞い降りた。
そのグリモワールは魔力を無効にする剣が召喚できるグリモワールだったのだ!

そこからアスタとユノはどちらが王国最強の魔法使い、「魔法帝」になれるかを良きライバルとして競い合っていくのだった。現在9巻まで発売されているブラッククローバー。
魔法の使えない落ちこぼれが王国一の魔法使い「魔法帝」になるために仲間と共に戦い成長していく王道アクションマンガ。
個性豊かな魔法を使う仲間と強大な敵に挑んでいく姿に夢中になるはず!
ブラッククローバー10巻は3月3日発売予定!

約束のネバーランド

約束のネバーランド

約束のネバーランド

ギリギリのラインをついていく駆け引きが必見!via google imghpこちらもブラッククローバー同様、週刊少年ジャンプで新連載のマンガ!
巻数もまだ2巻なのに話題沸騰のマンガであのこち亀の秋元先生も絶賛するくらい心理描写が上手いとのこと。
今後間違いなくジャンプの顔になると期待される1作だ。自分たちを実の子供の様に育ててくれたママ

自分たちを実の子供の様に育ててくれたママ

秘密を知ってしまった者をあぶり出していくママ・・・via google imghp

あらすじ

ある広大な土地の真ん中に建てられた孤児院、グレイスフィールドハウス。
そこに住むのは1才~11歳までの身寄りのない孤児たち。しかし、みんな不自由なく明るく楽しい毎日を送っていた。

主人公のエマは運動能力が高く仲間想いの11歳の女の子。そのエマと同い年で孤児院一頭がいいノーマンと同い年で博識のレイ。
いつも仲がよく孤児院最年長の3人。このグレイスフィールドハウスでは毎日テストと言われる難解な問題を解かなくてはならないが最年長の3人はいつもフルスコア(満点)。
他のみんなも尊敬する仲良し3人組だった。
そんなある日、孤児院では2ヶ月に一度のペースでやってくる里親が、その日もやって来ていた。妹のように可愛がっていたコニーが引き取られていく。寂しいけどこれはコニーとって幸せなことなんだと言い聞かせ見送るエマ。
コニーが去った後、テーブルを見てみるとそこにはコニーが大事にしていたウサギのぬいぐるみ、リトルバニーが置かれたままだった。
急いでリトルバニーをコニーに届けようと後を追うエマとノーマン。
普段は近づいてはいけないと言われ、固く閉められている外の世界と通じる門がその日はコニーを連れて行くために開かれていた。
恐る恐る門に入り、コニーを探しながら停まっていた荷車の中を見てみると・・・なんと無残に殺されたコニーの死体があったのだ!!
驚くエマとノーマンに近づいてくる巨大な陰。それは未だかつて見たこともない鬼と呼ばれる異界の化物だった!
一体この孤児院でなにが行われているのか?そして、この秘密を知ってしまった二人はどうなっていくのか?この思いがけない展開にのめり込んでいく人も多いハズ。
まだ2巻しか発売されていないが今後が楽しみな1作だ。

まとめ

この様に今でも面白いが今後さらにおもしろくなること間違いなしの作品を3つ紹介してきましたがいかがでしたか?
一見の価値がある作品だけに是非手にとってもらいたいものです。
他にも紹介しきれなかったマンガが多くあります。この漫画が気になったと思う方は躊躇せず読んでください。きっとハマるはずです。
ではでは、また会う日まで~!!



ページトップへ