CS準決勝で川崎が敗退!鹿島が決勝進出【サッカー】

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


年間2位のクラブが準決勝で散った。Jリーグチャンピオンシップクライマックスシリーズが開幕し、1位vs2位の決勝が見られるかと思いきや格下に敗退。川崎が鹿島に負けてしまった理由は?大島・中村・小林などの主力依存が問題か。

鹿島が1-0で川崎を下す

勝負強さのある鹿島アントラーズが最後に笑った。1stステージは飛ぶ鳥を落とす勢いで首位を獲得した鹿島は2ndステージでは突然の失速。川崎フロンターレとは勝ち点で大きく差があった。しかし、大舞台で力を発揮する力を今回も見せつけ、決勝への切符を掴んだ。鹿島のいつもの戦いができたようだ。エース金崎夢生にボールを集め、先制。無失点の守備陣は評価できる。観客から見れば、面白くない試合のようにも映るかもしれないが、「勝てる」試合を忠実に行った。特に圧倒的な攻撃力を誇る川崎の攻撃はほとんど見られず、押さえ込むことに成功した。

金崎夢生の得点が決勝点となり勝利した。山本がサイド際で1人をフェイントでかわす。中にいる金崎にドンピシャのクロスを上げた。ヘッドで冷静に押し込み、川崎のGKチョン・ソンリョンは手に触れるもクリアはできなかった。日本代表に選ばれる選手のレベルは違うことを証明した。観戦していたハリルホジッチ監督も好感触だったようで、「よかったら呼ぶ」と話した。主力がいない川崎はDF・中盤ともに落ち着きがなく、最前線にいる大久保が孤立してしまった印象だ。類まれなるゴールへの嗅覚を持つ選手がいても、パスがもらえないのでは話にならない。大久保も位置を下げてプレーするようになり、ボールは回るようにはなったが、相手に与える恐怖が減少してしまった。それでも途中後退した中村憲剛が良いシュートを見せるが枠外。勝負運がなく、神様に突き放されたように見えた。

クライマックスシリーズ準決勝は鹿島アントラーズが勝利し、悲願の初優勝を狙っていた川崎フロンターレの夢は潰えた。鹿島は決勝に進出し、王者浦和レッズとあたる。

川崎フロンターレ敗退の理由

川崎フロンターレはなぜ敗退してしまったのか。川崎は1stステージ2位、2ndステージ3位と高順位をキープ。それぞれ優勝は獲得できなかったものの、いつも首位を脅かす存在であり、年間を通して強さを維持した。最終勝ち点も浦和と2しか変わらず、3位の鹿島とは13もの差があった。Jリーグでも随一の圧倒的な攻撃チームで、プレースピードは速く、欧州クラブのような力を感じさせる。敗因をあげるとすれば、やはりスタメンになるだろう。川崎の特徴は中盤の速いパス回しで、FWは得点を決める能力に優れているところ。それらをこなす選手は固定されており、層が薄かったことが問題だ。風間監督のもとで徹底的な攻撃型チームを創り上げたが、中でも司令塔の存在感は大きかった。川崎フロンターレ フォーメーション

川崎フロンターレ フォーメーション

via google imghpいくつかフォーメーションはあるが、最も多いのが4-2-3-1。日本代表と同じフォーメーションだ。攻撃的MFのトップ下に入る中村憲剛から出されるパスは正確無比で得点に結びつきやすい。シーズンを通して中村に依存してしまった感は否めない。また守備的MFのボランチに入る背番号10番の存在も欠かせない。A代表入りも果たし、波に乗る22歳の大島僚太は中盤で素早くボールを回し、テンポを上げた展開を作り出せる。中盤での2人の動きは欠かせない。そして得点力に関しては大久保・小林の2人は絶大な信頼がある。ふたりとも年2桁ゴールをマークし、日本人としてはリーグトップの成績だ。攻撃的な戦術を実行できるのも、得点を入れてくれる2人の働きがあってこそ。合計4人は「核」となっており、替えがきかない。CS準決勝では4人のうち、大久保以外はスタメンから外れてしまった。大島・小林・中村は怪我の影響で大事をとることになったようだ。中村は途中出場したが、残り2人はベンチメンバーにも入っていなかった。川崎だったが川崎ではない感じはやはり選手に問題がある。鹿島相手にも主力で戦えば勝つことはできただろう。核を抜いた状態でも違いを感じさせないだけの控え選手が必要だ。初優勝への道は育成または補強にかかっている。

勝利するもクライマックスシリーズの意味なし?

鹿島が決勝に進出が決定したが、快く思っていないサッカーファンは多い。クライマックスシリーズの必要性が不明なためだ。もともとこの2ステージ制を導入し、クライマックスシリーズを行うことを決めたのもお金のためだ。メディアによって地上波でも放送してもらうことにより、多くの金銭的利益が見込めると判断した。サッカーの最終的な盛り上がりにも関わり、優勝が決まったクラブの消化試合をできるだけなくすためという意図もある。2016年シーズンが特に問題なのは鹿島が1stステージで優勝してしまったためだ。年間順位を見るとクライマックスシリーズに参加する3クラブは1位2位3位で一見良さそうに見えるが、先程も記述したように2位と3位の開きが大きい。「どうせやるなら1位の浦和と2位の川崎の決戦が観たい」というファンが大多数だ。野球でも同じような事が起きうるが、もしここで3位の鹿島が浦和に勝って優勝してしまうと妙な雰囲気になることは間違いない。2017年シーズンはまた1ステージ制に戻すことになるようで、ひとまず安心だ。現行のわかりにくい制度よりも単純にどこが1番なのかが分かる方が良い。そう考えると、決勝の浦和vs鹿島の試合を見る価値がどれほどあるかという話になる。実際タイトルに関しては何の意味もないと考えたほうが良い。

決勝は浦和vs鹿島

浦和レッズ

浦和レッズ

via google imghp天皇杯ではすでに川崎に敗れていることもあり、川崎との勝負は分が悪いと思っていたが、鹿島に決まったことでわからなくなった。2つとも伝統あるクラブなので、タイトルの意味などは関係なく、強豪同士の真剣試合を楽しみたい。ルヴァン杯は浦和が取り、絶好調ともいえる快進撃を鹿島アントラーズが止めることができるのかが見どころだ。



ページトップへ