チャンピオンズリーグ16/17優勝予想!リーガ勢有利か?

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


16/17シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの優勝を大胆予想!果たして今シーズン優勝するクラブは?プレミアか、ブンデスか、セリエか、リーガか一体どのクラブだ!?そんな中ある要因からこのクラブが優勝すると予想した!

今回もマドリードダービーが決勝?

プレミアは今年も厳しい・・・

16/17シーズンも折り返し、冬の移籍市場を賑わせたのはこれと言っていなかった。
補強面は全体的に下火傾向あったが、放出の方はマンチェスターUのデパイを始め、バイエルンのシャビ・アロンソ引退、オスカルの中国行きなど様々なことはあったと言えるでしょう。
しかし、この冬の移籍市場で補強を行わないクラブは現状で補強ポイントは特にないと断言できるところがほとんどだが、個人的には補強したほうがいいのでは?というクラブもある。

それが、アーセナル、チェルシー、レアル、PSG、マンチェスターCの5クラブ。

アーセナル

@micki_taryan.さんの投稿

アーセナル 愛称はガナーズ

カッケー!!! 赤白と言えばアーセナルだそのアーセナル。
毎シーズン前半と後半にプレミアリーグを盛り上げてくれる古豪だが、中盤にまさに今の時期が一番の鬼門なのだ。
それは、選手の怪我。もうアーセナルのお家芸となった怪我人続出のパターン。
MFとDFが本当に怪我を良くする。
これにサポーターは「練習の内容が悪いから怪我をする」や「グラウンドの芝に問題があるんだ」など厳しい声をあげている。
今シーズンも見事に怪我人続出で、中盤の選手がほとんどいなくなってしまった。そこでクラブは一度放出した「ガラスの天才」ウィルシャーを再獲得しようとした矢先、ウィルシャーは怪我をしてしまう。
そんなこんなでついてなかったアーセナル。獲得すべきはMFだ。
もし、ウエストハムのパイェがフランスに移籍先を絞らなければアーセナルが獲得に動いていたかもしれない。

チェルシー

@chelseafc)さんの投稿

チェルシー 愛称ブルーズ

プレミア勢で最有力候補今回のプレミアを席巻しているのがこのチェルシーだ。
新監督コンテを迎え入れたことによって急激にチームは立て直され、昨シーズンには降格か?とまで言われるくらい破綻状態にあったが3-4-3のフォーメーションを採用してから快進撃を続けてる。
そんな順風満帆に見えるチェルシーだが不安要素がないわけではない。
1つはCFのジエゴ・コスタの代わりだ。そしてもう一つは3バックの選手補強。
この2つが課題になってくる。
ジエゴ・コスタに関しては、気性が荒く荒削りな部分も少なくない。頻繁にとは言わないがよく退場や出場停止処分になることも。
だが決定力が人並み外れているので放出も出来ない。代わりのCFを加入させるには各クラブのストライカーを獲得しなくてはならないのだ。
2つ目は3バックの補強。現在はケーヒルやアスピリクエタなどで組んでいるが、ケーヒルはもうベテランの域に達しているし、アスピリクエタも本職はサイドバックなのだがセンターバックとして出場している。
そこに本職のCBを補強しようということだ。そこにはサウサンプトン所属の吉田麻也の相棒の名前も上がっているという。

レアル・マドリード

レアル・マドリード 愛称は白い巨人

常に優勝を義務付けられるスター軍団 白い巨人。レアル・マドリード。
昨シーズンのチャンピオンズリーグ覇者。
数々のタイトルを獲得し、世界に多くのファンが存在する銀河系軍団。
Cロナウドを始め、ベイル、モドリッチ、クロース、セルヒオ・ラモスなど各代表のキープレーヤーがそのピッチで一度にプレーする何とも贅沢なクラブ。
そんな、スター軍団のどこを補強したほうがいいか?
それは長年の悩みでもある守備だ。攻撃に関しては本当に言うことがないくらい素晴らしい戦力が揃っている。ベンチも各国の代表クラスの選手がいて紅白戦はもう1つの試合に思えるくらい豪華絢爛なベンチだ。
だが、問題は守備。今はマルセロ、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、カルバハルという布陣で挑んでいる。個人的には高さもスピードもあるディフェンス陣だと思える。だが、実際に失点しているのも事実だ。
そこで今後補強していきたいのは右サイドバックとボランチだ。ただ、右サイドバックでいい選手というのは本当に世界を探してもなかなかいない。
カルバハルでも十分だが、隙間に空いたゾーンをカバーしてくれる選手が欲しい。
ボランチだが、ボランチは本来舵取りという意味がある。
しかし、中にはボールを奪いに行くかつてのマケレレやガットゥーゾのような必要にボールを追いかけて無尽蔵のスタミナを持つ守備的MFが補強ポイントだろう。あとは前線がどうにかしてくれる。

パリ・サンジェルマン(PSG)

@psg)さんの投稿

パリ・サンジェルマン 愛称はサンジェリスタ

今はもう、イブラヒモビッチもダビドルイスもいないけどね。フランスリーグ、リーグアンで最も豪華な選手を保持ているクラブ。
アラブの石油王がオーナーになってからスター選手たちを次々と獲得していったフランスの雄。
そんなPSGが今シーズンは2月3日現在3位に甘んじている。
問題としては、絶対エースのイブラヒモビッチが抜けて決定力が欠けてしまったのと、レアルから獲得したヘセ・ロドリゲスがフィットせず僅か半年で去ることに・・・
これらを踏まえて今回補強すべき点はFWとWGだろう。中に高さと強さのあるカバー二がいるのでクロスを上げられる選手が必要だ。

マンチェスターC


マンチェスターC 愛称はシチズン

ペップが監督になり、バルサのような支配率重視に・・・だが4点取られてボコられる!シティはPSG同様アラブの王族が買収したことで長年離れていたプレミアリーグ優勝を自分たちで掴み取ることに成功したクラブ。
アグエロやシルバ、デブルイネなどスター選手が多く在籍している。
その中でも支配率重視のグアルディオラが監督になり前回のペジェグリーニ体制とは様変わりした。そんなシティが補強すべき点はGKとCBだろう。
この2つのポジションは守備の要なので重要視すべき点だ。特にGKはペップも悩んでいる用でせっかく獲得したブラボが守備に問題があるとして新たな選手を獲得したいと望んでいる。

そしてCBのコンパニもベルギー代表のキャプテンという重責を担っているがクラブではイマイチ活躍しきれていないのと年齢による衰えが見られる。
だからこそ、若手のCBを獲得したいところだ。

チャンピオンズリーグ優勝予想!

FINAL  レアル・マドリードVSアトレティコマドリードorユヴェントス

レアルはベイルが帰ってきてCBを補強できれば決勝まで行けることは間違いない。
CBが急募だがそこをDMFのカゼミーロが今は何とかカバーしている状態だ。カゼミーロがあの位置に入ってから何とか守備は整ってきた。
しかし、ぺぺが移籍してしまうとの報道が出ていることから本格的なCB不足に陥る可能性があるのだ。そこの解消で決勝に不安はなくなる。

アトレティコはまず安定している。
これは間違いない。中盤、守備は文句の付けようがない。シメオネのハードワークプレスからのカウンターというのは芸術的だ。
問題は2トップの1人。グリーズマンの相方になってくる。相方は今ガメイロが一番手だがイマイチ連携が取れていない様に見えてしまう。もう一人のフェルナンド・トーレスもかつての輝きとは程遠い。
そのFWの穴を埋められれば優勝の確率はグンと上がる!

ユヴェントスはまず戦力ダウンが心配されたが、その分攻撃陣に新たなイグアインという武器が備わった。
さらにディバラとの2トップアルゼンチンコンビの破壊力は抜群だ。
守備もカルチョだけあって固い。問題があるとすれば、中盤のピルロ、ポグバ、サイドバックのエヴラが抜けたところをどう埋めるかにかかってくる。
だが、ユヴェントスは準優勝の時のようなセリエAで圧倒的な強さを見せられていない。
この点からアトレティコマドリードVSレアル・マドリードのマドリードダービーが昨シーズン同様繰り広げられるかも知れない。

そして気になる優勝は・・・

レアル・マドリード1-1アトレティコ・マドリード

PK戦 レアル・マドリード 3-4 アトレティコ・マドリード

アトレティコ・マドリードが優勝!!!

同点打はグリーズマン!

ガビからのスルーパスを受けたグリーズマンが決める!
そしてPK戦へ!今シーズンはやはり安定感のあるアトレティコ・マドリードがチャンピオンズリーグを制する!
確かにグリーズマンの得点力は折り返しシーズンに入っても伸びてこないが後半に伸びてくるはず!だからこそ、最後に乗りに乗ったグリーズマンが決めてくれる!
特にほころびとなったレアルのCBの間を突いて右足一閃!
これに歓喜のアトレティコファン!街中がお祭り騒ぎだろう!様々な要因はあるにしろ、悔しさを知っているアトレティコイレブンがシメオネと共にビッグイヤーを掲げる確率は非常に高い!


ページトップへ