2016ミスインターナショナル優勝はフィリピン

セレブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「ミス・インターナショナル・ビューティ・ページェント2016」が今月27日に都内で開催された。優勝はフィリピン代表のカイリー・バーゾサ(Kylie Verzosa)さん。ファイナリストの中でも小さい顔と大きな目が輝いていた。

世界一の美女が決まる

 「ミス・インターナショナル」は「ミス・ワールド」「ミス・ユニバース」に並ぶ世界3大ビューティーコンテストの1つ。1960年にはじまり、今年で56回目を迎える。、“美を競う”だけでなく、女性による国際社会への貢献を目指そうとする世界のミスたちが集結し、「平和と美の親善大使」として集い、交流を深めることが目的で、アメリカ、ロングビーチで開催されることとなった。

 2016年のグランプリに輝いたのはフィリピン代表のカイリー・バーゾサ(Kylie Verzosa)さん(24歳)。歴代優勝者の中で6人目のフィリピン代表だ。

 世界69の国と地域から代表が選ばれ、民族衣装、水着、ドレス審査に加え、スピーチ審査を経て優勝が決まる。カイリーさんもそれぞれの審査で美しい姿を披露していた。


民族衣装審査に挑むカイリーさん

彼女が来ているのは、「テルノ」と呼ばれるマニラを中心として着られている民族衣装。長らくスペインの植民地だったフィリピンでは、西洋風の民族衣装が定着している。独特なパフスリーブが特徴的だ。


アジア系とは思えないスタイル

水着審査時のカイリーさん。ターコイズグリーンの水着に長い黒髪が映えいている。 名前を呼ばれた瞬間、カイリーさんは、口を両手で覆い、驚きをあらわにした。各国の代表に祝福され、大きなティアラが贈られると、

「この瞬間が信じられない。わくわくしている。家族に感謝している。みなさんの助けのもと、ここに立っている。本当に夢のようです」

 と喜びをかみしめた。また、フィリピンのお騒がせ大統領ロドリゴ・ドゥテルテ来日中の優勝もあり、会場から「フィリピンコール」がおこった。

 本国では、保育園の先生をしているカイリーさん。美の秘訣を聞かれると

「本当の美とは、あなた自身の中にあるものであって、それはあなたの気持ち、自分に正直であること、そして人間との関わりが美の秘訣だと思います」

と語った。強さの中にも母性を感じるカイリーさんはまさに世界中の女性たちの憧れだろう。また、タイプの男性は「私をサポートしてくれる人、そして深く愛してくれる人」だそうだ。

 彼女の優勝の決め手は一体なんだろう。それは「小顔」なのではないだろうか。他のファイナリスト達と比べても、彼女の顔は一回りは小さい。こんなに小顔な美女は世界中探してもそう多くはいないだろう。それに加えてぱっちりとした大きな目も勝因に間違いない。小さな顔に大きな目が、彼女に美しさだけでなく、愛嬌も与えている。


 ちなみに2位がオーストラリア代表 アレキサンドラ・ブリットンさん(23)、3位インドネシア代表 フェリシア・フヮンさん(24)、4位ニカラグア代表 ブリアニー・チャロモさん(22)、5位アメリカ合衆国代表 ケイトリアナ・ラインバッハさん(18)だった。4位のニカラグア代表のブリアニーさんは、民族衣装審査で特別賞「ミス・ナショナルコスチューム」に選ばれている。


4位のニカラグア代表ブリアニー・チャロモさん

誰もが釘づけになる派手で華やかな民族衣装。頭の飾りは見ているだけで肩が凝りそうなほどのボリュームがある。
見ようによっては小林幸子だ…

日本代表の山形純菜。入賞は逃したが・・・

 日本代表の山形純菜さん(22)はファイナリストに選ばれたが、惜しくも入賞はかなわなかった。日本代表は過去、1970年に須田敏江さんが4位、2002年に漆島花さんが3位入賞。2012年の沖縄大会では吉松育美さんが日本初となる「ミス・インターナショナル」を獲得している。

 日本代表選出大会の結果については、

「まさかトップ15に選ばれると思っていなかったのでとてもうれしいです」

 とコメントし、大会後は、大学で学んでいる管理栄養士国家試験のために猛勉強しないといけないと話していた。だが、結果的に彼女は大学の勉強に当分は集中できないと思われる。その理由は、28日のニュースにある。


日本代表で盛岡市出身の大学生山形純菜さん(22)はファイナリスト15人に残ったが、受賞を逃した。将来は「アナウンサーになりたい」といい、「これを機に英語を学び直して、2020年東京五輪では海外の選手に通訳なしでインタビューをしたい」と話した。

 彼女の夢は、すでに現実になっている。28日に、TBSの朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」で山形さんが、TBSに内定したことを報じた。彼女の今後の活躍が楽しみだ。



ページトップへ