小栗旬、チ●ポジについて語る。「僕は“ある方向に”変えました」

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

小栗旬が大事なところのポジションを変えた理由とは?パンツはトランクス派とボクサー派だけではなかった!男性は新しいポジションに出会えるチャンス!

みんなどうしてるの?

via google imghp1月20日に放送された「TOKIOカケル」が、面白すぎたと話題になっています。

この時のゲストは小栗旬。

小栗旬はイケメンなのに気取らない性格で、憎めない人柄ですよね。

今回も小栗旬っぽいトークが始まったのですが、あまりにも赤裸々すぎて笑っちゃいますw

その内容は、男性ならば誰もが一度は通る道、ベストな「●ンポジ」をみつけること。

番組でどんな話してるんだって話ですよw

気合い入れてるねvia google imghp

基本情報

チンポジ(チンコ・ポジションの略、英=penis position)とは、男性器の下着内での姿勢を表す医学用語である。

チンポジの良し悪しは男性の一般生活やスポーツの際のメンタル面、フィジカル面において多大な影響を及ぼすため、男性は日常生活の中で常にチンポジを気にしている。

航海における舵取りのようなものである。

@g_komatinental)さんの投稿

アッパータイプ
陰茎が上向きの姿勢、ブリーフやボクサーパンツなど、密着型の下着ではこのタイプが一般的である。

ストレートポジション
陰茎、陰嚢ともに下着の中心線上を通るポジションである。標準的な男性器では最も理想的とされている。

オフセットポジション
陰茎、陰嚢ともに下着の中心線から右、もしくは左にずれているポジションである。下着のサイズが合っていない場合に良く見られ、バランスが悪くセミビジブルポジションに発展しやすい。

カーブポジション
陰嚢が下着の中心線上にあり、陰茎が右、もしくは左にずれているポジションである。陰茎が曲がり気味の場合にはこのポジションが推奨されるが、事故を防ぐためにも男性器が下着内にしっかり収まるように注意が必要である。

ツイストポジション
陰茎、陰嚢が下着の中心線からそれぞれ逆方向にずれているポジションである。バランスは比較的良いが、特徴的な男性器にしか適用できない。

カーブかオフセットか…どっちだ?via google imghp

ブリーフ
男性器全体を包み込み固定できるので、簡単にポジションを決めることができる反面、サイズが合わないと悪いチンポジに発展しやすく復帰しにくいという弱点を持つ。

ボクサーパンツ
ブリーフと同じく男性器全体を包み込める上、露出の防止もできて見た目もスマートな優れものである。(チンポジパンツなど)

クラシックパンツ
自分の体に合わせて調整できるのでしっかりとポジションを決めることができ、蒸れにくいという特徴がある。装着するときにある程度の慣れがないとゆるんでしまうので注意が必要である。

トランクス
男性器の固定はできないが通気性が良く、拘束感も少ない。裾から露出してしまうことがあるのでサイズのあったものを選ぶと良い。

フリースタイル
トランクスと似ているが、拘束感というより解放感を味わうことができ、通気性も全く問題ない。ただし、ズボンの材質とファスナーの上げ下げに気をつけないと悲劇を招くことになる。

女性用下着
さまざまなタイプがあるうえ、「付いている場合」が想定されていないので各自で最適な着こなしを身につける必要がある。


紳士服のズボン
チンポジがコロコロ変わらないように、向って右側(左足側)に布地を気持ち多目に使って膨らみを持たせている。ジーンズも同様である。

小栗旬のポジションは?

via google imghp仕掛けたのは小栗旬で、TOKIOのメンバーに「大事なところの位置はどこが一番落ち着きますか?」という質問をしました。

TOKIOのメンバーは、いきなりの質問に少し焦っていましたが、小栗旬は攻撃の手を休めることはなく、「ポジションのことです。」と、真剣な顔で続けました。

なぜこんな質問をしたのかというと、「たまたまテレビを観てたらボクサーパンツ派かトランクス派かってやってて、僕らの大事な所は通気性があったほうがいいからトランクスの方がいいって。自分はボクサーパンツなんですけど。」と、説明。

テレビで観てみんなのポジション事情が気になったのでしょうか。

小栗旬が観たテレビによると、アレを上向きにしておくと、攻撃性が増して仕事に対する熱意も上がると話していたようです。

それ以来彼は“上向きポジション”を徹底しているらしいw

「イマイチ最近調子が悪いな」と感じている方は、クイっと上げてみましょう!

トランクス派の方は、そのままブラブラさせてイマイチな人生を送るか、ボクサーパンツへ切り替えるかですね。

via google imghpTOKIOのパンツ事情は、長瀬智也・山口達也・国分太一はボクサーパンツ派、松岡昌宏はトランクス派のようです。

おいおい、リーダーはどうした?って感じですよね。

そう、彼はブリーフ。

ではなく、ブーメランパンツだそうですw

考えられないw

その後も、自身の体を駆使してポジションを説明したりして、大いに盛り上がっていました。



ページトップへ