鳥越俊太郎に「女子大生淫行」疑惑!自殺に追い込む程のキス

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これが真実なら都知事選どころではないでしょう。被害女性は、いまでも気持ち悪くて「自殺したい」と思ってしまうほどのダメージだそうです。週刊文春に情報を流したのは一体誰なのか?

都知事選脱落か?

google imghp (30619)

via google imghp東京都知事選に出馬している鳥越俊太郎ですが、それどころではなくなりそうです。

なんと7月21日に発売される週刊文春に、女子大生への咽喉疑惑の記事が載るそうです。

さすが文春さん。

いつでもどんな時でも場を狂わすネタを持っていますね。

しかしキスで自殺したいって、よっぽど気持ち悪かったのでしょうね。鳥越俊太郎は、大学2年生の女子大生へのを富士の別荘に連れ込んだそうです。

女子大生もまずついて行ったらダメですよ。

そこで鳥越俊太郎からキスされたと言います。

実はキスだけでは終わろうとせず、そこから先もしてこようとしたそうですが、なんとか身を守ったようです。

これ、相手によっては逆恨みで殺されるとかありえますよね。

鳥越俊太郎も犯罪するくらいなら風俗行けよ。

昔は凄かった

google imghp (30620)


via google imghp過去には素晴らしい行動もしていた人物なのですが…

17年前の1999年のこと。

埼玉県の桶川駅前で殺人事件が起きました。

これは付き合っていた男性のストーカーから発展した事件だったのですが、警察はストーカーされている間、被害女性からの相談を適当にあしらっていたのです。

適当にあしらっているのは、今も昔も変わりませんが…

これに疑問を抱いた鳥越俊太郎は、「ザ・スクープ」が独自に調査を行い、結果3人の警察官が懲戒免職・12名に減給処分が下されました。

この事件が元となり、ストーカー規制法が出来たわけです。

これに関しては凄いですよね。

情報を流したのは夫

鳥越俊太郎のキス被害にあった、当時女子大生の結婚した旦那さんが週刊文春に話したようです。

ノコノコと都知事選に出てきたのが許せなかったみたいです。

警察のただれた実態を明るみにし、被害者を守るための法案まで成功させた素晴らしい人物だったんですけどね。

全く以て残念です。google imghp (30621)

via google imghp



ページトップへ