【文春・新潮】鳥越俊太郎に女性スキャンダル第二弾!!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都知事選に出馬している、自称ジャーナリスト・鳥越俊太郎に女性スキャンダル第二弾が!!「週刊文春」が報じた女性スキャンダル第一弾では語られなかった未公開情報満載です。鳥越完全終了のお知らせ。

鳥越俊太郎、完全終了

2016年7月21日に発売された「週刊文春」が、東京都知事選に出馬している自称ジャーナリスト・鳥越俊太郎の「女子大生淫行」疑惑を報じ、話題となっていました。このタイミングでの女性スキャンダルに物議がかもされる中、ここにきてまさかの新展開があるようです・・!google imghp (31468)

via google imghpベッキー・ゲス不倫、清原覚せい剤、SMAP解散危機、圧倒的なスクープ力を誇る「週刊文春」ですがその勢いは止まりません。
7月21日に発売された「週刊文春」では、舛添元都知事の後任として東京都知事選に出馬していた自称ジャーナリスト・鳥越俊太郎の女性スキャンダルをスクープ。さすが文春というところでしょうか、どんな時にもその場を狂わすネタをポンポンと出してきます。

その東京都知事選を狂わそうとしたスキャンダル内容はというと、
鳥越が当時大学2年生だった女性を自身の富士の別荘に連れ込み「何もしないから」といいつつ、72歳のしわしわでヨボヨボな唇で強引にキスとしたというもの。

さらにその行為がエスカレートし、「何もしないから」という言葉が嘘のように、その先もしてこようとしたそうです。幸い女子大生は徹底的に否定して未遂に終わっていますが。
この女子大生もこんなおじいちゃんについていくのもどうかと思いますが、気持ち悪すぎですよね・・。キスでも相当しんどいです。

そと後も何度かホテルに誘われようで・・とんでもないおじいちゃんですね・・。
この女性は鳥越から受けたショックを相当大きかったらしく、いまでも自殺をほのめかす発言もしているようです。まったく最低な野郎ですよ。

と、ここまでは既に出回っている情報なのですが、ここでまさかの

新たな展開が判明・・・!

この報道があってから鳥越俊太郎事務所は週刊文春編集部に抗議文を送りつける展開を見せていたのですが、ここで新展開が判明しました。 (31475)


こちらが鳥越事務所か週刊文春に送ったとされる抗議文。

どうせ疑惑ではなくて真実なんでしょうよ・・・!!!新展開を見せるのは女性スキャンダルを報じた「週刊文春」ではなくて、なんと「週刊新潮」
明日28日に発売する「週刊新潮」にて文春が報じた女性スキャンダルの続報を出すようなのです。そこには前回載せられていなかった未公開情報が記載されており、中々の衝撃的な内容となっているのだとか。

新潮の記者が直接被害女性に話を聞き、鳥越に半ば強制的に全裸にさせられた、という発言をしています。また別荘以外でも鳥越にキスを強制されたとのコメントも・・。

そして文春の方も、何故選挙戦の最中に記事化した理由を細かく書いているようです。文春と新潮のダブルパンチとなるわけですが恐ろしい・・!鳥越、総攻撃を受けています。

都知事選の投票は今週末ですから、鳥越がどう弁解しようも時既に遅し。間に合いそうにありませんね、敗北決定の未来が見えます。

というか、よほど鳥越に都知事になってほしくない人がいるんでしょうね(笑)
詳しい内容が気になる方は明日発売の新潮と文春をチェックすることをオススメします。鳥越の色んな裏事情がきっと分かるはずです。 (31483)

覚悟ができているか?



ページトップへ