高畑裕太の父親発覚?大物俳優が高畑フォローで大炎上!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

俳優の高畑裕太の逮捕から日も浅い中、実の父親が発覚!同じ俳優だった?!高畑をフォローするはずが訴訟レベルの大失言をしてしまった大物俳優とは?!各所に飛び火している、気になる炎上理由を詳しく解説しました!

高畑裕太

生年月日:1993年9月13日(22歳)
身長 :181 cm
血液型:A型via google imghp女優の高畑淳子の愛息子、高畑裕太が今月23日に性的暴行の罪で逮捕されてから8日。様々な意見が飛び交う中、母であり女優である高畑淳子が異例の記者会見を開きました。

記者会見を開いた高畑淳子(母親)

生年月日:1954年10月11日(61歳)
身長:163 cm
体重:53kg
血液型:A型via google imghpひとつひとつ言葉を選び、涙ながらに事件について話す姿は、全国の親、そして子供たちも「行動」や「責任」について考えさせられる会見だったと感じます。それだけ心に問いかけてくる会見でしたので、これまた沢山の意見や批判が溢れています。

高畑裕太の父親判明!!

記者会見では、育て方が悪かったのでは?犯罪を犯してしまう危うさがあったのでは?などの質問が相次ぎましたが、女手一つで育ててきたことに未だに偏見があるように感じました。高畑裕太の父親は一般人とされていましたが、同じく俳優の大谷亮介だったことが判明!!ドラマ『相棒』などに出演されているかたですね。

判明に至った経緯は、大谷亮介が記者の取材に応じ、事実を認めたからです。入籍する前に出来たのが高畑裕太で、学校行事などは数回参加したことがある程度で大谷亮介が結婚してからは、交流はなかったそうです。なかなか、複雑な環境で育ったのは間違いないようなのですが、性的暴行や性癖などに結びつけて考えることではないような気もします。まあ、父親である事実だけを認めて今回の件にコメントがないのが少し寂しい気がしますが、大谷亮介の家族のことも考えると当初否定していだけに大谷なりの“父親”なのではないでしょうか。

大谷亮介(父親)

生年月日:1954年3月18日(62歳)
身長:175cm
体重:71kgvia google imghp犯罪者の母親になってしまったと言えど、女優。一般人が起こした事件も高畑裕太が起こした事件も、重さは変わらいのですがどうしても注目を集めてしまうもの。そうなるとおのずと“攻撃”する側、“擁護”する側がハッキリしてしまい、対立。炎上。もうそんなことは一般人も大物俳優も一緒で、高畑淳子を擁護する大物俳優がフォローするあまりに大失言。「不謹慎過ぎる」「相手の事考えろ」とバッシングの嵐。その大物俳優と言うのが、梅沢富美男。

高畑を擁護のつもりがセクハラ発言で炎上

梅沢富美男

生年月日:1950年11月9日(65歳)
身長:170cm
血液型:B型via google imghpこの方なら、ド直球な言葉を何も考えずに発してしまいそう・・・。とこちらがビビってしまいます。事の発端はテレビでの共演。以前から高畑裕太が橋本マナミに好意を抱いていたのは、皆さんご存知ですよね。そこで梅沢富美男は共演した橋本マナミに対し、「お前が一番悪いと思った」と発言。詳しい内容がコチラなのですが・・・。


「これ(事件の報道)が出たとき、お前(橋本)が一番悪いのかなと思ったよ」と発言。その上で、「(橋本が好きなタイプと公言する漫画家の)蛭子能収にヤラせるぐらいだったら、高畑にもヤラせてもよかったんじゃないの」と発言。これに対し、橋本は「蛭子さんにヤラせてないです!」と強い口調で否定した。

おーい。いったい倫理観はどこに置いてきたんだ!と言いたい発言ですよね・・・。そしてその発想は流石になかったのでショックです。被害者や高畑親子のことを考える以前の問題。梅沢なりのジョークだったとしても許せる範囲の度を越してます!!女性を道具のように扱う発言にも気分が悪くなりますが、「橋本マナミが好意を受け入れていれば、事件は起こらなっかったかも」と言わんばかりな物言い!「セクハラ」や「女性差別」に匹敵するものだと思います。

橋本マナミ

生年月日:1984年8月8日(32歳)
身長 / 体重:168 cm / ? kg
スリーサイズ:86 – 60 – 88 cm
カップサイズ:G
血液型:AB型via google imghp

これに対して世間はやはり大バッシング。炎上となりました。アメリカだったら訴訟モノな“失言”。失言と言うか、なにも考えていなかっただけでは・・・。もはや暴言です・・・。性的暴行の事件にも関わらず、平気でそれを思わせるような発言に、高畑淳子がCM降板するなら梅沢富美男も番組から降板してほしいなどの意見が目立ちました。
こんなことを言っても、その発言で笑いが取れていたようなので“ひと笑いとった”位にしか考えないのでしょうね。

逮捕直前に、高畑裕太をフッたのが原因ってホント?!

via google imghp橋本マナミも橋本マナミで高畑裕太逮捕の直前に、テレビのインタビューで「高畑裕太はアリかナシか」と言うと質問に対して、厳しすぎるくらいに高畑を拒否していました。この他にも「男として何も感じない」「全然興味ない」とガチで全否定。見てる方が心痛めるような答え方に思わず真顔。ですが、あまりにも直前だったので、もしかして以前何かあったのでは?と勘ぐってしまいますよね・・・。ここまで来ると風評被害もいいとこな橋本。高畑逮捕直後のインタビューにこう答えています。

テレビ番組などで『橋本さんが好き』と言ってくださっているのは知っていました。実際にお会いしたのは数回です。そのときも『好きなんです』とは言ってくれましたけど、強引に来るわけではなく、恥ずかしくて遠くから見ている感じでした。普通の若い男の子だな、と言う印象です」

指摘されている距離感のとれなさについても「皆さんがおっしゃるような、距離感が近いというのは全く感じませんでした。近くに寄られるとかもなく、下手に出てくる感じです。連絡先を聞かれることもなく、ツイッターをフォローし合っていても、ダイレクトメッセージも一切送られたことがありません」

橋本マナミの株が上がりっぱなしですが、つまりそういうこと。普通の男の子がなりうる事。だからと言いて許される問題では到底ないですが、「お前がフッたから別の女が被害にあった」なんて考えはお門違い。案外梅沢の様な考えに至る人も多いようなのが残念ですが、発言力のある人が何も考えずウケたから許される、なんてことにはならないで欲しいですね。


ページトップへ