高畑裕太事件の真相と全ての謎が明かされる

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

無罪で決着がついたものの多くの謎が残されていた高畑裕太強姦致傷事件。あの事件から1ヶ月たった今、ようやく真相が明らかになりました!これまで疑問に思われていた両者の証言の食い違いもこの記事を読めば納得です。

高畑裕太強姦致傷の真相

事件から1ヶ月、多くの謎を残したまま無罪で決着が着いた高畑裕太強姦致傷事件。その真相を週刊文春が全て明らかにする記事を掲載!これまでの情報を覆す新たな証言も出てきたようです。

歯ブラシを口実にしたのは本当だった

当初の報道では高畑裕太が電話で「歯ブラシを部屋まで持って来て欲しい」と呼びつけて女性を部屋に引きずり込んだ、というものでした。しかし高畑裕太の調書には歯ブラシの記載は一切なく、本人に強姦の自覚が無かったことから2人の証言の食い違いが疑問視されていました。
しかし新たに発覚した情報によると、どうやら部屋に呼び込む口実に歯ブラシが使われたのは本当だったようです。過去に読者モデルの経験があるほど美人だった女性。他の従業員が地味だったこともあり、高畑はその女性に好意を抱いていました。外の店で大量のお酒を飲んだ高畑がホテルに着いたのは深夜1時40分頃。フロントにいた女性と少し話をし、自分に対する友好的な接し方、お酒の力も手伝って自分の部屋に誘いました。もちろん下心があるわけですが。フロントでの会話は他愛のないものだったようなのでいきなり部屋に誘われた女性は驚いたでしょうね。もちろんその誘いをやんわり断った女性。一応お客様ですからね、大人の対応だったんでしょう。しかし何を勘違いしたのか「押せばイケる!」と解釈した高畑は直接「(フロントにある)歯ブラシを持って5分後に405号室(高畑の部屋)に来て下さい」と言ったそう。しかし女性は来ず高畑は待ちぼうけ状態。再度口説きにフロントへ向かい、エレベーターのドアを抑えながら

歯ブラシが欲しいんじゃなくて、部屋に来てほしいんです!


としつこく、ハッキリと誘ったそう。結局は女性がその誘いにのりエレベーターへ。高畑がいきなりキスするも抵抗されることはなく、むしろ相手もそれに応えたようです。2人は揃って部屋に入ることはなく、先に高畑、次に女性が部屋に入りました。これは他の撮影スタッフに見られないようにするためでした。女性が自らエレベーターに乗ったこと・部屋に入ったこと。これだけでも、強姦ではなく合意の上だったことが分かります。部屋にはいる直前で気が変わったとしても後から部屋に入ったわけだから気が変わった時点で逃げ出すことは出来ます。そして合意の上、という考えで読めば全ての謎が解けます。

隣の部屋にいたスタッフが気づかなかった理由

高畑は部屋に入ってきた女性の左手を右手で抱き寄せベッドに押し倒しました。女性をベッドに押さえつけ「黙れ、言うことを聞け」「警察に言うなよ」と口止めもしたようです。隣の部屋のテレビの音が聞こえるほど薄かったというホテルの壁。警察に言うなよ、っていう言葉の真意は「(今更『強姦された』とか)警察に言うなよ」ってことなんでしょうか。ほんとにするけどいいのか?的な?本人に犯罪の自覚が無いってことはこう解釈するしか無いですよね。しかし高畑側の証言としては女性は泣くことはなく押さえつけたり脅迫はしていないと言っています。さらには女性は高畑の頬に手を当て「生理中だからダメ」といったそう。生理中じゃなかったら良かったんだな、って感じもしますが。女性はTシャツにジーパン姿だったようですが、ジーパンだけを脱がせ行為に及び避妊もしなかったそう。上半身に関しては女性が拒否したためそのままだったようです。勝手な憶測ですが、もしや彼女の上半身に刺青とかあったんじゃないでしょうか?ここで上半身脱ぐのをわざわざ拒否する理由もないと思いますし。事件後真っ先に電話したのは暴力団関係者だし。流石の高畑もそれみたらヤバイって思ってやめる可能性ありそうですよね。なんにしても2人共壁が薄いってことを理解していて、かつ周りにバレないようにと意識していたなら隣の部屋にいたスタッフに気づかれないのも納得できます。


暴力団の彼氏の存在

行為が終わった後女性は1人で部屋を出ていきます。そして真っ先に電話をしたのが暴力団関係者の知人男性、しかしこの男性はただの知人などではなく女性の彼氏だったと周囲に話していたことが発覚します。この男性は暴力団に所属していた元組員で過去に強盗や拉致監禁容疑で2度の逮捕歴があります。そして男性が強姦致傷で高畑を訴えると言いだし「強姦致傷だと500万はかかるぞ」と叫びだしたのです。その後の展開はテレビで報道されているとおり高畑側が1500万円の示談金を支払い無罪放免に。行為から通報まで約1時間のタイムラグがあるわけですが、その間に医師の診断書を用意したりしていたので「やっぱり美人局では?」という意見がネットで言われています。一方でたった1時間の間に高畑から多額の示談金を受け取る計画を立てるには時間が足りないのではないかと自分は思っていました。しかし今回フロントで2回高畑は女性を誘ったという事実が明らかになりました。ということは1回目と2回目の間に女性は彼氏に電話をする時間があったはずです。電話を受けた男性が、女性が高畑の相手をしている間に計画を練っていたんじゃないでしょうか。


以上が高畑事件の真相ではないかと思われます。示談で決着が着いてしまった以上、高畑が元から無罪だったとしてももうどうすることも出来ません。一晩遊ぶつもりが、事務所解雇・芸能界復帰は絶望的という散々なことになってしましました。



ページトップへ