高畑裕太が不起訴で釈放され、相手の証言に疑いの目が

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


入院し療養中の高畑裕太。メディアでは示談で終わらせたことに金の力を使ったと連日報道されている。果たして本当に金の力だけで示談に持ち込めるのか。相手の証言と容疑者との間で食い違い?強姦致傷じゃなかった?

高畑裕太の不起訴に批判の声

不起訴処分となり釈放され深々と謝罪しましたが、報道陣に対する目つきなどもあり、まだ批判は続出しています。高畑裕太は女性にとって一番してはならないことをしてしまったので、許されることはないでしょう。しかし、一方的な報道に多少の疑問が残ります。そう簡単に不起訴になるのでしょうか。9日に釈放されて以来入院生活を続けている高畑裕太。精神的に不安定とのことで、しばらく療養する見込みですが、これは今メディアに向かって発言しては余計な批判を再び受けてしまうことを恐れているからだと考えられます。弁護士の言葉があるのみで、母である高畑淳子の口からも何も語られません。真実が気になりますし、おそらくマスコミは示談金がいくらかも注目しているでしょう。もう芸能界からは追放されているようですし、復帰は出来ない可能性が高いですが、それでもなぜこのような事件が起きたのか不思議です。そして高畑裕太とその相手である被害者女性の証言がまるっきり異なっています。どういうことでしょうか。本当に高畑裕太は強姦致傷罪なのでしょうか。

さすがに無実ではないでしょうが、ここまで批判したらテレビ側も素直にごめんなさいとはいきませんね。

重犯罪なら起訴は確実

強姦致傷は性犯罪の中でも一番重い犯罪です。そのためただの強姦罪より刑も重く、無期刑または5年以上の懲役刑が処せられます。このような重犯罪は「非親告罪」といって、被害者が告訴しなくても公訴できることを表しています。これは、被害者が亡くなってしまい、また家族・親族がいなかったとしたら告訴できる人がいなくなるので、それを防ぐために非親告罪になっています。そして異常な重犯罪の場合はきっと警察も検察も裁判所も被害者に関係なく、容疑者を罰しようとするでしょう。となれば、もし高畑裕太が強姦致傷容疑なら簡単に釈放されるのでしょうか。暴行・傷害を加えた事件では多くの場合起訴されることになるようなので、あまり悪質ではなかったと結論付けたのでしょうか。示談が成立したということなので、被害者が告訴を取り下げていることになります。普通なら7~9年の刑になるようですが、それが不起訴になるのは考えにくいです。しかし一方で、実際に強姦致傷罪でも示談が成立すれば裁判を受けなくて済むこともあるらしいので、一概に高畑裕太が悪くなかったとは言えません。重犯罪では裁判員裁判となるので、一般の人の前に出るのが嫌だと思う被害者の方もいるらしく、本当は刑務所に入ってほしいのにそれを我慢して示談で済ませる可能性もあるとのことです。強姦致傷からただの強姦に引き下げられたとする報道もあり、それは証拠不十分かまたは被害者側からの強い要望で変わることもあるようです。

事件のことを思い出したくない女性は裁判を嫌います。そのため示談で済ますことが多いよう。今までもそういうケースがあるようなので改善が求められます。

食い違う弁護士からの発表

高畑裕太は逮捕された時に、「女性を見て欲求を抑え切れなった」と証言したことになっています。これをきいて本当に犯罪を犯したと思った方が多いはずです。そして警察からも発表があり、容疑やどうやって女性を部屋に入れたかなどすべて報道されました。容疑者の証言がある以上、実刑は免れないと思っていましたが、弁護士からのFAXでの報告は違いました。

今回、高畑裕太さんが不起訴・釈放となりました。

これには、被害者とされた女性との示談成立が考慮されたことは事実と思います。
しかし、ご存知のとおり、強姦致傷罪は被害者の告訴がなくても起訴できる
重大犯罪であり、悪質性が低いとか、犯罪の成立が疑わしいなどの事情ない限り、
起訴は免れません。お金を払えば勘弁してもらえるなどという簡単なものでは
ありません。

しかしながら、知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意が
あるものと思っていた可能性が高く、少なくとも、逮捕時報道にあるような、
電話で「部屋に歯ブラシを持ってきて」と呼びつけていきなり引きずり込んだ、
などという事実はなかったと考えております。つまり、先ほど述べたような、
違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、
無罪主張をしたと思われた事件であります。以上のこともあり、不起訴という結論に
至ったと考えております。

このように弁護士の報告があり、これは高畑裕太は強姦致傷ではなかったことを暗に表していると言えます。しかも歯ブラシの話も否定され、ほとんど合意の上かのような記述になっています。これが真実ならもともと高畑は悪質なことをしてなかったことも考えられますし、ます歯ブラシの話がなければ、自発的に女性が部屋にきたことになってしまいます。結局二人にしか真相はわからないのでどちらが本当のことを言っているのかもわかりませんが、検察側も高畑の供述を一部認めたのかもしれません。強姦致傷などの性犯罪は女性が被害にあう確率がほとんどなので、多くの場合は女性の証言をもとに捜査が進められるでしょう。今回の事件がどうなどとは言えませんが、可能性として女性側が嘘をつく場合もあります。高畑は「欲求を~」と発言しており、容疑を認めているので嘘ではないでしょうが、嫌疑不十分となって強姦致傷ではなくなったとも考えられます。

実際のところこれが全てです。戦う以外に方法はありませんでした。しかし、今までこのような事件で無罪を主張したところで本当にしてなかったとしても覆ることはほぼないことはわかっていたはず。そのため示談を選んだかもしれません。

疑問が生じた部分は?

一つ目が逮捕時の高畑裕太の様子です。逮捕された時、ホテルのベッドで寝ていたようですが、普通常人ならそのようなことするでしょうか。報道によって頭がおかしいというイメージが付けられているので、そう解釈されていますが、さすがに強姦致傷の後に眠れるのはすごいです。口止めしたとしてもよほどの心臓の持ち主ですね。やはり多少は合意があったと考えることもできます。二つ目は先ほど言った示談です。悪質なものなら刑務所に行くのは当然なので、そうではなかったのでしょう。それでも示談ということは強姦の罪は認めていることの証明にもなるので、罪は償うべきです。ただ冤罪の可能性も捨てきれず、もし冤罪だったとしても、裁判ではほとんどの場合証拠がなく覆りません。その上、女性は怪我を負わされたと話しているのですから、真っ向勝負は出来ない状況に追い込まれたとも考えられます。三つ目は謝罪したときの目です。これは「なぜ自分は無罪なのにこんな目にあっているんだ」という目をしているようにみえます。世間にとっては逆効果ですが、本人は不満を持っていたのでしょう。弁護士側ももし裁判になれば無罪を主張していたと話しています。はじめの発言は何だったのかが気になりますが、証拠がないことから強気になったとも考えられます。

早く真実を

強姦致傷から強姦罪に引き下げられた可能性が高いです。そしてほとんどのメディアが高畑裕太を叩いていますが、一部ハニートラップだったとの話もあります。示談することでお金をもらうことができます。何よりもはやく事件についてさらに供述してほしいです。冤罪ならそういえばいいのですが、示談となれば罪を認めています。療養より早く真実を訊きたいですね。


入院し療養中の高畑裕太。メディアでは示談で終わらせたことに金の力を使ったと連日報道されている。果たして本当に金の力だけで示談に持ち込めるのか。相手の証言と容疑者との間で食い違い?強姦致傷じゃなかった?

高畑裕太の不起訴に批判の声

不起訴処分となり釈放され深々と謝罪しましたが、報道陣に対する目つきなどもあり、まだ批判は続出しています。高畑裕太は女性にとって一番してはならないことをしてしまったので、許されることはないでしょう。しかし、一方的な報道に多少の疑問が残ります。そう簡単に不起訴になるのでしょうか。9日に釈放されて以来入院生活を続けている高畑裕太。精神的に不安定とのことで、しばらく療養する見込みですが、これは今メディアに向かって発言しては余計な批判を再び受けてしまうことを恐れているからだと考えられます。弁護士の言葉があるのみで、母である高畑淳子の口からも何も語られません。真実が気になりますし、おそらくマスコミは示談金がいくらかも注目しているでしょう。もう芸能界からは追放されているようですし、復帰は出来ない可能性が高いですが、それでもなぜこのような事件が起きたのか不思議です。そして高畑裕太とその相手である被害者女性の証言がまるっきり異なっています。どういうことでしょうか。本当に高畑裕太は強姦致傷罪なのでしょうか。

さすがに無実ではないでしょうが、ここまで批判したらテレビ側も素直にごめんなさいとはいきませんね。

重犯罪なら起訴は確実

強姦致傷は性犯罪の中でも一番重い犯罪です。そのためただの強姦罪より刑も重く、無期刑または5年以上の懲役刑が処せられます。このような重犯罪は「非親告罪」といって、被害者が告訴しなくても公訴できることを表しています。これは、被害者が亡くなってしまい、また家族・親族がいなかったとしたら告訴できる人がいなくなるので、それを防ぐために非親告罪になっています。そして異常な重犯罪の場合はきっと警察も検察も裁判所も被害者に関係なく、容疑者を罰しようとするでしょう。となれば、もし高畑裕太が強姦致傷容疑なら簡単に釈放されるのでしょうか。暴行・傷害を加えた事件では多くの場合起訴されることになるようなので、あまり悪質ではなかったと結論付けたのでしょうか。示談が成立したということなので、被害者が告訴を取り下げていることになります。普通なら7~9年の刑になるようですが、それが不起訴になるのは考えにくいです。しかし一方で、実際に強姦致傷罪でも示談が成立すれば裁判を受けなくて済むこともあるらしいので、一概に高畑裕太が悪くなかったとは言えません。重犯罪では裁判員裁判となるので、一般の人の前に出るのが嫌だと思う被害者の方もいるらしく、本当は刑務所に入ってほしいのにそれを我慢して示談で済ませる可能性もあるとのことです。強姦致傷からただの強姦に引き下げられたとする報道もあり、それは証拠不十分かまたは被害者側からの強い要望で変わることもあるようです。

事件のことを思い出したくない女性は裁判を嫌います。そのため示談で済ますことが多いよう。今までもそういうケースがあるようなので改善が求められます。

食い違う弁護士からの発表

高畑裕太は逮捕された時に、「女性を見て欲求を抑え切れなった」と証言したことになっています。これをきいて本当に犯罪を犯したと思った方が多いはずです。そして警察からも発表があり、容疑やどうやって女性を部屋に入れたかなどすべて報道されました。容疑者の証言がある以上、実刑は免れないと思っていましたが、弁護士からのFAXでの報告は違いました。

今回、高畑裕太さんが不起訴・釈放となりました。

これには、被害者とされた女性との示談成立が考慮されたことは事実と思います。
しかし、ご存知のとおり、強姦致傷罪は被害者の告訴がなくても起訴できる
重大犯罪であり、悪質性が低いとか、犯罪の成立が疑わしいなどの事情ない限り、
起訴は免れません。お金を払えば勘弁してもらえるなどという簡単なものでは
ありません。

しかしながら、知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意が
あるものと思っていた可能性が高く、少なくとも、逮捕時報道にあるような、
電話で「部屋に歯ブラシを持ってきて」と呼びつけていきなり引きずり込んだ、
などという事実はなかったと考えております。つまり、先ほど述べたような、
違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、
無罪主張をしたと思われた事件であります。以上のこともあり、不起訴という結論に
至ったと考えております。

このように弁護士の報告があり、これは高畑裕太は強姦致傷ではなかったことを暗に表していると言えます。しかも歯ブラシの話も否定され、ほとんど合意の上かのような記述になっています。これが真実ならもともと高畑は悪質なことをしてなかったことも考えられますし、ます歯ブラシの話がなければ、自発的に女性が部屋にきたことになってしまいます。結局二人にしか真相はわからないのでどちらが本当のことを言っているのかもわかりませんが、検察側も高畑の供述を一部認めたのかもしれません。強姦致傷などの性犯罪は女性が被害にあう確率がほとんどなので、多くの場合は女性の証言をもとに捜査が進められるでしょう。今回の事件がどうなどとは言えませんが、可能性として女性側が嘘をつく場合もあります。高畑は「欲求を~」と発言しており、容疑を認めているので嘘ではないでしょうが、嫌疑不十分となって強姦致傷ではなくなったとも考えられます。

実際のところこれが全てです。戦う以外に方法はありませんでした。しかし、今までこのような事件で無罪を主張したところで本当にしてなかったとしても覆ることはほぼないことはわかっていたはず。そのため示談を選んだかもしれません。

疑問が生じた部分は?

一つ目が逮捕時の高畑裕太の様子です。逮捕された時、ホテルのベッドで寝ていたようですが、普通常人ならそのようなことするでしょうか。報道によって頭がおかしいというイメージが付けられているので、そう解釈されていますが、さすがに強姦致傷の後に眠れるのはすごいです。口止めしたとしてもよほどの心臓の持ち主ですね。やはり多少は合意があったと考えることもできます。二つ目は先ほど言った示談です。悪質なものなら刑務所に行くのは当然なので、そうではなかったのでしょう。それでも示談ということは強姦の罪は認めていることの証明にもなるので、罪は償うべきです。ただ冤罪の可能性も捨てきれず、もし冤罪だったとしても、裁判ではほとんどの場合証拠がなく覆りません。その上、女性は怪我を負わされたと話しているのですから、真っ向勝負は出来ない状況に追い込まれたとも考えられます。三つ目は謝罪したときの目です。これは「なぜ自分は無罪なのにこんな目にあっているんだ」という目をしているようにみえます。世間にとっては逆効果ですが、本人は不満を持っていたのでしょう。弁護士側ももし裁判になれば無罪を主張していたと話しています。はじめの発言は何だったのかが気になりますが、証拠がないことから強気になったとも考えられます。

早く真実を

強姦致傷から強姦罪に引き下げられた可能性が高いです。そしてほとんどのメディアが高畑裕太を叩いていますが、一部ハニートラップだったとの話もあります。示談することでお金をもらうことができます。何よりもはやく事件についてさらに供述してほしいです。冤罪ならそういえばいいのですが、示談となれば罪を認めています。療養より早く真実を訊きたいですね。



ページトップへ