【整形疑惑】スキージャンプ高梨沙羅の顔が変わった?愛車はベンツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2年後の2018年に開催される平昌オリンピック(冬季)で活躍が期待されているスキージャンプの高梨沙羅選手。

久しぶりに新聞のスポーツ欄に載った彼女のあまりの美しさ、そして変貌に整形疑惑が浮上!

現在日本で最も有名な女子スキージャンプ選手と言っても過言ではない高梨沙羅選手。

2年前のソチオリンピックで日本代表に選ばれ、その時は金メダル候補として大注目の選手でしたね。

結果は惜しくも4位とメダルはのがしてしまいましたが、リオデジャネイロでの夏季五輪が終わり、平昌オリンピックへと世界の意識が向きつつある今、冬季オリンピックの選手たちが再び注目を集めています。

変わりすぎ!美しくなった高梨沙羅

そのなかでも特に注目を集めているのが高梨選手です。

平昌オリンピックへ向けて着々と練習成果を出していっていることももちろん注目の一因なのですが、それよりもあまりの外見の変化に驚きを隠せない人が続出しているそうなのです。

ではそんな彼女は今一体どんな風貌をしているのでしょうか?

google imghp (46043)

こちらが話題となった1枚。確かに、私が以前から知っている高梨選手とはだいぶ印象が違っているように見えます…!

メイクが濃いめというのもあるのでしょうか、その雰囲気はまるで相武紗季のよう…これにはびっくりしましたね。

高梨選手は10月8日で20歳の誕生日を迎えたばかり。高校卒業を機にメイクをするようになったのでしょうか?

まず、2年前(ソチオリンピック出場時、18歳)のときの写真と比較してみても、顔が変わりすぎていてこれは整形疑惑が出てきてしまうのも仕方ないかもしれません。

google imghp (46056)

うん、これは間違いなく筆者が知っている高梨沙羅選手。

この時から十分可愛いのですが、同じ髪型でも顔がこれほどまでに2年間で変わってしまうとは…人間の成長にはびっくりしますね。

まず2年前と大きく代わって点として一番わかり易いのは【目】でしょうか?

高梨選手はもともと二重ですが、二重幅があまり広くない(どちらかというと奥二重な)タイプの目をしています。

ですが現在の高梨選手の写真を見てみると、二重幅が大きく、そして線がくっきりとしていることに気づきませんか?

どうやらここが怪しく、整形しているのではないかと一部ささやかれています。

次に大きく変わったのが【眉】。

以前の高梨選手は全体的にふわっとした優しい印象のナチュラルな眉毛でしたが、現在は流行に沿ったような太めの並行眉になっています。

また、髪を若干ブラウンに染めていることから、眉毛にも薄くブラウンの眉マスカラを塗っているかと思われます。

そして最後に、変化が見られるのが【鼻】。

光の当たり具合の関係もあるでしょうが、最初の画像の方が明らかに鼻筋がシュッと通っているように見えますよね?

もともと鼻が低いわけではないのですし、全体的に鼻の先端はまだ丸っこいところは変わっていないのですが、気づかれにくいいわゆる”プチ整形”をやっていた可能性も捨てきれませんね。

専門家のコメント

次々と生じている数々の整形疑惑に、専門家たちは次のように答えています。

「いくつか高梨さんの写真を見ましたが、整形手術はしていないと思います」
「高梨さんの場合、写真によって二重まぶたの幅が違うし、手術によって目が腫れた様子もない。
もともと奥二重の彼女は、アイテープなどを使ってパッチリとした二重まぶたを作っているのでしょう」
-百束比古氏 日本医科大学名誉教授(美容外科・形成外科)

「自分でメイクしているとすれば、初心者とは思えない完成度。テクニックとしては100点満点です」
「顔の印象が垢抜けた最大のポイントは、以前のようなフワッとしたあどけない黒眉から、太めの並行眉に変えたこと。 髪の色に合わせて眉も上品なブラウンカラーに塗っています。また、二重まぶたの幅を広く見せるためにアイシャドウも入れている。 さらに、ハイライトを当てることで鼻筋もスッと通りました。ジャンルとしては韓国で人気の“オルチャンメイク”です」
-立花ゆうり氏 (美容ライター)

この程度の変化だったらメイクで作れるということなのですね。

確かに、YouTubeなどに挙がっているメイク動画を見ていても中には詐欺と言ってもいいくらいのレベルのメイクも多かったような気がします。

ざわちんのものまねメイクも結局は別人になれるということから、整形メイクとも言えるかもしれませんね。

そう考えると、面影が残っている高梨選手の今の顔は整形顔ではなく、単にメイクが上手になったというだけかもしれません。

ざわちんも顔負けの「相武紗季風メイク」ですね(笑)

ちなみに韓国で流行っているオルチャンメイクとは、
1)目尻に濃い目のアイラインを引き、デカ目に見せる
2)涙袋に白いハイライトでぷっくりと見せる
3)太くて真っ直ぐな並行眉
4)スッと通った鼻筋
が基本となっています。

google imghp (46107)

オルチャンメイクの一例。だいぶ盛れていますね。お人形さんみたいです。

高梨沙羅の愛車は2000万円のベンツ!祖父は思わず「まだ早い」

高梨沙羅の変化は、整形疑惑が出たメイクだけではありません。愛車も2000万円のベンツで、派手だと話題になっています。

平昌オリンピックが世界の話題になっている頃、高梨沙羅は「メルセデス・ベンツ・マガジン」の2017冬号に登場!

愛車のメルセデスAMG G 63と映る写真と共にインタビューが掲載されました!

価格はなんと最低クラスでも1971万円だそうで、軍用車から派生した大型の車で、練習へ向かう際も高梨沙羅が自らハンドルを握っていると綴られていました。


ツインターボから発せられるエンジン音に惚れ込んだそうですよ。

21歳で、2000万円のベンツを乗りこなす高梨沙羅…。かなり派手ですね。

愛車の派手さに関して、高梨沙羅の祖父も「まだ早い」とコメントするほどでした。

「ベンツに乗っているなら“成功の証”のひとつかもと思う反面、まだ若いんだし、学生だし、そんな立派な車には乗らない方がいいんじゃないかという気持ちもありますよ。あの子は発展途上ですから、まだ早いのではないかと。孫がベンツの横に立っている写真は見たことあるけど、人様の持ち物だと思ってたので」

実は以前からギャル化していると騒がれていた高梨沙羅

スキーがシーズン中でない時期は体幹トレーニングや体力づくりなどをしていると思いますが、空いた時間にはたまにテレビにも出演していた模様の高梨選手。

もともと北海道出身ですが、現在は日本体育大学に在学中とのことで、東京で行われる収録などにも比較的参加しやすくなったのでしょうね。

その時からじわじわと高梨選手の変貌ぶりは噂されてきていました。

google imghp (46115)

こちらは4月29日に放送されたTBS系番組「ぴったんこカンカン」に出演した際の高梨選手。

すでに茶髪になっており、メイクはバッチリ、更に派手目なピアスに加えて、ファッションもきちんとトレンドを押さえたMA-1。

スポーツウェアをきている高梨選手しか見たことがない我々からしたら、かなり新鮮ですね。なんだかE-girlsでも馴染めそうな大人っぽさ。

google imghp (46119)

同じく29日放送の「ぴったんこカンカン」の別ショット。

ですがこうしてみてみると、我々が知っている高梨選手を茶髪にして、少し派手目なアイメイクと眉メイクに変えただけのように見えます。

やはり今回の新聞記事で話題になった最大の理由は目の印象が変わりすぎていたからだったことがわかりますね。この時はまだ奥二重であることが伺えます。

google imghp (46121)

そしてここで再び現在の高梨沙羅選手。

やはり何度見ても美しいですね。また、前の画像と比較してもギャルっぽさが落ち着いているので個人的にはこちらの方が好きです。

「ぴったんこカンカン」が4月末に放送されてからわずか半年。脅威のスピードでどんどん進化を遂げている高梨選手、2018年の平昌オリンピックでは別人になっていないことを祈るばかりです…。

google imghp (46110)

イモトとそっくりと言われていた高梨選手はもういません。

メイクにはまった理由がある?

2017年5月15日(月)『しゃべくり007』に高梨沙羅が登場。

そこで彼女は、メイクにはまった背景と、そのメイク術について紹介しました!

資生堂の影響

スポンサーに資生堂が付いたことが、メイクにはまるきっかけとなったといいます。

もともと、北海道出身で田舎娘感が強かったですから、メイクが非常に魅力的に思えたのでしょうか、資生堂がスポンサーについていこう、劇的に変化していきます!

そしてそのメイクは先ほど触れたように、オルチャンメイクと呼ばれるもの。

太めの眉や涙袋をぷくっとさせることが特徴的なメイクです。

涙袋には明るい色、そしてその下に陰になるように暗めの色を使うことで、強調しているのだそうです。

さらに、目を大きくさせるための、くの字アイライン。

確かに、

google imghp (46121)

この画像を見てみると、目の端のくの字アイラインが強調されているように見えます。
また涙袋もはっきりとしていますね。
しかし、整形ではなくて純粋にメイクなのですね…。

激変ぶりに、てっきり整形でもしたのではないかと思いました!

本人も、今まではすっぴんで出ていくことも多かったが、今ではとんでもないと語っている様子。

さらに最近ではそのメイク技術を活かしてバラエティ番組にも出ているようですから、もしかしたら今後はこっちのジャンルでもどんどん活躍の幅を広げていくのかもしれませんね。

ちなみに鼻は整形?

ただ、鼻筋が高くなっているのはどうなのか、ということですよね。

実際、眉間が非常に高くなっています。

本来の日本人の鼻筋ではありえないくらいに。

メイクで上手な技法を使うとこんな風に見えるのか?とも思いましたが、さすがに無理がありそうです。

もしかしたら、鼻筋だけは整形しているのかもしれませんね。

ただ、そのきっかけもやはりメイクではないかと思います。

昨年資生堂がスポンサーについてから、美容に関して急に興味がわいてきたのでしょう。

さらにスキーでは白人たちと接することも多いでしょうから、鼻筋にコンプレックスを感じていたのかもしれませんね。

豹変ぶりには驚きましたが、これからもどんどんきれいになってほしいと思います!