高岡奏輔の2019年現在は社長?逮捕や元妻についても振り返る

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドラマや映画などで一時期は引っ張りだこだった高岡奏輔(旧芸名:高岡蒼佑)ですが、2019年現在、目にする機会は大幅に減りました。高岡奏輔は今、何をしている?過去を振り返りつつ、現在の活動について調べてみました。

高岡奏輔の現在2019年は?改名や逮捕、離婚の過去は?

「パッチギ!」「ROOKIES」「クローズZERO」…。

数多くの人気作品に出演した俳優、高岡奏輔。

2019年現在では、テレビや映画で全くと言っていいほど、見なくなってしまいました。

一体、高岡奏輔はどうなってしまったのか?!

今回は高岡奏輔の2019年現在と、過去のいろいろな騒動についてまとめました。

2019年現在には社長?!なんて噂も。真相は?

高岡奏輔とは

まずは、高岡奏輔のプロフィールや経歴をご紹介していきましょう。

簡単なプロフィールは以下の通りです。

名前:高岡奏輔
生年月日:1982年2月8日
血液型:B型
身長:175cm
出身地:千葉県

高岡奏輔の芸能界入りきっかけは、意外や意外、読者モデルでした。

高校を中退していた高岡奏輔は、読者モデルを始めると同時に定時制の高校に入り直し、さらにラーメン屋のアルバイトを開始。

某テレビ番組でその苦学生ぶりを取材されたことがきっかけとなって芸能界に入ることになったそうです。

当時はかなり大変な生活だったことが伺えますが、それがデビューに繋がったと言っても過言ではないでしょう。

努力が実を結んだのでしょうね。

俳優としてのデビューは、1999年に放送されていた連続ドラマ「天国のKiss」でした。

そこからは順調に映画やドラマで引っ張りだこ!

「ROOKIES」や「さんかく」などで彼の名前を知ったという人も多いと思います。

高岡奏輔は何度も改名している!

「高岡奏輔」と聞いて、本当はしっくりきていない…なんて人も多いかも。

じつは、高岡奏輔はデビューしてから現在の2019年までに3回もの改名を行っています。

一度改名するだけでも珍しい中、3回も改名してしまうとは驚きですよね。

新しい「高岡奏輔」がしっくりこない人がいても納得ですw

ちなみに名前の遷移は、デビュー時は「高岡蒼佑」、2006年に「高岡蒼甫」、2011年にデビュー時に戻し「高岡蒼佑」、そして2013年に「高岡奏輔」に改名し現在に至ります。

読み方はどれも同じで「たかおかそうすけ」。

名前だけで見ると芸歴が一番長いのは「高岡蒼佑」なのでこの漢字の印象が強い人も多いと思いますが、ここまでころころと名前が変わるとファンからも正しい漢字を覚えてもらいにくい気がしますね…。

現在の「奏輔」は変換も出にくいですしw

頻繁に改名する理由はというと、高岡奏輔本人曰く「常に進化していけるように」とのこと。

正直よくわからない理由ですがw一度戻っているしw

この理由が本当なのであれば、高岡奏輔は今後も改名を行っていく可能性が高いということでしょう。

高岡奏輔、宮崎あおいと結婚し離婚

高岡奏輔と聞くと、多くの人が思い浮かぶのは女優、宮崎あおいと結婚していた人!ということでしょう。

高岡奏輔は、2007年に女優の宮崎あおいと結婚。

女優の栗山千明の紹介でどちらもまだ10代の頃に出会い、交際がスタートしたそうです。

結婚報道が出たときは美男美女カップルでお似合いと言われていましたが、残念ながら2011年に離婚してしまいました。

原因は高岡奏輔の不倫やDVと言われています。

当時はいろんな週刊誌やスポーツ紙を賑わせましたよね~

約4年という短い結婚生活にピリオドを打つことになったのです。

この離婚をきっかけに、高岡奏輔は俳優として少なからずイメージダウンしてしまったと言えるでしょう。

映画やドラマではその見た目を生かして少しヤンチャな役を演じることが多かったですが、実生活となれば話は別。

妻に暴力を振るうような人間というイメージがつき、ファンも一定数離れてしまったことが想像できます。

ちなみに、2人には子どもはいませんでした。

その後、宮崎あおいはV6の岡田准一と再婚。幸せな家庭を築いているようです。。

高岡奏輔の反韓発言がヤバい

高岡奏輔といえば割と記憶に新しいのが、自身のTwitterでの過激なアンチ韓国発言です。

当時、まだ宮崎あおいと結婚中でこのことも離婚理由の1つではないかと言われました。

その発言を抜粋してご紹介します。

正直、お世話になったことも多々あるけど8はマジで見ない。韓国のTV局かと思うこともしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。とりあえず韓国ネタ出てきたら消します。ぐっばい


いやいや勝手にやってくれたらいいよ。自分の国で。それだけじゃない?日本がこんな時にボランティアにくるんだったら判るけど韓国に金が行ってるんでしょ?ないなぁ。今日本が大変な時に韓国に金。ないなぁ。

ここはどこの国だよって感じ^^気持ち悪い!ごめんね、好きなら。洗脳気持ち悪い!

などなど、かなり韓国に対して良いイメージを持っていない様子がわかりますね。

ちなみに「8」というのはフジテレビを指しているようです。

人それぞれどんな考えを持つのかは自由ですが、高岡奏輔のような人前に出ることも多い芸能人が口にしてしまうと何かとややこしいことになってしまうのは当然でしょう。

実際、この騒動がきっかけとなり所属事務所との契約は解消されてしまったようで、これらの投稿を行ったTwitterのアカウントも削除されることになりました。

2016年、高岡奏輔が傷害の疑いで逮捕される

上記の騒動があって以降、高岡奏輔の仕事量は徐々に減っていきました。

後にそんな風向きを変えようとしてか改名をしたものの、2016年にまさかの逮捕。

路上で20代男性の顔面を殴ったり、腹を蹴ったりした傷害の疑いで捕まってしまったのです。

ヤンキー映画にもよく出演していた高岡奏輔。その喧嘩っ早さは役柄だけでなく生まれ持ってのものだったのでしょうか。

最終的には示談成立となり不起訴処分になりましたが、宮崎あおいとの件もあり、高岡奏輔にはすっかり暴力的なイメージが定着してしまいましたね~

とまぁ、ここまで高岡奏輔の過去をご紹介してきましたが、気になるのが2019年現在の活動。

高岡奏輔は一体、どうなってしまったのか。。

ご紹介しますw

高岡奏輔の2019年現在は?再婚して社長?俳優として活躍も?

何かと世間を騒がせてきた高岡奏輔ですが、2019年現在何をやっているのか調べてみると驚きの姿を見ることができました。

まずは、高岡奏輔の私生活です。

高岡奏輔は2018年に再婚!二児の父親に?

高岡奏輔は2018年11月16日、自身のインスタで再婚し二児の父親になっていたことを公表。

じつは、発表より2、3年前に再婚していたようですが、相手が一般人ということもあり、あえて公表せずにいたそうです。

週刊誌にバレてしまい、発売前にSNSで公表に至ったようでした。

一時は再婚と二児の父になったのが同時期と誤解を受け、シングルマザーとの再婚か?と噂されていたようですが、どうやら子どもはまだ1、2歳で、2人とも高岡奏輔の子どもだろうと考えられます。

https://geitopi.com/wp-content/uploads/2018111701-1.jpg

インスタにアップした画像を見てもわかりますね~

年子なら、3年前の結婚で二児の父親というのもしっくりきますしね!

そして、気になる高岡奏輔の仕事。

一体どんな仕事で家庭を守っているのでしょうか。

高岡奏輔はブランドを起ち上げ社長に!

調べてみると、高岡奏輔はメンズ向けファッションブランド「LAMPS」を起ち上げ、プロデューサーとして活躍しているそうなんです。

つまり、社長の位置にいるようですね~

公式インスタももっていますし、デザインのなかなかの可愛さ!

再婚相手の協力もあり、「LAMPS」としての活動に本腰を入れているのだとか。

公式HPで販売しているようで多くの有名人に着用してもらっているみたい。

ブランドをPRした動画も見つけました。

こちら!

しかし、こちらの動画、2017年から公開し2019年現在でまだ445回しか再生されていませんでしたw

今後どうなっていくかわかりませんが、きっとどんどん良いデザインが出て大ヒットしていくはずです!!?

高岡奏輔は現在も俳優を続けている!

さらに、高岡奏輔は今も変わらず俳優としての活動を続けているようです。

イー・コンセプトという事務所を退所し、フリーで俳優活動を行っているにも関わらず、映画やドラマに、時には重要な役で出演することも多いようですよ。

しかし、離婚や逮捕の報道で大きく取り上げられることが多かっただけに、俳優としてフォーカスが当てられることは少ないのでしょう。

もう少し年月が過ぎ、高岡奏輔が良い俳優として成長を続けれていれば、以前と同じようにドラマや映画に引っ張りだこという状況も戻ってくるかもしれませんね~

これからもドラマや映画で彼の演技を見続けられることを期待したいと思います。

宮崎あおいと元旦那・高岡蒼佑の4つの離婚原因は?不倫から前科まで

高岡奏輔、傷害で逮捕!芸能界復帰は絶望的

まとめ

今回は高岡奏輔の2019年現在と、過去のいろいろな騒動についてまとめていきました。

アパレルの社長という意外な一面も見せながら、俳優業も続けている高岡奏輔。

主役級はないにしても、大事な脇役として出演していることもしばしば。

どちらかというとプライベートが注目されることが多かった高岡奏輔の、役者としての動向にも注目していきたいところです。

これからも高岡奏輔に目が離せませんね!



ページトップへ