「香川いらない」批判!サッカー日本代表に香川真司不要論

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


かつての香川真司はどこへ行ったのか。以前から日本代表では活躍が微妙だったが、今では所属チームでもポジションが危うい。最終予選突破が危ぶまれるハリルジャパンに香川の存在価値はあるのか?

最終予選突破が危ぶまれる日本代表

最近ではアジアの中では格上となっていたサッカー日本代表。ヨーロッパのサッカー大国にも引けを取らない試合を見せていたが、今は影を潜めてしまっている。代表の中心的存在だった本田・香川・岡崎らの調子が上がらず、所属チームでスタメンを取れない状況となった。それにもかかわらず若手がそれほど台頭してきておらず、日本代表暗黒期に差し掛かっている。最終予選ではフループ2位通過が求められているが、サウジアラビア戦を控えた日本は現在3位。プレーオフにはすすめるものの、アジアの中でプレーオフで進むレベルではワールドカップで良い成績を取るなど夢のまた夢だ。ここはグループ首位を取らなければならない。グループB 順位

グループB 順位

via google imghpホームのUAE戦を落としてしまい、そこからギリギリ3位をキープしている。ハリルホジッチが解任を叫ばれているが、代表選手にも不安がある。海外組として海外に拠点を移す選手が増えてきたが、人数と比較して活躍している人は少ない。5大リーグでプレーしている選手の中で、良い成績を残しているのは原口・大迫くらいだ。本田にいたっては全く試合に出ていない。本人は「試合勘」を否定しているが、所属チームの試合に出ていないということは、実力がなく、監督から信頼を勝ち得ていないということだ。攻撃的な選手は特に数字で比較されるが、もちろん得点をあげていない。勝利が求められる日本代表では変革が必要だ。ハリルホジッチは以前、「試合に出ていない選手は使わない」と話していた。しかし、今の日本代表スタメンをみると、本田・香川などあまり試合に出ているとは言い難い選手が散見される。最も、本田と香川の実力があるのは分かっている。ただ、最終予選を突破するのを目標に掲げている以上、「今」調子のいい選手を使って試合に勝つのが普通ではないのか。

浮上した香川不要論

香川真司


香川真司

via google imghp試合がある度に「香川いらない」の声があがっている。試合を見ても香川が良いプレーをしているとは言い難く、あまり得点に貢献していない。香川は「魔法使い」と言われるほどに足元のテクニックが優れており、トラップ1つで相手を抜き去ってしまい、さらに得点能力も抜きん出ていた。香川がボールを持てば、チーム全体が躍動するかのような力を持っていた。所属チームのドルトムントでは外せないメンバーとして人気が高かった。プレミアリーグに移ってからすこしおかしくなり、マンチェスター・ユナイテッドではハットトリックを達成するなどの活躍を見せたが、シーズン通しては成果を挙げられず、出戻り移籍をした。それでもハリルホジッチは信頼しているらしく、日本代表では香川本来のポジションであるトップ下に配置している。しかし、攻撃の中枢としてシュート・アシストを期待しているが全く数字として現れない。そればかりか、プレーを見てもバックパスばかり目立ち、前への動きが見られなくなってしまったのだ。トップ下を争うライバルの清武も同じく所属チームでの出場機会を失っているが、日本代表ではなかなか良いプレーをしているとの評価が多い。元々香川とは違い、得点をしに行くというよりは「パサー」として影でアシストする選手だ。前後左右の橋渡し役としてボールをつなぎ、アシストとして貢献している。現時点の香川と清武を比べてしまうと香川のほうが分が悪いだろう。一対一のシーンでもゴールを外すようになってしまった香川には「香川いらない」という代表ファンが多い。試合の内容よりもとにかく勝たなければいけない最終予選では勝つためのメンバーを入れるべきだ。ハリルホジッチは香川が以前の調子を戻して欲しいと思っているのだろうが、待っていられる状況ではなく、新しい選手を試すほうが効率的だ。

香川を活かすには・・・

まず、ハリルホジッチが考えるフォーメーションから変える必要がある。日本人は欧米と比べて体が小さく、フィジカルで負ける傾向にある。今のワントップではシュートを打つ機会がないまま試合が終わってしまう。そこで、岡崎や大迫、そして久保がいつもチームでやっているツートップを導入すればいい。4-4-2のダイヤモンドシステムが日本代表メンバーが最も活きるのではないだろうか。4-4-2 ダイヤモンドシステム

4-4-2 ダイヤモンドシステム

via google imghpFWだけではない。香川を含めたMFにも合う。原口は左サイドハーフが適性ポジションで、今よりも気持ち後ろに下がるくらいで、それほど変わりはない。右は本田か清武かわからないが、左と同様だ。そして肝心のトップ下は香川。前のツートップは1人がアタッカー、1人がシャドーとなって攻め、タイミングによってゴール前に詰め寄る。そうすれば、シャドーがいたスペースに香川が入り込むことができる。香川のテクニックでここから自由に動けるのではないか。つなぐパスが得意な日本代表なら、4-4-2が合うと考えられる。ただ唯一厳しいのがボランチと言われるディフェンシブハーフだ。香川はトップ下なのでどちらかと言えば攻撃がメイン。4-3-1-2だとボランチが2人なので守備もうまく出来たが、これだとボランチの負担が大きくなる。

香川と若手の共存

香川を活かすならば、運動量豊富な若手との共存が必要だ。今の日本代表は年齢が高く、本田・岡崎・長谷部など後半息が切れている選手が多い。もし4-4-2を実践するとしたら長谷部がボランチに入るだろう。しかし、それよりは将来のことを考えても若手を入れたほうが良い。特にボランチでおすすめなのは井手口だ。豊富な運動量に加え、攻撃参加もできる。攻撃が速い大島もいいが、守備的な面が大きい4-4-2では井手口のほうが良い。香川とパスの組み立てや戦術を共有していけば、これ以上ない布陣になる。井手口だけでなく、南野拓実や伊東純也、橋本拳人など若くて速いタイプの選手を取り入れ、攻撃の活性化に努めるべきだ。本田や原口に代わる新世代の台頭が香川の動きを良くする。「香川いらない」と言われているが、それは守備的な戦術とフォーメーションを使っているからに他ならない。まずは監督の解任から始めるべきなのかもしれない。



ページトップへ