香取慎吾が週刊文春で萩本欽一と対談!SMAP解散について語った内容とは?

ジャニーズ 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元SMAPの香取慎吾が因縁の週刊文春に登場しました!香取慎吾は、芸能界の父という萩本欽一と対談したのですが、そのなかでSMAP解散についてふれる発言をしました!香取慎吾は、週刊文春で一体何を語ったのでしょうか?

香取慎吾、因縁の週刊文春に登場

元SMAPの香取慎吾が、2017年12月27日発売の週刊文春特大号で、萩本欽一と対談を行いました。萩本欽一と香取慎吾は、10代のころからの仲で、香取慎吾は萩本欽一のことを芸能界の父と慕っているそうです。

SMAP解散騒動のころ、萩本欽一は香取慎吾を「仮装大賞」の司会から外すなら自分も番組にはでないと言い張ったエピソードもあり、萩本欽一mp香取慎吾を子どものように思っていることがわかります。

そんな親子のような2人が、週刊文春で対談するきっかけとなったのが、萩本欽一が週刊文春で「欽ちゃん76歳のボケないキャンパス珍道中」という連載コーナーがあったためです。

萩本欽一と香取慎吾の対談の冒頭で、萩本欽一が「慎吾を文春の本社で見られると思わなかった」とコメントしたのですが、その理由は香取慎吾と週刊文春には数々の因縁があるからなんです。

それはというと、みなさんもご存じ、メリー喜多川副社長が当時SMAPのマネージャーだった飯島三智に対して「SMAPを連れて出ていって」という取材内容を掲載したことでSMAP解散騒動の大きな発端を作ったのが、週刊文春だったからです。

そのほかにも、週刊文春はSMAPのさまざまなスキャンダルを報じてきましたし、また、香取慎吾個人としては香取慎吾の隠し子疑惑まで記事にしちゃっています!その写真がこちら!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/soutanion/20170405/20170405182402.jpg

香取慎吾に子供?同棲発覚で結婚は?【文春】

事実は友だちの子どもと隠し子ではなかったのですが、香取慎吾ファンにとって数々の因縁のある週刊文春の取材に堂々と応じるなんて!とても驚きだったでしょうね~

しかも、当たり障りのない話をして終わる香取慎吾ではなかったのです。週刊文春で、香取慎吾はSMAP解散の秘話を語りました。

香取慎吾が週刊文春でSMAP解散を語る

週刊文春で香取慎吾が語った内容とは、まず、長年SMAPのマネージャーを務め、現在は「新しい地図」で香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛の活動を支えている飯島三智についてです。

萩本欽一がある番組で「その人のために頑張れるという人いるの?」と香取慎吾に聞いたとき、「います」と答えたことを話題にあげ、その人はどんな人なのかと香取慎吾に問いました。

香取慎吾は少し悩みながら「この人と一緒に仕事をしたいと思っている人です」と答えました。

それはいわずもがな、飯島三智のことですよね。そして、香取慎吾は、続けて「その人がAと言えばAを選ぶ」とその人物になら、重要な判断を任せてもいいと思えるほど、その人を信頼していると語りました。

そして、その気持ちは香取慎吾自分だけではなくて、草彅剛と稲垣吾郎にもあった。だから、今3人でやることになったのは、ほかの2人とはお互いで誘い合ったのではなく、飯島三智の存在があったためだと話しました。

そんな香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎が慕う飯島三智の顔写真がこちら!

http://geitopi.com/wp-content/uploads/2015110205-1.jpg

やはりベテラン感が出ていますね~

この3人がここまで、信頼するのですからかなりの敏腕なんでしょうね。

そう、SMAPを国民的大スターに育て上げたのは飯島三智のプロデュース力のためと言われても過言ではないほどなんです!

今までのジャニーズたちがやってこなかったことをSMAPが率先して挑戦し、現在のアイドルの形を作り上げていったのも、すべて飯島三智のプロデュースによるものと言われることも多いのだとか。

そして、香取慎吾ら3人がジャニーズ事務所から退所した後も、飯島三智を香取慎吾ら3人を新しいことへ挑戦させています。確かに、「72時間ホンネTV」やSNSへ進出、映画製作とかなり斬新な企画で世間を驚かせてきましたよね。

こんなに香取慎吾が信頼する飯島三智のプロデュース、今後もとても楽しみですね。

また、香取慎吾は週刊文春内で、SMAPのメンバーについても語りました。

香取慎吾、週刊文春でSMAPメンバーを語る

なんと、現在はジャニーズに残り、不仲説まで流れていた木村拓哉、中居正広についても香取慎吾は語ったのです。

萩本欽一が香取慎吾に、「SMAPでは慎吾が年下だったけれど、そのとき、年上のメンバーは先輩という存在?仲間という存在?どっち?」と聞きました。

そして、香取慎吾は、う~んと悩み、しいて言うならお兄ちゃんのような存在かなと話しました。

香取慎吾は、お兄ちゃんという存在だったから、違うなと思うことがあれば「ふっざけんな」と素直に言えていたとSMAPの関係を暴露しました。

それも、気を使わないいい関係と言えますよね~家族なんですから。

SMAPの関係は年を追うごとに変化していたとも語りました。そりゃ年月が経てば、いろいろな思いがお互い出てくるもんですよね。

そんな赤裸々な香取慎吾の週刊文春での話に、世間の反応はどんなものだったのでしょうか。

さまざま意見がありますね~でも、やっぱり因縁の週刊文春に乗り込んだ香取慎吾がかっこいいと好評なようですね。確かに!かっこいいです香取慎吾!

まとめ

今回は、香取慎吾が因縁の週刊文春で萩本欽一と対談に臨んだことをまとめました。対談での内容も、香取慎吾の本心が見えてきていいですし、何よりも因縁の週刊文春で堂々と語ったということだ素晴らしいですよね。

週刊文春も仕事だから仕方ないでしょうが、これからは香取慎吾含む元SMAPのメンバーたちをしっかり応援していってほしいものですね。


ページトップへ