未来の靴!ヒールの高さ調整可能「mimeetmoi」

ファッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

可愛いデザインだけどヒールがちょっと…完全カスタマイズもお金がかかる、デザインで妥協したくない。そんな複雑な乙女心を解決してくれる靴がドイツからやって来た!5種類のヒールで痛みとおさらば!

ヒールに特化したブランド

女性にとってヒールの靴はオシレのために欠かせないアイテムですよね。結婚式やパーティー、彼とのディナーは気合を入れたハイヒールで行きたいし、友達と心ゆくまでショッピングしたい時はフラットシューズでお出かけしたい。仕事の時は足が疲れない程度のヒールにしたいですよね。お店で素敵な靴に出会えても、ヒールの高さが納得できなくて買うのを諦める、なんてこともあるのではないでしょうか。そんなお悩みをドイツの会社「mime et moi」は見事に解決してくれます。

色やデザインまで自分の好みでカスタマイズ、シュミレーションできるサービスは以前からありましたが、結局お財布と相談した結果買わない方もいたのではないでしょうか。ドイツの「mime et moi」は数ある靴のカスタマイズの中でも、ヒールに焦点をあてているユニークな靴専門ブランドです。なんと靴のデザインは一種類しかなく、それにカラーバリエーションと5種類のデザインのヒールの付け替えでほかとはかぶらない個性を出しています。デザインに統一感を出すのは几帳面なドイツの国民性でしょうか。

シンプルなサンダル風のデザインに色とヒールのバリエーションを加えているのが特徴です。

mime et moiのヒール、付け替えは自由自在

ヒールの付替えはワンタッチで簡単。付けたいヒールを装着したら、少し体重をかけて固定するだけです。不器用な人でも1人でできそうですね。via www.youtube.com

mime et moiのヒールの種類

ヒールの種類はピンヒール10センチ、ピンヒール7センチ、ノーマルヒール10センチ、ノーマルヒール7センチ、フラットの5種類です。ヒールを持ち歩いて仕事中とオフのときとでヒールの高さを調節することもできます。旅行にももってこいです。張り切って持っていった靴を結局使わずただの荷物になってしまったなんてこともありません。靴のデザインはそのままに、ヒールだけを変えてその日の気分を楽しむことができそうです。

靴の収納場所を消費すること無く、気分とTPOに合わせてヒールを自由自在に変えることが出来るのがこの「mime et moi」の最大の魅力です。ただ、サイズがUSサイズで「5」からで、EUサイズで「4」から。つまり日本サイズだと23センチからしかありません。小さい靴のサイズの方は履くことができないのが唯一の弱点です。これからサイズの幅が広がることを期待して待つしかないですね。

mime et moiはこだわりがたくさん!

とても便利な靴ですが、製造しているのはスペインにある小さな工場だけです。付け替えの機能も、ここまで簡単にするために技術開発や実装だけで4年の歳月をかけています。シンプルなデザインですが一朝一夕ではないのですね。付け替えの技術だけではなく、歩きやすさや履き心地、耐久性にも改良に改良を加え、女性が快適に履ける靴を目指してきました。

mime et moi開発の光景

パソコンや模型を使って入るところを見ると、綿密に計算されたデザインであることがわかります。車など工業産業も盛んなドイツ。靴も機能性と利便性を追求している様子が伺えます。だからといって靴のファッション性を捨てていはいません。最新の技術とファッションが融合したデザインです。

mime et moiのお値段は?

お値段はスタンダードなモデルで一足175ユーロから(日本円で約20,000円)。5種類の靴を別々に買うと考えるとお得に感じます。洗練されたデザインとアイデアを考えると適切な価格と言えるのではないでしょうか。

mime et moi、日本進出は?

現在、店舗が日本に進出する予定はありません。購入も、ドイツのサイトからユーロで買うことしかできません。しかし、2017年の4月から、外国へ向けたインターナショナルな通販サイトを展開するとの発表があったので、日本円で購入ができるようになるかもしれません。それに合わせてサイズ展開もしてくれるといいですね。

…who said High heels are for weekend nights out only? #mimeetmoi #mimestagram #freedomofchoice

Mime et moiさん(@mimeetmoi)がシェアした投稿 –


靴で一日の気分が左右されてしまうことが、「mime et moi」の靴によってなくなるかもしれません。シンプルなデザインなので様々なジャンルのファッションに合うし、履く女性のスタイルやジェネレーションに左右されることも少ないでしょう。高いヒールに疲れたらさっとフラットシューズに変えることが出来る点も便利ですよね。オシャレは足元から。自分の好きな靴を履いていきましょう。



ページトップへ