大ブレイク確実!? 注目の若手女優、門脇麦の魅力!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「愛の渦」で注目を集め、それからは多くの作品に出演している若手女優の門脇麦。華があるわけでもない、真面目で根暗そうなイメージ、でもなぜか惹きつけられる… そんな彼女の不思議な魅力に迫ります。

今をときめく若手女優、門脇麦とは?

人気若手女優というとみなさんは誰を思い浮かべるでしょう。広瀬すずや二階堂ふみ、土屋太鳳などでしょうか。とっても可愛く、人気もある彼女たちですが、今、そんな彼女たちにも負けない勢いで注目を集める若手女優が一人います。それはズバリ、ドラマ「まれ」で土屋太鳳とも共演した門脇麦です!

「まれ」ではヒロインの義理の妹で親友という役をこなしましたが、これを見たコラムニストの景山貴彦は「こんななんでもない役だったのに示した彼女の存在感は、その女優の懐の深さがあってこそ」と言い、「まだ彼女のポテンシャルを存分に活かせる作品に出会っていない印象。 出会った時が楽しみ」と大絶賛しました。google imghp (32491)

生年月日:1992年8月10日(23歳)
出身:東京
身長:160cm
活動期間:2011年~
事務所:ユマニテvia google imghp写真を見ても分かる通り、広瀬すずや二階堂ふみのような可愛さや華があるわけではありません。しかし、なぜか彼女の演技には惹きつけられてしまうのです。そういう不思議な魅力のある珍しい女優です。

彼女の所属事務所であるユマニテも、東出昌大、満島ひかり、安藤サクラなどモデルから俳優まで幅広く人材を育成している大手の事務所なので、このバックボーンも、彼女の成長を大きく支えているのだと思います。

特技は12年間習っていたクラシックバレエで、中学2年生のときにやめてしまいましたが、この特技を活かし、2013年放送の東京ガスのCMでバレリーナ役を演じて注目を集めました。

転機となった作品「愛の渦」はR18+指定の問題作!?

そんな彼女が一気に注目を集めるきっかけとなった作品は、三浦大輔監督の「愛の渦」という作品でした。「性欲」をテーマにし、人間の汚い部分をリアルに描いたこの作品は、裏風俗を舞台とし、本編123分の中で服を着ているシーンがわずか18分しかないという問題作でした。

この作品で彼女は、「地味なのに性欲の強い女子大生」の役で、主演の池松壮亮らとともに、大胆な濡れ場を演じました。その純粋さからくる色気と体当たりの演技が評判を呼び、今まではオーディションに参加して役をもらっていたのが、この作品に出演してからはオファーをもらえるようになったということです。google imghp (32504)

映画「愛の渦」のポスター
キャッチコピーの「笑っちゃうほどむきだしの欲望」の通り、人間の欲望が性を通して生々しく描かれている作品です
また、見るからにポスターの肌色面積が大きく、エロい映画だというのも一目でわかります(笑)via google imghp様々な葛藤がありながらも、間違いなく自分にとって大きな作品になったというこの「愛の渦」。この映画で彼女は第6回TAMA映画賞の最優秀新人女優賞、第88回キネマ旬報ベスト・テンの新人女優賞を受賞しています。

その後、ドラマの主演も増え、徐々に人気が出てきている彼女。まさにこの作品こそが彼女にとっての転機となったことは言うまでもありません。


イメージとは真逆の明るい性格! 名前を活かしてCMにも抜擢!

「愛の渦」の印象が強くなるとどうにも彼女に対して「根暗」「真面目」といったイメージを抱いてしまいがち。女優業に真面目なのは間違いないでしょうけど、根暗に関しては本人がきっぱりと否定。明るい性格であることを明かしています。

そんな明るい彼女が見られるのはアサヒの六条麦茶のCM。麦という名前の彼女にぴったりの麦茶のCMでは「愛の渦」の彼女とは別人と思えるような快活なキャラクターを見せてくれます。

アサヒ 六条麦茶 CM

麦という名前にぴったりの麦茶のCM
「頭のてっぺんから足のつま先まで、麦です」というセリフが印象的で、CM全体を通してとってもさわやかな雰囲気になっていますvia www.youtube.comちなみにCMでも言っているように、この「門脇麦」という名前は芸名ではなく本名だそう。麦のようにまっすぐ育ってほしいという思いを込めてつけられた名前なんだとか。かなり珍しい名前ですが、それをそのまま芸名にしてしまうのも凄いですね!

濡れ場では傷ついている…? それでも果敢に挑むその強さの秘密は?

「愛の渦」では過激な濡れ場を演じた彼女ですが、他の作品でも濃厚なキスシーンやベッドシーンなど、過激な撮影をいくつかこなしています。あまりにも演技のレベルが高く、そういったシーンに抵抗がないのかと思われがちですが、そんなことはなく、そういったシーンの撮影があった日はお風呂で泣いて気持ちをリセットしているらしいです。

「そういうことは好きな人とするのが一番幸せ」と本人も言うように、女優とはいえ傷ついているということですが、それでも彼女は果敢に撮影に挑んでいます。

この根性こそが、彼女を注目の女優へと押し上げている大きな要因の一つなのかもしれません。朝ドラからアングラな作品まで、幅広くこなす器用さと、どんな役でも受け入れる度量でさらに上を目指して行ってほしいです。

まとめ

今後大注目の女優、門脇麦について少しでも知っていただけたでしょうか。もし興味を持ったのなら、まずは「愛の渦」を見てみることをおすすめします! 体当たりの演技と作品の雰囲気が彼女の魅力を存分に引き出しています。

多くの若手女優が活躍している芸能界。そんな中での門脇麦の今後の活躍に期待です!



ページトップへ