釈由美子、出産授乳育児に言及で世のママたちから絶賛

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

女優でタレントの釈由美子が6月12日に男児を出産しました。以前から自身のブログで妊娠や出産などについて意見を述べており、その意見に世の中のママたちが絶賛。無痛分娩と授乳についても語っています。

ブログには賛否両論も応援の声

先日出産した女優、タレントの釈由美子がブログ「今日も余裕しゃくしゃく」で出産や授乳、育児にわたって自分の意見を書いていることが話題になっています。単純な経過報告だけでなく、無痛分娩や授乳など公に話しにくいことをどう思うかも含めて語っており、批判の声も多少あるものの、賛成や子育てを応援する声が広がっています。

@yumiko_shaku)さんの投稿

釈由美子

スタイルがいいことで有名ですね。もう38歳ということですが、あまり変わっている感じはしませんし、美貌をキープできているように思います。via google imghp釈由美子はグラビアアイドル出身で現在は主に女優業を中心に行っていました。昨年10月に結婚を発表し今月出産となり、おめでたいことが続いています。妊娠の発表は1月にしており、当然ですが最近はあまりテレビには出ていないですね。2010年からヤフーからアメーバブログにうつり、ブログを継続しています。妊娠中も出産した今もブログを何度も更新し、助けになっているママさんも多いみたいです。ブログは釈由美子の本音がいろいろと書かれており、妊娠を発表した際の記者の「結婚を発表したときには妊娠は分かってたんですよね?でき婚ですか?」などの質問に不快感を表していたこともありました。排卵障害を告白し、女性と男性の妊娠の価値観の差についても言及するなど、あまり普通の芸能人がいいうのをはばかられるようなことをはっきり表現するので、そういうところもブログ人気のひとつになっているでしょう。そんな釈由美子のブログの中で最近物議を醸したものを紹介します。

無痛分娩

釈由美子は出産時のあまりの痛みのために無痛分娩を選択しました。計画出産はせずに、自然に陣痛が来た時に麻酔を打ってもらったそうです。「全く痛みがなくスムーズに出産が出来てよかった。高齢出産なので体力不足も考慮してのことだった。選択肢が多いのはいいこと。」と語っており、無痛分娩が一般的でない日本に無痛分娩の経験を教えてくれています。

『無痛分娩』と言うと

どうしても肩身が狭く
後ろめたい気持ちになります

「お腹を痛めて産んでこそ、母親!」

という信念が日本には根強いので
まだまだ無痛の需要も、産院も少ないのが現状です

無痛分娩は、麻酔を使って妊婦のお産の痛みを和らげる方法です。分娩にはものすごい痛みを伴いますので、これによって多くの妊婦が楽になると言われています。痛みを少なくするだけであって、いきまなければ赤ちゃんは出てきませんし、痛み以外は普通の出産と同じだそうです。医学的研究の結果、身体へのリスクはほぼなく、特に欧米では積極的に使われています。アメリカでは6割を超える使用率ですが、無痛分娩が進んでいない日本ではいまだに3%を下回っています。やはり、釈由美子の言う通り、日本では無痛分娩があまり広まっていません。出産は痛みも含めて出産のような声が男性や年配の女性を中心に多く、自然分娩を選ぶケースが多いようです。世のママさんたちも「子供に影響あるわけじゃないなら無痛でも問題ない」「痛みに耐えてこそみたいな精神論を押し付ける日本の風習が嫌」「リスクの少ないお産を選ぶのは当然」と釈に肯定的な意見が多いです。こういったことから無痛分娩が普通になればいいですね。

共感する女性は多いみたいです。

「あきらめること」

このタイトルで書かれたブログは賛否両論でした。その理由は釈由美子が少し言葉足らずだったということもあるようです。ここでは授乳を続けていた釈が一気にあげ過ぎたこともあり、ついに母乳が出なくなったことを中心に書いてあります。産後すぐには母乳が出ないようで、「カスカス」と表現していました。母乳に変わってミルクをあげたようで、このことを「あきらめること」としていたかのようにみえました。これには批判があり、「母乳じゃないといけないのか」「あきらめるってなんかひどい母親みたい」などの声がありました。すぐにその日のうちにすぐに釈は訂正し、「あきらめるというのはミルクに替えることではことではない」としています。

タイトルの
「あきらめること」というのは

完全母乳からミルクをあげることを
「あきらめる」と捉えているわけでは
全然なくて

私の完璧主義的な意固地な性格を
解放させなきゃという意味で

「あきらめること」と書いてしまいました

誤解を招く表現のせいで
ミルク育児をされていた方に不快な気持ちにさせてしまって、
心からお詫び申し上げます

しかし、もともと世のママさんたちはこの「あきらめる」の意味を把握していたようで、ブログにもたくさんの応援メッセージが届いています。「子育ての時はたくさんのことで手いっぱいになるから『あきらめること』も大切。」と書かれたものもあり、ママさんはいつも味方のようですね。

ブログ更新

芸能人がこういう風に日ごとに細かくブログを更新してくれるのはママさんにとってはありがたいようです。妊娠や出産の辛さをネットで調べても知識しかわかりませんし、無痛分娩を知らなかった人もいるでしょうから、色々な面でプラスに働いていると思います。すごく頻繁にブログを更新しているので、「ブログ見てないで子供をみろ」みたいな声もありますが、一般人がするより芸能人がブログを更新した方が拡散力がありますから、これからも続けていってほしいですね。変な親バカにだけはならないでほしいですが。



ページトップへ