元モー娘。道重さゆみ2年ぶりブログ更新!11/26復帰?

ハロプロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

元モーニング娘。のリーダーで、バラエティでも大活躍していた道重さゆみ。2014年のグループ卒業以来、現在は表舞台から姿を消し、芸能活動を休止しています。そんな彼女が先日約2年ぶりにブログを更新。復帰も近い!?と話題。

道重さゆみが2年ぶりにブログ更新

via google imghp10月2日、元モーニング娘。リーダーの道重さゆみが卒業以来初めてブログを更新し、話題となりました。
その内容は、わずか22文字。それにも関わらず、ブログには一瞬で3500件以上のコメントが。さらにはtwitterなどのSNSや報道で大きく話題になりました。

なんと、twitterの世界トレンドランキングでも「道重さゆみ」が一時14位になるほどの注目っぷり。道重さゆみ、そしてモーニング娘。が日本だけでなく世界中から愛されていることがわかりますね。via google imghp

道重さゆみの歴史

via google imghp道重さゆみは1989年7月13日生まれで現在27歳。
2002年、当時13歳だった道重は「LOVEオーディション2002」にて、応募総数12,417名の中から、亀井絵里、田中れいなと共にモーニング娘。6期メンバーに選ばれます。

しかし、6期加入後初のシングル「シャボン玉」で同期の田中れいながメインに抜擢され活躍する一方で、道重は歌も下手、踊りも下手、顔だけがとりえ。歌唱力主義のハロプロでは後列にずっと置かれ、劣等生で人気もいまいち。
さらに7期生として鳴り物入りで後藤真希以来のピン加入をした久住小春の教育係に任命されるも、久住には付き人のようにこき使われるなど不遇の時代が続きました。しかし道重は腐らずにモー娘。として活動を続け、2006年にソロラジオ番組「今夜もうさちゃんピース」をスタート。当時仕事の少なかった道重はラジオで話すネタを常に練り続けます。このラジオにより、ファンも運営も、さらに道重本人も自らの喋りの才能に初めて気づくこととなります。
そして、ソロラジオでのトークが評価され、明石家さんまのラジオ「ヤングタウン」のレギュラーにも抜擢。明石家さんまに「可愛くて面白い、おまえが何で売れへんのかわからん」と言われるほどにまで成長。

via google imghpそして、道重の転機となったのが2009年のロンドンハーツ「格付けしあう女たち」への出演。
道重は14歳ごろからナルシストキャラは始めていたものの、18歳ごろから潮時と考えて毒舌キャラに移行していました。しかし20歳間近でのゴールデンのバラエティ場組出演とあって、道重は賭けに出ます。
過去のナルシストキャラに、現在の毒舌キャラを掛け合わせた道重のトークは切れ味充分。当時のロンドンハーツを引っ張っていた国生さゆりや杉田かおるなどと対等に渡り合う姿が話題となり、道重のテレビ出演ラッシュが始まります。一気に売れっ子街道へ。

via google imghpそして2012年にはモーニング娘。のリーダーに就任。2013年1月には52ndシングル「Help me!」で、およそ3年8か月ぶりとなるオリコンチャート1位を獲得し、モーニング娘。復活のきっかけとなったリーダーと言っても過言ではありません。

そして翌年2014年の4月に卒業を発表。同年11月26日をもってグループから卒業し、約11年10か月、4329日(モー娘。歴代最長在籍期間)ものモーニング娘。生活に終止符を打ちました。
そして卒業~現在は芸能活動を休業しています。

モーニング娘。卒業の理由が泣ける

via google imghp2014年11月26日でモーニング娘。から卒業した道重ですが、その卒業には深い理由がありました。

①道重さゆみのピークに卒業したかった

via google imghpまず、道重自身が「一番輝いているうちに卒業したい」と話しています。アナザースカイの出演時にも「鼻があるうちに散る前に卒業がしたい」と語っていました。当時はいつものナルシストキャラの延長ととられスタジオにも笑いが起こっていましたが、意外と本気の発言のように思われます。というのも、道重は常にストイックで有名。モー娘。に加入後、顔がむくむという理由でうつぶせで絶対に寝ない、夜中に食べない、など常に自分を律してきた彼女。簡単なようにも思えますが、当時14歳の少女が、25歳になるまで約12年間その生活を続けてきたと考えると道重のアイドルとしての意識の圧倒的な高さがうかがえます。

過去、ここまで自分を完璧にコントロールし、仕上げて来たメンバーは居ないと思います。プロを感じます。

プロデューサーのつんく♂にもこう称されるほどのプロ。

②今後のモーニング娘。のために

「『よし!私、今日もかわいいぞ!』というコメントがギャグ化する前に、リアルにかわいいうちに卒業したいんです。」と。
そして「グループが盛り上がってきている『今』卒業したいんです。」

道重が卒業に対して明かしたコメントの一部。前半は先程の理由と同じですが、後半には自分を育ててくれたモーニング娘。への思いが明かされています。

道重はデビューから度々、「芸能界に興味があった訳でもなく、歌とかダンスがしたかったわけでもなくて、モーニング娘。が好きで、ただその気持ちだけでここまでやってきた」と発言しています。
そして、一見ナルシストで自分のことしか考えていないようにも見える道重ですが、実はだれよりもモーニング娘。というグループへの思いが強いメンバーでもあります。
その思いが垣間見えたのが2011年、「いきなり!黄金伝説」への出演。

via google imghp1ヶ月1万円生活にチャレンジした道重ですが、途中で1人涙を流すシーンも。その時に道重はこう語っています。

私が頑張れたのはモーニング娘。の存在をアピールしたかったのが一番。
ファンの方だけじゃなく、世間の方にも知ってほしかった。

2011年当時はまだ道重がリーダーではありませんが、テレビに出演しているのはほぼ道重だけという状態でした。モーニング娘。の看板と言っても過言ではないくらい、一人ですべてを背負っているようなものでしょう。
このエピソードからも、道重がリーダーとしてみんなを引っ張っていくだけでなく、リーダーとしてモーニング娘。に自分のすべてを捧げるという献身的な性格が分かりますね。2013年ごろから道重だけでなくモーニング娘。全体が注目され、シングルもオリコンで1位を獲得するなど人気は急上昇。
だからこそ道重は、人気がうなぎ上りになっているモーニング娘。に自分がいると、後輩たちに光が当たらないと思い卒業を決意したのでしょう。「紅白出場」を目標に掲げていたにもかかわらず、紅白の直前(実査には出場は実現しなかった)に卒業したことも、紅白という舞台で、道重がいなくともモーニング娘。が存分に輝いている姿を世間に知らしめたかった、という想いの現れにもとれます。

11月26日が芸能界復帰Xデーか?

卒業後、モーニング娘。のことを思って世間から姿を消していた道重。しかし今回の復帰疑惑も、道重卒業後のエースだった鞘師里保、バラエティで活躍していた鈴木香音が相次いで卒業し、モーニング娘。自体の人気が右肩下がりになってきていることへの、道重なりの一つの献身なのではないでしょうか。

左から、鞘師里保、鈴木香音via google imghpモーニング娘。在籍時から、道重は重要なことを発表するときは意味のある日付や場所を選んでいました。卒業発表をしたのも、地元山口県でのコンサート。
所属事務所は「今後の活動については未定」と話していますが、もし、道重が芸能活動を再開するとなれば、卒業からぴったり2年となる11月26日が一つのターニングポイントと言えそうです。

道重復活の日も近い・・・?via google imghp



ページトップへ