【動画】2017年4月放送開始アニメ進撃の巨人2期予告PV公開

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人気漫画原作のアニメ進撃の巨人の第2期の予告動画が公開されました。今や日本だけではなく世界中にファンを持つ人気作の待望の2期とあり期待が高まります。物語のカギを握る“獣の巨人”も登場!圧巻の立体機動装置シーンも健在!

ファン待望の進撃の巨人2期いよいよ!

人類と人間を捕食する巨人との戦いを描いている“進撃の巨人”。
新しい観点で描かれた作品として2010年、単行本の出版が始まって以来多くの漫画ファンを虜にしてその世界観へと引きずり込みました。
ストーリーはただ単純に人間と巨人が戦うだけというものではなく、それぞれのキャラクターの個性がとても強くグロテスクな描写も含んでおり読みながらつい力の入ってしまうような作品です。

via google imghp2013年にはアニメとしての放送もスタートし漫画でも迫力満点だった戦闘シーンを素晴らしいアニメーションで表現、CGを使わずにとんでもなく高いクオリティーの映像に視聴者は驚きました。
進撃の巨人の戦闘シーンは作中に登場する“立体機動装置”というワイヤーを使い飛び回る事ができる装置を使い、人間よりも遥かに大きな巨人の弱点である“うなじ”を切り落とすという戦闘です。
その立体機動装置を使ったキャラクターの躍動感溢れるアニメーションは2期でも健在でしょう。
妥協を許さない高レベルなアニメーションは恐らく制作側はとんでもない労力と時間を費やしているのだろうなと感じさせます。

via google imghp1期は全25話の放送となりましたが実際は振り返り総集編のような形で13.5話という回も存在しており合計26回の放送で編成されていました。
13話までの物語を簡単にまとめて作画は使いまわされている様子を観て「制作間に合ってないのかな」と感じた視聴者も多いのではないでしょうか。
私はそう思いましたw

原作のストックもあまりありませんでしたしね・・・
25話まで放送し1期の終了はあくまで原作の進みに合わせたような展開でストップし、2期は原作待ちという流れになりました。
25話終了時では原作では8巻までの進行となり、キリが良いところで終わりましたが原作はその辺りからすごくストーリーが複雑になってきたような気がします。
諫山創原作の漫画ですが戦闘シーン以外はかなり字が多い印象があります。
キャラや用語、時系列など結構詰め込まれたような作品なので私の理解力では1巻につき3回程読み直さなくてはなかなか理解できない箇所があったりします(笑)

1巻でかなり進んだな~と思う時もあれば1回も戦闘せずに終わる巻などもありました。
そんな原作も2016年12月現在でなんとか21巻まで物語は進んでいます。
恐らく2期は原作9巻~2017年4月発売の原作22巻までの間で進むストーリーになるはずです。
そんな第2期の予告が早くも公開されています。

アニメ「進撃の巨人」2期 予告PV 第1弾

2016/12/24に公開された進撃の巨人2期の予告動画です。
やはりキャラクターの動きの滑らかさがすごいです。
今回も“作画兵団”が奮闘しているのでしょう!
巨人発生の原理のカギを握っていると思われる獣の巨人も登場しています。via www.youtube.com


3期もあり?最終回はどうなるのか?

私は一応アニメ、原作どちらも読み進めているのですが21巻はかなり大きな進展があった1冊になったと思います。
まだ読んでいない方にはネタバレになるかもしれないので注意です。

個人的な意見なのですが21巻を読んだ感想としてはなんとなく最終回が近いような気がしました。
これまで作中ではかなり前から人類を捕食する巨人の秘密は主人公であるエレン・イエーガーの父グリシャが知っておりその秘密はエレンの家の地下室にあるとしていましたが、なかなか地下室へはたどり着かず足踏みをするような話ばかり・・・。まあそれでももちろん面白かったのですが!

そんな中21巻になり急にサクッと地下室までたどり着いてしまいました。
そこでグリシャが残した巨人の秘密を知る事になりました。

最終回が近い気がするとは言っても進撃の巨人がどのような終わり方をするのか分からない為あくまで私の勝手な想像だったのですが、主要なキャラクターが次々と死にここから物語を展開するのはなかなか難しくなってきたのではないかなというのも大きな要因です。
新しくキャラクターが追加されてもなんかワンピースのように延々グダグダしそうで嫌です(笑)
新キャラ無しで今生き残っているキャラだけで終わってくれた方がスッキリするなと私は思います。

原作者諫山創さんも主人公も巨人になる事ができる設定というのは制作途中で思いついた案だと話していましたし、もしかすると諫山創さん自身も最終回をどうするか決めてないという展開もあり得るのかも知れません。

今回公開されたのが2期の予告PV第1弾となっていますので放送開始となる2017年4月までに第2弾、第3弾と次々予告PVが公開される可能性も高いです。

原作単行本の新刊22巻は2017/4/7発売予定となっているので2期が始まるのにもちょうどいい時期です。
今現在アニメーション制作チームが必死に戦っている事かと思いますが、ファンとしては楽しみで仕方ないですね!
続報を首を長くして待ちたいと思います!!


ページトップへ