貴ノ岩、暴行された傷写真がヤバい。頭にホチキス…【画像】

他スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


貴ノ岩が日馬富士に暴行された事件が世間を騒がせていますが、貴ノ岩が負ったとされる怪我の写真が公開されました。かなり痛々しい傷口ですが、なぜ暴行事件になってしまったのでしょうか。

貴ノ岩、暴行されたときの傷口が公開された

貴ノ岩に暴行したとされる横綱日馬富士ですが、その暴行の仕方が問題になっていましたね。当初はビール瓶で頭を殴ったとされていましたが、日馬富士本人は、「ビール瓶では殴っていない。素手とカラオケのリモコンで殴った」と証言しています。何を使おうと、貴ノ岩を殴ったことは認めています。

貴ノ岩への暴行事件

貴ノ岩を殴り、怪我を負わせたのなら、立派な暴行事件なのですが、その場にいた人たちの証言が食い違っており、ビール瓶で殴っていないとする人と、ビール瓶で殴っているのを見たとする人がいるのです。この事件は、ビール瓶で殴ったか殴っていないのかが大きく取り上げられているのですが、貴ノ岩のケガの程度が分かる画像があるので、ご覧ください。

貴ノ岩の怪我の画像は、元小結旭鷲山が公開した

元小結の旭鷲山が出した写真で、顔が映っていないので100%貴ノ岩かどうかは分からないが、99%は貴ノ岩であるとされています。想像以上にひどい傷と思った人もいたのではないでしょうか。頭がパックリ割れたのか、ホッチキスで傷口をとめている痛々しい傷口が目立ちますね。次は、静止画でご覧ください。

貴ノ岩のケガ

写真には、力士のような髪型の男性の頭頂部に医療用のホチキスが10針ほど打たれている様子が確認できます。写真が撮影された時期について旭鷲山は、「はっきりした日時は不明だが、けがをしたあと、3、4日後に撮影されたと聞いている」と述べました。

そのうえで、みずからが貴ノ岩から電話で聞いた話として、頭部のけがについて、「貴ノ岩は頭を何針も縫ったと話していた」と述べ、貴ノ岩のけがの状態に懸念を示しました。

元小結の旭鷲山は、貴ノ岩と直接電話をし、貴ノ岩が頭を何針も塗ったと話していたと証言しています。これほどのケガが果たして素手で殴られたり、カラオケのリモコンで殴られたことで負ってしまうものなのでしょうか。もっと鋭いなにかで殴ったのではないか?と思ってしまうほど、痛々しい画像です。

貴ノ岩はいまだに何の証言もしていませんが、実際に被害届を出したという貴乃花親方にも、避難の声や応援の声が集まっています。相撲協会からは孤立しているようですが、もし貴乃花が被害届を出さなかったら、うやむやにされたのではないか?と思うと、今後も暴行事件が起きる可能性もあるということですよね。

被害届を出した貴乃花親方

理事会で巡業部長を務める貴乃花親方(元横綱、45)の冬巡業(3~17日)の不参加が決まった。MCの坂上忍(50)はこの措置は処分なのかと相撲取材歴30年の横野レイコリポーター(55)に質問した。これに対し横野リポーター(55)は「処分じゃないと思います。処分はこんな程度では済まないと思う」と協会の聴取に応じていない貴乃花親方に対し今後、協会が厳罰を処す見方を示していた。

そんな貴乃花親方は、巡業部長を務めているのですが、冬巡業には参加しないことが決まりました。今後なにかしらの罰が与えられる可能性があるようですが、「貴乃花親方は正しいことをしている」という人が多いのも事実です。相撲協会に対する不信感が募っている人は多いでしょう。

日馬富士、貴ノ岩に暴行!原因はスマホが鳴ったから!逮捕は確実か?

【衝撃】貴乃花親方が痩せすぎて誰だかわからない。

日馬富士は引退を決意

貴ノ岩への暴行事件で、世間を大いに騒がせている日馬富士ですが、今後はどうなるのかと思いましたが、引退を発表しました。精神的にも辛かったようですし、横綱としての責任を取るためにも引退になったのだろうと思いますが、せっかくの才能が勿体ないですね。しかし、どんなことがあっても殴るのは良くなかったことでしょう。

日馬富士は暴行事件で引退

日馬富士関は29日午後、伊勢ヶ浜部屋宿舎のある太宰府天満宮(福岡県太宰府市)内で記者会見を開き、「横綱としての責任を持って引退させていただきます」などと引退に踏み切った心境を語った。

本来はとても優しい性格をしていると周囲から言われている日馬富士ですが、なぜ貴ノ岩に対してそんなに暴行をしなければならなかったのでしょうか。普段が温厚な性格ということは、日馬富士もたくさんのストレスが溜まっていて爆発してしまったとしか考えられませんね。まずは、日馬富士の引退会見を見てみましょう。

日馬富士の引退会見

日馬富士は、貴ノ岩の態度に激怒し、貴ノ岩を指導するつもりで暴行したとされています。その後、貴ノ岩が謝罪をし、日馬富士と握手をして和解したとのことですが、貴乃花親方が被害届を提出したことで、事件が明るみに出ました。世間の人が日馬富士に向ける目も厳しいものになったのではないでしょうか。

ただ、日馬富士が貴ノ岩を暴行したように、日馬富士が新人のときも先輩からの暴行があったのではないでしょうか。相撲業界では、そんなこと当たり前のように起きていたのでは?と、思ってしまいますね。だから日馬富士も貴ノ岩に暴行したのかもしれません。なにはともあれ、優秀な才能がなくなってしまいましたね。

SNSでは、日馬富士の引退は当然とする人もいれば、引退まではしなくてよかったとする人もいます。引退会見を見ていると、なんだか悲しくなってきますが、戦うときは土俵の上で正々堂々と戦わないといけないということですね。

日馬富士、引退会見で反省の色なし!貴ノ岩への謝罪一切なし!【動画】


日馬富士、普段の性格は?モンゴル人飲み会に批判の声も!

白鵬にも厳重注意が

貴ノ岩と日馬富士のことに関して、その場にいたとされる白鵬にも事情聴取などが行われましたね。そんな中、白鵬は、九州場所で優勝を遂げています。しかし、その白鵬に対し、理事会は厳重注意をしたと言われていますが、白鵬になにがあったのでしょうか?問題となった動画をご覧ください。

白鵬、厳重注意

この日の理事会には、横綱白鵬関が師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)とともに呼び出され、現役横綱に対する異例の厳重注意が言い渡された。記者会見した八角理事長(元横綱北勝海)によると、九州場所以降の白鵬関の一連の言動が問題視された。

11日目の嘉風関(尾車部屋)との一番で自ら物言いをつけるように土俵下で抗議したことに加え、千秋楽の優勝インタビューでは「日馬富士関と貴ノ岩関を、再び土俵に上げたい」などと発言。さらに観客に万歳三唱を促すなどした行動が「横綱の品格に関わる」とみなされ、「今後は慎むように」と厳しく注意を受けた。

 関係者によると、白鵬関は28日に八角理事長が行った暴行問題に関する講話の際に、「貴乃花巡業部長のもとでは冬巡業に参加できない」と発言し、理事長から「力士会を通じて言うように」とたしなめられていた。

白鵬は、インタビューで、「日馬富士と貴ノ岩を土俵に上げたい」と発言したことや、万歳三唱をしたことなどが問題視され、注意されたようです。さらには、貴乃花親方についての発言にも注意を促されたとか。横綱というのは、ただ強いだけではなれないものなので、やはり品格が大切なのですね。しかし、白鵬も巻き込まれた感じがしますね。

SNSの反応

SNSでは、貴ノ岩のケガについて、「普通じゃない」とか、「強いもので殴っている」などと、日馬富士を批判する声が多く見られました。それと同時に、相撲協会への不信感を募らせている人もやはりいます。

まとめ

貴ノ岩のケガを見ると、かなり衝撃が頭に加わったのではないかと想像することができるほどひどいものだと分かりますね。日馬富士が貴ノ岩を暴行した理由を聞いていると、貴ノ岩にも原因はあるようですが、手を出してしまったほうが悪くなるので、日馬富士が引退しても仕方がないことなのかもしれません。



ページトップへ