北川景子が篤姫役で2018年大河ドラマ「西郷どん」に初出演

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木亮平主演の2018年大河ドラマ「西郷どん」に北川景子が篤姫役で出演することになりました。結婚してからも輝き続ける彼女ですが、今回初めての大河ドラマとなるそうです。過去の篤姫役も振り返りながら紹介します。

大河ドラマ「西郷どん」のヒロイン・篤姫役

 2018年の大河ドラマ「西郷どん」のヒロインが北川景子に決定しました。11月に主人公の西郷隆盛役を演じる俳優・鈴木亮平が抜擢されてから、その他一部のキャストが3月下旬に発表され、そして、第二弾のキャスト陣が4月12日に発表されました。今回、西郷隆盛との恋模様が描かれる篤姫役に選ばれた北川景子を始め、篤姫の教育係にあたる幾島役など、新たに9人の出演者が発表されました。北川景子 篤姫役

北川景子 篤姫役

via google imph 北川景子が演じる於一(後の篤姫)役は薩摩・島津家の分家の娘であり、西郷隆盛と淡い恋に落ち、絆を結んでいく。篤姫役に抜擢されたことに対し、すごく喜んでいました。意外にも、北川景子にとって今回が初めての大河ドラマであり、また初めてのNHK出演作品だそうです。たしかに、彼女と言えば、常にドラマのクイーンとして数々の作品に出演しているが、NHKに出ているイメージはあまり無いですよね。そもそも、日本髪にしている姿があまり想像付かないですね。ただ、すごく顔が小さいので、似合うこと間違いなしですね。

 大河ドラマは、俳優の誰しもが一度は出演したいと思う大作であり、大物俳優人の登竜門とも言いますよね。その分、忙しいのも事実です。結婚してから堀北真希のように芸能界を引退する女優もいる中で、北川景子は立て続けにドラマや映画に出演しており、より多忙を極めています。そこで、多く心配されているのが妊活。DAIGOも今では歌手活動より、バラエティ番組に引っ張りだこで二人共が忙しい状態。2018年の大河ドラマが決定したことによって、妊活が遠のいたのではと噂する声がたくさん上がっています。たしかに、今は女優に専念するという決心でいるようですね。まだ、30歳なので妊活は後々ということでしょうかね。

大河ドラマ「西郷どん」出演者発表  &北川景子インタビュー

via www.youtube.com

「西郷どん」出演者発表にて

北川景子は、
「いつか出演したいと心のなかで目標にしていた大河ドラマに携わることができ、そして素敵な皆さまとご一緒できて光栄です。とても身の引き締まる思いです」とコメント。

また、篤姫の役どころを聞かれた際には、
「非常に強くて精神的に自立した女性という印象を受けました。過去にも篤姫を演じた人はいますが、オリジナリティも大切にしながら一生懸命勤めて参りたいと思います」「過去に篤姫を演じた先輩方から、たくさんのことを勉強し、史実も勉強し、一生懸命に努めたいと思います」と真摯に語り、「大河ドラマのしきたりを知っていく、そういったところからスタートですが、皆さまとしっかりとコミュニケーションをとっていきます」と意気込みを語りました。

北川景子、初の大河ドラマ

北川景子、初の大河ドラマ

via google imph また、篤姫役に選ばれた理由として、制作統括の櫻井賢が北川景子を大絶賛。彼女こそ今までにない篤姫をやってくれると思うと期待しており、北川景子の魅力にも触れていました。於一・篤姫ならではのツンとしたところ、かつ柔らかいところを兼ね備えた要素が北川景子にピッタリのようですね。彼女も今までの篤姫役も参考に自分なりの篤姫を演じたいといったコメントをしていたので、ますます楽しみですね!主人公の西郷隆盛とヒロインの篤姫

主人公の西郷隆盛とヒロインの篤姫

via google imph この2人の恋模様にもぜひ注目したいですね。

2018年大河ドラマ「西郷どん」

あらすじ

西郷隆盛(小吉、吉之助)は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。西郷家はますます貧乏になり、家族は呆れかえるが、西郷は空腹を笑い飛ばす。


そんな愚直な西郷に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)が目を留めた。「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く主張する斉彬に、西郷も心酔する。西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。薩摩のキーパーソンとなっていく。

生涯の師・斉彬との出会いと別れ。篤姫との淡い恋。仲間との友情と反目。多感な青年期を経て、3度の結婚、2度の島流し。極貧の下級武士に過ぎなかった素朴な男は、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げて行く。

 「西郷どん」の原作者は林真理子。彼女の作品の代表作にはあのドラマ化して話題になった「不機嫌な果実」など。彼女の小説は、辛口で率直な言葉で書かれた爽快感が表現されており、とても読み応えのある作品ばかりですよね。また、今回の作品の脚本には、中園ミホが務めるので、女性からの視点というものが重視されるのではないかと見られています。彼女らが作り出す世界観も楽しみですね。

キャスト

西郷吉之助 / 隆盛 ・・・ 鈴木亮平
大久保一蔵 / 利通 ・・・ 瑛太
岩山糸 ・・・ 黒木華
西郷吉兵衛 ・・・ 風間杜夫
西郷満佐子 ・・・ 松坂慶子
西郷琴 ・・・ 桜庭ななみ
西郷吉二郎 ・・・ 渡部豪太
大久保次右衛門 ・・・ 平田満
熊吉 ・・・ 塚地武雅
於一/篤姫 ・・・ 北川景子
ふき  ・・・ 高梨臨
大山格之助/綱良 ・・・ 北村有起哉
有村俊斎 / 海江田信義 ・・・ 高橋光臣
村田新八 ・・・ 堀井新太
赤山靭負 ・・・ 沢村一樹
幾島 ・・・ 斉藤由貴
由羅 ・・・ 小柳ルミ子
島津斉興 ・・・ 鹿賀丈史

「西郷どん」キャスト一覧

「西郷どん」キャスト一覧

via google imph「西郷どん」キャスト一覧

「西郷どん」キャスト一覧

via google imph 今回ふき役を演じる高梨臨も初の大河ドラマ。一方で、2016年の大河ドラマ「真田丸」にも出演していた斉藤由貴はオファーが来た際、「また?」と思ってしまったそうですが、面白そうだったので、挑戦することに。斉藤由貴が演じる幾島役は北川景子演じる篤姫の教育係であるため、2人が絡むシーンは多くなりそうとのこと。「来年の一年は眼福」とコメントしていました。

 そして、鹿児島県出身の俳優・沢村一樹は、帰省した際に、何度も周りから「西郷どんに出ないの?」と聞かれて今まで曖昧に流していたと発言。やっと出ますと言えますね。豪華な俳優陣が集まった「西郷どん」、期待が高まりますね。

篤姫役

 篤姫役といえば、数々の女優が演じてきましたが、最も印象に残っている方といえば、この方!宮崎あおい。2008年の大河ドラマ「篤姫」にて主人公を演じた宮崎あおい。平均視聴率が24.5%という高視聴率で評判がとてもよかったです。そして、特に宮崎あおいの篤姫役も好評価を得ていました。当時の彼女は22歳ながら、12歳から49歳までを演じたことでとても話題になりました。また、役にもすごくのめり込んでいてハマり役だったようですね。宮崎あおい 篤姫

宮崎あおい 篤姫

via google imph その他にも、時代劇「大奥」では、菅野美穂が篤姫にあたる篤子(敬子」役を演じましたね。菅野美穂 大奥

菅野美穂 大奥

via google imph 多くの女優が篤姫役を演じてきて、それぞれの篤姫が視聴者の記憶に残っていますよね。同じ役を違う人が演じることによってまた色々と変わってきます。今回の「西郷どん」で北川景子ならではの篤姫を見られるのが楽しみですね。2018年の大河ドラマに期待が高まりますね!


ページトップへ