2018年大河ドラマ「西郷どん」の大久保利通役はキムタク?

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木村拓哉が2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」に出演するのではないか?と噂されている。西郷どんはまだ主役の鈴木亮平しか決まっていないがSMAPではなくなった木村拓哉に注目が集まるだけに話題を呼ぶのでは?

西郷隆盛役は鈴木亮平!

鈴木亮平は似合いすぎ!笑

龍馬伝や真田丸で大ヒットを続けているNHKの大河ドラマ。
その2018年の大河ドラマに決定している「西郷どん」
その西郷どんの主役に決まったのが鈴木亮平だ。
鈴木亮平は今まででもNHKの花子とアンに出演しているだけに、信用は確実にあるだろう。
その安心感とも言える存在が西郷隆盛に合っているということでキャスティングされたのではないか?

@fuku_ac)さんの投稿

俺物語!!の主人公だが西郷隆盛にも見える!via google imghp西郷どんの発表会見時では多くのメディアで主役の西郷隆盛は唐沢寿明ではないか?という憶測が飛んだ。
しかし、実際に発表さえれたキャストは鈴木亮平が務めると発表された。
現在は大久保利通役しか決まってないが、他の配役にも注目が集まっている。
その中で、実は大久保利通役にキムタクこと木村拓哉が抜擢されるという情報が飛び出した。

大久保利通は主役である西郷隆盛とともに幕末期から維新の立役者として活躍。
しかし、明治になると西郷との意見の食い違いから、袂を分かつことになった人物。
その西郷が西南戦争で倒れると、その後暗殺されている。

@liplip0903)さんの投稿

もうSMAPのキムタクではなくなるのか。。。via google imghp

大久保利通役の木村拓哉?

キムタク側は当初、大河ドラマの主役への意気込みを見せていたものの、結局はその願いは叶わなかった。
ただ、SMAP解散騒動で最近の好感度急落は、今後の仕事の方向性を転換せざるおえない状況もあり、もはや俳優として主役にこだわってばかりもいられない。
そこで、主役・西郷隆盛としての盟友である大久保利通役であるならば、偉人としての功績やドラマで最初から最後まで出演することになるなど、必ずキーポイントの人物となるはずであり、OKだとキムタク側は納得しているという。

主役以外の役に積極的に取り組めば俳優としてのキムタクのイメージも変わるのでは。
ちなみに、大久保利通は明治維新で大きな功績があった偉人ですが、人気のある西郷隆盛を裏切ったというイメージが拭えず、いまいち、人気のない人物。
SMAP騒動で”裏切り者”のイメージがついてしまったキムタクにはピッタリなんていう陰口も

一部のファンからは、大河ドラマ「西郷どん」は、「篤姫との淡い恋」「ボーイズ・ラブ」などの要素に違和感を感じるファンがいるなど、早くも話題になっている。
大久保利通役がキムタクとなれば、さらに大きな波紋を広げるかもしれない。


正直、大久保利通のイメージにキムタクはあうのか?

大久保利通といえば明治維新の立役者で、江戸時代も文明開化を唱えることを恐れず、積極的に海外の文化技術を受け入れようとしてきた、先駆者だった。
最も日本人の記憶に残るのは西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と呼ばれたことではないだろうか?
さらにいうと裏切り者の印象が大きいが大久保利通は実際に人望もあり、能力も人並みはずれたものを持っていた。
大久保利通は尊敬する人物に鉄血宰相のビスマルクと江戸幕府初代将軍、徳川家康公を上げている。
この二人は、共にいざという時の外交力に優れていた。
ビスマルクも戦争を仕掛けるときは機を見るに敏という言葉が似合うくらい素早く、そしてその戦争が終結してからは、外交力を活かし、ビスマルクがドイツを仕切っていた頃にヨーロッパで戦争は起きなかったといっていくら位なかった。

徳川家康公は博打に頼るくらい運に左右された武将だ。
元来、徳川家は不運に見舞われることが多く、家康の父親も祖父も博打で失敗して痛い目を見ている。
実際に家康も若い頃は博打を打つような一か八の戦が多かった。
しかし、徳川家の存続危機となると腹をくくった外交術を見せ、周囲を驚かせ納得させる、非常にうまいやり方だ。
この二人は、偉大な功績を残しただけでなく生涯に渡って見習う部分が多いというところも魅力だったのだろう。

西郷どんのキャスト予想

大久保利通…沢村一樹
島津斉彬…唐沢寿明
島津久光…反町隆史

他にも渡辺謙や竹野内豊の声も上がっている。
歴代の大河主演俳優でいうと堺雅人も入ってくるとか、宅間孝行なども噂されている。

なんにせよ、タイトルが西郷どんなのだから西郷隆盛にスポットを当ててほしいと思うし、大久保利通はキムタクみたいにチンチクリンではないスタイル。
老けても威風堂々という言葉が似合う人物だった。
確かに裏切り者という面だけ考えれば、キムタクが適任だと思うがあまりにピンポイントすぎるだけにつまらなくなりそうで怖いのと、なによりキムタクがドラマの現場に入ると変な雰囲気になり撮影現場の空気が壊れるという噂があるだけにあまりキャストとしては使いたくない存在だと思う。

今、大泉洋や草刈正雄がいい演技で高評価を得ている真田丸のことを考えると人気のNHK大河ドラマでも視聴率がガクッと下がることもありるのだから油断はできない。
軍師官兵衛や花燃ゆも期待していただけのヒットを飛ばせなかったし、次回作の柴咲コウが主演のおんな城主 直虎もどこまで期待していいものか不安がある。
井伊直虎にスポットライトを当てることは素晴らしいと思うが、オリジナル作品ということで脚本にどこまで期待していいものかわからない。
井伊直虎の人生はなかなか面白い人生なので、おそらく大丈夫だと思うが、酷評されてしまうと脚本や演出家は仕方ないというところだが子孫や直虎のファンはかわいそうだ。
本人たちは言われたくもないことも多くあるだろう。
どんなドラマもそうだが、とくに時代劇物はネームバリューではなく演技の実力で選んでほしいところだ。

木村拓哉もまだ決定ではないので今後のキャスト発表にも期待していきたい。


ページトップへ