西川史子、緊急入院で激痩せ!ガンや拒食症の可能性も!?【画像】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女医でタレントの西川史子が2017年7月29日から胃腸炎で入院していることが発覚。昨年12月にも入院したがすぐに復帰。最近痩せこけた姿がインスタグラムでも話題になっており、本当は胃腸炎での入院ではないのかも。

西川史子、緊急入院していた原因は。

2016年ごろから激ヤセで心配されている西川史子が、胃腸炎で2017年7月29日から緊急入院していることが7月30日に発覚しました。同じ日に放送されたTBSのニュースバラエティ『サンデー・ジャポン』にて、番組冒頭でMCの爆笑問題の田中裕二が体調不良で番組を休んだことを報告。

昨年胃腸炎で入院した後復帰した西川史子

http://give-style.com/archives/691

西川史子の所属する事務所によると、7月28日の夜から西川史子が腹痛を訴え出したそうです。7月29日に都内の病院で診察をうけ胃腸炎と診断され、そのまま入院。幸いにも西川史子の症状は軽いので、数日中に退院できるようです。

西川史子の激ヤセも関係しているのか

2016年の5月にも、西川史子は胃腸炎が原因でフジテレビ『ノンストップ』を休んでいますし、11月から12月にかけては全く同じ理由で2回も入院しています。2016年の夏頃から西川史子はどんどん痩せてゆき、テレビで西川史子を見た視聴者からは癌ではないかと疑惑の声があがりました。

かつては傲慢なキャラクターで西川史子は芸能界のヒールでしたが、離婚してからは丸くなるのを通り越して弱々しさすら感じるようになりました。当時は心因性ではないかとも言われていました。

しかし、西川史子はダイエットはしていない様子。西川史子本人曰く、加齢のせいで食も細くなったと言っていますが、それだけではないような…

2017年の6月にひっそり開始した西川史子のインスタグラムでは、両親との写真や楽屋での自撮りなどを投稿しています。初めはフォロワーが40人にも満たなくて寂しいと漏らしていましたが、今では3万人を超えています。

西川史子さん(@dr.ayako_nishikawa)がシェアした投稿 –

しかし、自撮りを載せるとフォロワーからは、また痩せたのではと心配するコメントが多数寄せられていました。これらの反応に、西川史子はえらボトックスを打ったためと答え、「もっと食べます」と宣言。その数日後に入院することになるとは。

西川史子はやはり癌?胃腸炎で激痩せするの?

西川史子本人や事務所はかたくなに胃腸炎で入院したと発表していますが、ネットでは西川史子の癌を疑う声が絶えません。しかし、胃腸炎でもあのくらい痩せるという主張もあります。

このパターンは癌だな

胃腸炎でもガリガリになる。何も食べれなくなるし、消化機能も低下するから
俺も二週間くらいで5キロやせた。

精神からくる激痩せとか大病でない激痩せだと首はこんなにならない。
この首はあかんやつや。

細菌性の胃腸炎なんか本当救急車で運ばれるぞ
癌じゃなくても入院するだろ

西川史子が痩せ始めたのも、初めて胃腸炎で入院した2016年の5月からでした。そう考えると、胃腸炎のせいで消化器系の器官が弱まり痩せたと考えることは可能です。しかし、慢性的に胃腸炎になって痩せ続けるという症状も問題ではないでしょうか。

西川史子の場合は46歳という加齢で片付けることもできる微妙なラインですが、激ヤセを話題にされたときに、「更年期障害」や「ボトックス注射」などと痩せた原因がコロコロ変わるのは怪しいです。何かバレたくない病気でもあるのでしょうか。

西川史子の激ヤセの原因が癌である可能性はどれほどか分かりませんが、一部では拒食症説も上がっています。あれだけ病的に痩せているのに、露出の多い服装を好むのは拒食症の症状ではないかと考えられるためです。

しかし、西川史子は自分の趣味の欄に「テレビに出ること」と書くほど自己顕示欲のある女性です。西川史子の露出が激しいのも今に始まったことではありません。やはり自分ではどうにもならない病気と考えたほうが妥当でしょう。


では、西川史子はどれだけ痩せたのか、現在と昔で画像を比較してみましょう。

西川史子比較

http://godialy.com/video/XhQJlkIGoao

かつての西川史子と比較しても、現在の西川史子が短期間で異常に痩せたことは確かです。西川史子はヘビースモーカーとして有名で、ストレスが溜まるとどうしてもタバコを吸いたくなるんだとか。もしも癌が本当だとしたら、肺から発症しているかもしれません。気の強いイメージがある西川史子ですが、昨今では弱音を吐くこともよくあります。2016年には愛犬のココちゃんが亡くなり、ペットロスになっています。

2017年6月に亡くなった小林麻央も、癌が発覚してから1年半は標準治療なしでも生活できていました。西川史子は専門は違えど医者なので、自分の状態がどうなっているのかわかっていると思います。せめてもう少し健康的になればいいですね。

西川史子の病気「急性胃腸炎」とは?

西川史子の緊急入院の原因である急性胃腸炎とは、そもそもどのような病気なのかご紹介します。急性胃腸炎とは、突発的に胃に炎症が起きてしまう症候群です。ほとんどがウイルス性であり、感染経路が不明な場合が多いそうです。

症状としては腹痛や下痢などがありますが、血便や嘔吐、発熱、倦怠感などが伴うことも多いそうです。症状の現れ方には個人差があり、激しい腹痛など重症な場合は、緊急入院をすることもあります。

急性胃腸炎で激痩せしてしまう理由としてはやはり下痢と嘔吐です。嘔吐は1日以上続くことは少ないようですが、何度も激しく嘔吐をくり返し、食事を摂ることができないほど重症になる人もいます。

また、下痢が激しい場合は脱水症状も見られることがあり、入院すると輸血をするため絶飲食となるので、一気に体重が減ってしまうこともあるそうです。

西川史子本人はガンを否定

西川史子は緊急入院で激痩せをしたときに、ネットの記事やSNSのコメントなどで「西川先生はガンなのでは?」と騒がれたことで、自分自身も心配になったことから、実際に医療機関でガンの検査をしたそうです。しかし、結果は問題なく、ガンではないと西川史子本人の口からガンを否定しました。

しかし、エラボトックスを打ったとか加齢によるものなど、激痩せの理由がころころ変わっていることから、西川史子本人もなぜこんなに痩せていくのかよくわかっていない可能性も考えられます。

一部では拒食症の可能性も指摘されていますが、西川史子のInstagramの投稿には食事の様子や、ロケで食事をしたときの写真なども多数投稿されていることから、拒食症である可能性は考えにくいでしょう。

2018年1月現在の西川史子は元気な様子!

西川史子は2017年7月末に緊急入院をしたものの、2018年1月現在まではとくに異常なく元気に過ごしているようです。西川史子のInstagramには笑顔の写真がいくつも投稿されています。

つい最近には、藤田ニコルとレギュラー出演している番組「サンデージャポン」のロケをしてきたようです。

毒舌だった西川史子が、藤田ニコルを「ニコるん」と呼んだりと、以前の西川史子では想像できないほど、丸く穏やかな性格になりましたよね。

2018年は入退院をくり返されないように、健康に元気に過ごして欲しいと思います。

【画像】西川史子が病気で激ヤセ、ガンではないかと心配の声

【一般人に聞いてみた】西川史子は嫌い!?徹底調査

まとめ

今回の入院も、今までと同じ様に短期のものですぐに復帰すると思われます。昨年から顕著になった激ヤセの原因は、ネットでは癌が最有力候補ですが、本人は「更年期障害」「加齢」と言っていますし、胃腸炎でも急激に痩せることが分かりました。本人の主張含め、どれも根拠が薄くて真実はどうなのか分かりませんが、少しでも健康的な体型になってくれたらと思います。