大久保が好き?西内まりやのホークスファンは嘘だった

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


西内まりやはホークスファンとして名前が知られているが嘘だったことが判明した。小さいころ好きだった選手をきかれ、「松坂と大久保」と答えるが、二人とも小さいころには在籍していない。にわかがバレてファンも大激怒か?

タカガールアンバサダーに就任

西内まりやは先月タカガールアンバサダーに就任しました。タカガールアンバサダーはプロ野球チーム・ソフトバンクホークスのいわゆる「大使」のような役割を果たします。女優だけでなく、歌手としても活躍する西内はタカガールの応援歌の作詞・作曲も担当するなど、もうホークスに溶け込んでいます。始球式にも何度か出ており、可愛らしい姿をホークス全体に披露していました。タカガールとはソフトバンクホークスの女性ファンのことです。プロ野球の全12球団を比較すると一番ソフトバンクの女性ファンが多いとのことです。ソフトバンクはそのタカガールを重要視し、ヤフオクドームのグルメを女性の好きそうな甘いスイーツを増やしたり、「タカガール♡デー」としてその日に来場した女性にユニフォームをプレゼントするなどの企画を実施しています。女性ファンの代表としてタカガールアンバサダーというものをつくり、宣伝を大きくしています。いわば「カープ女子」に対抗する勢力ですね。流行語を狙っているかもしれません。西内まりやは福岡県出身で大のホークスファンとして有名です。元々小学生から中学生の間バトミントンをやっており、大会では何度も優勝するほどの実力者。その夢は捨ててモデルや女優など芸能界に舞台を移しましたが、スポーツ好きは変わっていないようです。地元の野球チームを応援するのは当たり前なこともあり、知名度も高い西内まりやはアンバサダーとしては適任だったのでしょう。

西内まりや

以前始球式で大暴投したときの写真。この次の始球式ではリベンジが果たせたようなのでよかったですね。via google imghp

ホークスファンは嘘?

ホークスファンを公言し、タカガールアンバサダーに就任するほど熱の入っている西内ですが、実はホークスファンは嘘で、にわかだったことが噂されています。その出どころはTBSの中継。24日の昼に行われたソフトバンクホークスの試合で、地上波のゲスト解説を行ったようです。そこでの会話が問題となっています。西内「(ヤフオクドームは)うちから2分くらいでよく来てたんですよ」
アナ「そのときはどなたを応援されてました?」
西内「松坂投手とか、大久保さんとか・・・」
秋山「・・・小久保かな?」実況アナウンサーと西内まりやと元プロ野球選手の秋山幸二の三人の会話の一部抜粋です。「小さい頃も応援していた」という会話の流れで進んだものです。一目瞭然ですが、西内が応援していた選手は松坂と大久保だそうです。しかし、松坂は西内が小さい頃はホークスではありません。メジャーに行っていましたし、その前は西武ライオンズに所属していました。この時点でにわかがバレました。次に大久保ですが、ホークスには「大久保」という選手はいませんでした。有名どころで似ている選手といえば小久保ですね。たぶんですが、大久保と小久保を間違えたのでしょう。単に一人の女優が間違えただけなら良いのですが、タカガールアンバサダーとなると・・・。ファンの代表という身分なだけにこの罪は重いです。しかも小久保は選手としても有名でしたが、今は侍ジャパンの監督をやっています。野球好きが侍ジャパンの監督の名前を間違えるでしょうか。


選手名の間違いはファンは必ず聞き逃しません。質問に対する答えも全て準備するべきでした。

タカガールアンバサダーを降ろされる?

アンバサダーが選手の名前を間違えれば、タカガールの士気はものすごく下がるはずです。選手の名前くらいは覚えていてほしかったですね。ネットでは「大久保はコーチのことなんじゃないか」のような西内まりやを援護するような書き込みもありましたが、さすがにそのようなマニアックなところは攻めないでしょう。ソフトバンクにとってもこの失言は痛いですね。6月末に就任したばかりで、始球式や応援歌の作詞・作曲もしているので簡単には降ろさないかとは思いますが、チームの尊厳を踏みにじるような発言をするような人をファンの代表に置いておくわけにはいかないという考え方もあります。芸能人を探せば、もっとソフトバンクホークスが好きな女性はいるはずです。ソフトバンクは人選ミスをしてしまいました。こういうミスは一度してしまうと取り返せません。ファンなら名前を知っているのが当たり前なので、選手の名前を二人も間違えてしまうのはありえないです。そして汚名返上できるようなものでもありません。これから名前を覚えていくという話でもないですし、自分から辞退するのが一番なんですかね。そうするとこれまでの応援歌が全て無駄になってしまうので、どちらにしろ厳しい決断です。就任するときに責任をもって取り組んで欲しかったです。仕事がもらえるからといって引き受けるものでもないと思うので、ファンに謝罪は必要ですね。

こじるりの発言も批判の対象になっていました。こじるりは別にそこまでの被害はなかったようですが、やはりタカガールアンバサダーの立ち位置は重いようです・・・。



ページトップへ