オタクあるある?街コンで居そうな婚活中オタク女子と男子

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


街コンと言えば、婚活中の方ばかりですが、挙動でオタクだなこの人と見抜かれてしまうポイントや、「オタクすぎ・・・」となってしまいそうな事を街コンで居そうなオタクとして色々上げていこうかなって思います。

最近ではオタク限定の街コンなども溢れかえる世の中となってきましたが、そんなオタクから見ても正直きついオタク達の行動や、近寄りたくないオタクの行動をオタクあるあるとしてあげていこうかなと思うのですが、このオタク達ってもしや自分なのでは・・・?と思ったらまずは、「自分の全てを受け入れてくれる人が~」と言わずに注意だけでもしてみては如何だろうか?

結局のところ捕まえてしまえばこっちのものなのですからその一時だけは少しだけお淑やかな、あるいは紳士的なオタクを目指してみては如何だろうか?
捕まえたあとはポ◯モンのように冒険に出るのもいいですし、もう薄い本みたいな展開にするもよし何でもアリアリの恋愛バーリトゥードを披露していきましょう。

アナタの近くにもいない?こんなオタク達あるある

街コンに特に目に余りそうなと言うか自分にもそんなフシがあるからこそ目についてしまうオタクあるあるをシュールにお届けできればと思っています。
今回は多種多様なオタク達が登場するかもしれませんが心当たりあったらとりあえずは「あいつだ・・・」とか言って意味深ツイートしてみると、「私か?」「え?俺じゃない?」「まさに俺」なんて・・・。
ツイートが来たらいいね・・・。
肩の力を抜いて考えて欲しいオタクに対して風当たりが良いものだと思ったかい?
読者もこうならないように気をつけましょう。もう既になっているなぁ~と少しでも思ったら、一生独り身となり、考えるのをやめることになるかもしれません。

どう見ても挙動や発言が千と千尋のカオナシ系オタクだ

俗に言うコミュ障(コミュニケーション障害)に近いですが、発言の初めに「アッ」や「エッ」など、一呼吸置かないと喋れなかったり、どもったりしちゃっていませんか?
まさに千と千尋に出てくるようなカオナシのような感じの喋り方になっていたら要注意ですからね?

せっかく喋ろうと頑張っているわけですし、その一瞬に全てをかけると言うわけじゃないですが、口周りの動きに集中して、どうしても一呼吸置きたかったら最初のアッエッを我慢して「そうですねー」や「なるほどー」なんて社交辞令的に差し支えないような言葉から始めつつゆっくり考えをまとめてみるのも良いかもしれませんよ?

簡単に出来ない?それがやれたら苦労しない?確かにそうですが、どうせ苦労するのであれば意識して練習してみたらどうでしょうか?婚活するのですから、少しはマシになる努力をしてみるべきなのです。

オタクであることを隠しきれない頭隠して尻隠さず系オタクだ


オタクであることを隠そうと必死に化粧を覚えてモテ路線に・・・。
メイク、ファッションはそれなりに気を使うし、もちろん漫画やアニメの話になっちゃう時だってあるのでそれを想定してある程度のネタを絞っていたり、アニメやゲーム系のドラマCDを聞いてるときは音量をとても気にしたり、携帯画面が見られないように必至に角度調整してみたり、SNSではリアル用アカウントとオタク用アカウント更にかなり仲良い人の裏用アカウントなんて複数アカウント運用してみたりと、オタクバレについて非常に気にしている人が多く居ます。

それでもやっぱりにじみ出てきてしまう時やあるいは自分の失敗によってオタクバレしてしまうときがありますよね?特に失敗例が多いのは話し方やリアクションで「あっ・・・(察し)」とか察しの部分まで言ってしまったり「おぅふ」や「いいゾ~これ」「出、出〜ww」など明らかに馴染みが無い言葉を日常生活で使ってしまったら、間違いなくオタクではないリア充からは心の中で「なんだ?」と思うことでしょう。
お酒を飲む場でも起こりやすいですが、特に注意したいのが自分をオタクだとオープンにしている人が近くにいるときに釣られて自分も何ていう初歩的な罠があるのでそのための経験値をためてレベルアップをしなければいけないですね。

そして最近では特にメールやLINEなどの言葉遣いですね?wを多用したり、ツイッタラー界隈やインターネットスラッグを連発してみたり、相手が見慣れないであろう顔文字や絵文字を使ってみたりと、ネット上の文面では、特に気が緩んでオタク臭を嗅がせることになってしまうのです。

オタクであることを隠すなら相手にバレないように!お尻を出した子一等賞になるのは昔話だけかもしれませんよ?

オタクの中のオタク?口癖レベルになってきた否定系オタクだ

今まで、上にあげてきたオタク達を一蹴するレベルで至急で最速改善の必要があるこの「否定形から何でも入るオタク」何でもかんでも否定から入るその僕知識人ですよアピールはいかんともし難いほど嫌われてしまうので厳重注意しておくべきなのです。

「なぜ?否定形から入ると議論が出来て楽しいじゃないか?」と思うオタクの方、いやそうじゃなかったとしてもそう思った時点であなたもオタクではなかろうと嫌われる可能性を秘めています。あるいは既に・・・。

人の意見に対して「いや~それは」、「でもそれは~」なんて言っていませんか?
あるいは、相手の趣味趣向に関して否定をしていませんか?
頭ごなしにとりあえず否定形から入る人は議論を挟む余地を与えているのでしょうが、議論なんてものは発生しません。

なぜならあなたが、完全に否定形から入ると言うことは既に「頭からあなたの意見は間違っている」と相手の考えを否定することになるわけです。
そんな人を相手に「いやそうじゃない・・・。これはこうで~」と言える人よりも「なんだこいつ・・・。近寄らないで置こう・・・」と思うはずですよね?

まず相手の事を理解して、言いたい気持ちを我慢できるようにならなければ、そもそも結婚生活が将来破綻するのは間違いないですし、普通の関係にしても、大きな溝が出来てしまうのは必然であります。
周りの人達は、あなたの否定から入る行いで疲弊してしまうのが嫌なので嫌っていると言うことを忘れてはいけませんよ。如何ですか?自分は大丈夫そうだった・・・。と思うかもしれませんが、にじみ出てしまう事もあるかもしれません。
それでも良い、オタクな婚活会場を探すから別に・・・。なんて思うかもしれませんが、議論をする場でも何でもありません。
結局はフィーリングが合ってるかどうかなので、惹かれる行動をするべきなのに引かれる行動をしてしまっては元も子も無いと言うことを忘れないように婚活を成功させてください。



ページトップへ