藤原紀香、勘違い発言でまた炎上「梨園の妻は裏方なので」

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

歌舞伎俳優である片岡愛之助と挙式・披露宴をおえた藤原紀香。日常での空気を読めない行動が世間から注目を浴びているなか、TV番組での空気の読めない発言でまたまた波紋が・・一体なぜ彼女はここまで叩かれるのか紐解きます。

2016年9月に、挙式披露宴を行った愛之助(44)と紀香(45)
再婚でありながら白無垢姿を披露したり、引き出物の1つに高価な水素生成器を選んだりと
さすが藤原紀香!期待を裏切らない!と話題になりました。
最近は何をやっても炎上したり叩かれるイメージですが、一体何が原因なのでしょうか?
▼まずは紀香の過去の栄光から

かつては”リアル峰不二子”と称され誰しもが憧れた

日本人離れしたプロポーション!すごっ!

via google imghp

凄い人気でかつては本当にノリノリ紀香だった

関西圏では、クイズ紳助くんの初代アシスタントとしてそこそこ知名度があったようですが
阪神大震災をきっかけに上京し、1998年に出演したJ-PHONE(現ソフトバンク)のCMをきっかけに全国区で大ブレイク。
その日本人離れしたスタイルは、リアル峰不二子と絶賛され、男性のみならず女性たちにとっても憧れの存在でした。
彼女の美容法や健康法・愛用品はこぞって大注目を浴びていましたが、その中でもトレードマークであったウルフカットが爆発的に流行。
専属の美容師の宮村浩気氏通称:みやむーも、カリスマ美容師として引っ張りだことなるなど紀香ブームを巻き起こしました。

紀香ブームの終焉

そんな紀香の人気も時代の流れとともに徐々に低下してしまいます。
原因は色々いわれますが、やはり「代表作のない女優」であることが大きかったのでしょう。
実際、藤原紀香の代表作は?と聞かれても誰もほどんど答えることができません・・
「そういえば、稲森いずみとハッピーマニアに出てたっけ?」という程度
その活動も徐々に、海外ボランティアなど女優とはかけ離れた方向に・・

陣内智則との結婚と離婚、片岡愛之助との再婚

その後、2007年5月に全国区ではまだそんなに知名度のなかった陣内智則と結婚した時は再び好感度がUP↑
当時かなりの格差婚といわれながらも、かいがいしく陣内を立てる姿に世間は関心していました。
結婚披露宴の生中継は、関西地区では40%という驚異の高視聴率をたたき出し
二年後の2009年3月に陣内と離婚した時も、数々の浮気に静かに耐えていた可哀想な紀香・・と同情的な意見が多かったように思います。愛之助と出会う前には、ばつ2の証券アナリストと交際していましたが、結婚には至らず。
2016年3月には、熊切あさ美から略奪?した歌舞伎俳優の片岡愛之助と再婚。梨園の妻としての再出発をきりました。

この時はマリアベールがダサいと話題に。

via google imghp

2度目の白無垢

via google imghpお笑い芸人との離婚を経験し梨園の妻に。なかなか波乱万丈の人生を歩む紀香
これだけ美人なのに何だかすべてにおいて不器用そう・・
そんな彼女。2014年にブログをはじめてからは 度々失言をしたり、
空気の読めない行動で炎上してしまうことが本当に多いのです。

空気が読めないと炎上してしまった言動まとめ

火の国の神様おやめください・・

2016年4月14日に発生した熊本地震に関して、被災者に向けて更新したブログ記事の内容

  どうかこれ以上、被害が広がりませんように。
そして火の国の神様、どうかどうか
もうやめてください。お願いします。(現在は削除済)

これを読んだ人の一部からは大バッシングを受け
「不謹慎だ」「まるで天罰があたったような言い方」「熊本の人に失礼」と
結局ブログ記事を削除したようです。


小林麻央さん”乳がん闘病中”のニュースが駆け巡る中・・

同じ歌舞伎界の市川海老蔵氏の妻・麻央さんが乳がんを患い闘病中で、連日ニュースで取り上げられているなか紀香は2016年9月11日のブログ記事の冒頭でこう記しました。

最近、辛いニュースが立て続けに…
「年齢的にもまだまだ若い知人の方々が次々と亡くなった」

これには・・「いくらなんでもタイミングが悪すぎる」「同じ梨園の妻である麻央さんがこんな状況でなんて空気の読めない人なんだ」
など非難の声が多数あがりました。

再婚にも関わらず白無垢姿を披露

白無垢には洗練潔白のイメージがあるなかで
再婚である紀香が白無垢を着たことで、違和感を覚えた方もいたようです。
以前の結婚会見での着物も「品がない」「梨園に嫁ぐ者としてふさわしくない」などと散々だったなか
着物のチョイスが毎度悪すぎるとの意見が多かったです。

引き出物に家紋入りの水素生成器をチョイス

桐の箱に入り、家紋が入った特注の水素生成器
「使い道に困るのでは?」「紀香色がつよすぎる引き出物・・」と、評判は今一つのよう。

これいつ使うの・・

via google imghp

そして最新の勘違い?発言

2016年11月15日に出演した日本テレビの情報番組「PON」内で今の悩みを聞かれ
愛之助が出演する歌舞伎公演で、ご贔屓筋や観客への挨拶等のため劇場に立つと
握手や写真を求められることが多いが自分は裏方なのでこういったことをすべてお断りしている。
そうするとお客様が残念そうにかえっていくので辛い・・と発言したそうで
この裏方という言葉が波紋をよんでいるなどと記事にされたようですね。

うーん、本当にこれ波紋をよんでるの?笑
この発言に関しては特に炎上の原因にはならなさそうですが・・
ここまで揚げ足をとるって何らかの意図があるのでしょうか?

紀香を叩けば視聴率があがる?

このように、何をやっても叩かれてしまう紀香さん。。
業界では紀香批判は視聴率が取れるともいわれているのでその一挙一動を叩く行為がエスカレートしてきたのかも。

一方で、そんな紀香の不器用な姿を応援する声も多数あります。

最終的には紀香頑張れ!

45歳再婚で白無垢着たり、紀香といえば水素水と笑われている状況で、さらに家紋入りで引き出物にしちゃったり
言葉のチョイスもファッションアイテムのチョイスも突っ込まれやすい。
超絶美人でスタイルバツグンなのになんだか不器用で、、一周まわってもはや愛おしい?

「吾が君を想う来世迄も」と永遠の愛を約束してくれた愛之助さんと再婚したことですし
厳しすぎる世間の声に負けず、氣愛と喜愛でノリノリに乗り切って欲しいものです♪


ページトップへ