藤原さくらが「うたの日コンサート」に出演決定!バーターか?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2001年から恒例の沖縄音楽フェス「うたの日コンサート」が2017年も開催決定!出演アーティストの中には、沖縄出身ではない藤原さくらの名前が…。所属事務所のイチ押しの藤原さくらだが、バーターばかりで期待はずれか。

沖縄音楽フェス「うたの日コンサート2017」

2001年から沖縄で開催されている「うたの日コンサート」が今年も6月24日に開催されます。毎年、多くの沖縄出身の歌手やグループが出演し、沖縄系の音楽好きにはたまらない大規模音楽フェスとなっています。沖縄で開催されるにも関わらず、遠方からも来るファンも多いのだとか…。

「うたの日コンサート2017」には、沖縄音楽アーティストの代表とも言えるBEGINやHYも出演が決定しています。また、そこまで名前は知られてはいませんが、caino、坂本愛江、宮城姉妹、R'kumaなどといった沖縄出身のアーティストが名を連ねています。沖縄音楽フェス「うたの日コンサート」

沖縄音楽フェス「うたの日コンサート」

via google imghpその中で、今回はなんと、藤原さくらが出演することが決定しました。藤原さくらファンには嬉しいかもしれませんが、沖縄音楽ファンにとってはどうしても疑問が出てきますよね。なぜ、藤原さくらなのかと…。藤原さくらの出身は沖縄ではなく、福岡ですし、不思議に感じますよね。

「うたの日コンサート」はアーティストが多く所属するアミューズが企画・制作を行っています。アミューズには、サザンオールスターズやPerfume、ポルノグラフィティが所属しています。

そんな大手芸能事務所のアミューズに藤原さくらも所属しているんです。藤原さくらは、アミューズがゴリ押ししているアーティストということもあり、今回の出演が決まったとされています。藤原さくら 

藤原さくら 

via google imghpさて、沖縄音楽に関係のない、ただ事務所のゴリ押しアーティストが出演ということになれば、沖縄音楽フェスのファンは歓迎はしていないようです。

過去には、沖縄出身ではない忌野清志郎、さだまさし、南こうせつといったアーティストが出演していますが、アーティスト界の超大物と言われるような人しか出演してきませんでした。

しかし、今回は『超大物』とは程遠く、駆け出したてのアーティストということで、微妙な反応みたいです。

藤原さくらの仕事はほぼバーター

藤原さくらといえば、月9『ラブソング』で福山雅治と共演したことで名前が有名になりました。インディーズからデビューしたてで、演技未経験ながら月9のヒロインに抜擢されていました。藤原さくらは同県出身の福山雅治と同じアミューズ所属であったため、月9に出演できたのでしょう。

しかし、視聴率は月9で当時は最低を記録し、福山雅治にとっては大ダメージが…。藤原さくらも、初演技の月9で最低視聴率を出したことで、その後の女優としての仕事はオファーが来てないのではないかと思います。


それだけでなく、出演していた『ラブソング』の主題歌にファーストシングルの『Soup』が採用されていました。『ラブソング』はアミューズのためのドラマだったんでしょうね。これをキッカケに藤原さくらは”アミューズのゴリ押し”と大バッシングを受けました。

藤原さくら Soup ラブソング

via www.youtube.com最近では、神木隆之介主演の映画『三月のライオン』の後編の主題歌に藤原さくらの『春の歌』が選ばれました。神木隆之介もまた、アミューズに所属しているため、今回も藤原さくらは”バーター”ということですね。

映画主題歌に選ばれたにも関わらず、セカンドシングルである『someday/春の歌』はオリコンで初週は11位、2週目に36位という”惨敗”と表現すべき結果に終わっています。

藤原さくら 春の歌 3月のライオン

via www.youtube.com”アミューズのゴリ押し”となってはいますが、期待はできそうにないですね…。

「うたの日コンサート」に連続で出演しているBEGINもアミューズ所属ということで、今回の藤原さくらは、BEGINのバーターという可能性は否定できませんね。さすがに、これだけの共通点があると”バーター”としてひとまず売り出していると思いますが、結果はあまり良いとは言えない状況ですね。

今回の音楽フェスも、藤原さくらと同事務所のBEGINのファンが多いので、敵を多く作ってしまったように思えます。

5月にはセカンドアルバム『PLAY』の発売が決定しています。アルバムを引き連れてのツアーも始まり、さらには音楽番組への出演も決定していますが、どこまで味方が増えるのか…。過去の仕事内容を見る限り、ファンの増加はそう簡単では無いと思います。

まとめ

藤原さくらの1番の強みである”声”はキレイだと思います。歌声は好きですが、ここまであからさまなバーターを歌手としてやられると、応援する気はなくなってしまいます。月9で最初に見たときは、”かわいい”と純粋に思いましたが、個人的にあまりハマるものはなかったですね。

意外と、こう思っている人っていると思うんですが…。グッと来るものがなかったがために、事務所の押しがあっても、結果が付いてきていない気がします。

事務所の“ゴリ押し”がちゃんとした”押し”の内はいいかもしれませんが、”悪あがき”になってしまわないようにして欲しいですね。



ページトップへ