藤井聡太を天才にしたおもちゃ、キュボロとは?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

史上最年少記録を塗り替えてでプロ棋士になり、連勝記録が歴代最高に到達したことで今話題沸騰中の藤井聡太四段。そんな彼が幼少期に遊び、彼を天才にしたと噂のおもちゃキュボロ(CUBORO)について調べてみました!!

天才、藤井聡太

将棋界に彗星の如く現れた中学生棋士、藤井聡太(14)。将棋界に旋風を巻き起こし、その対戦の様子が連日メディアでも大きく取り上げられています。史上最年少でプロ棋士になり、デビュー後公式戦での無敗連勝記録、歴代連勝記録がともに単独トップというありえない記録を次々と打ち出しました。

デビュー間もない棋士としては異例の公式グッズが販売され、即日完売。ネットオークションで高値で売られてしまうほどの人気ぶり。また彼に憧れ、多くのこどもが将棋を始めているとのことで、日本中で藤井聡太ブームを巻き起こしています。

藤井聡太

via google imghp

藤井聡太(ふじいそうた)

2002年7月19日生まれ

愛知県瀬戸市出身

また非公式戦ではありますが、AbemaTVの企画にて将棋界の生きるレジェンド羽生善治とも対戦し、見事勝利をおさめています。これはとてつもなくすごいことです。非公式戦とは言え、あの天才羽生善治に勝手しまうなんて…。藤井聡太、おそるべし。

この時の羽生三冠の「新人とは思えない落ち着きを持っている。どんな棋士になるか、とても楽しみです。すごい人が現れたなあ。」という期待を寄せたコメントからも、藤井聡太の天才ぶりがうかがえます。ひょっとして、羽生さん越えもあり得るかも?!

藤井聡太四段と羽生善治三冠の対局の様子

via google imghp藤井聡太四段の強さはその直感力にあるそうで、幼少期に通っていた将棋教室では出された将棋の問題を次々と解いてしまい、講師を困らせてしまうほど。当時の将棋教室の講師の方はその驚異的なスピードの速さにおどろかされたと言います。

そんな将棋界の天才、藤井聡太がこどもの頃に遊んでいたおもちゃが、彼の驚異的な直感力を鍛えたとテレビで紹介され、いま大変な話題になっています。こんな天才をつくったおもちゃって一体どんなものなんだろう?と気になったので、今回はそのおもちゃについて、調べてみました!


藤井聡太の子供の頃

via google imghp

藤井四段を天才にしたおもちゃ、CUBORO(キュボロ)とは

CUBORO(キュボロ)はスイスのキュボロ社が発売するおもちゃです。穴や溝のついた木のブロックをうまく組み合わせて、上位階からころがしたビー玉が下位階までころがり、ビー玉が脱出できるように通路を作るのがキュボロの基本的な遊び方です。

藤井聡太が遊んだと言われているのは、キュボロの基本セット「キュボロスタンダード」で、これがお値段なんと3万2000円!!幼少期のおもちゃとしては非常に高級ですね~。中身は、13種類ものブロックと土台になるブロックの合計54個が入ったセットです。

キュボロスタンダード

via google imghpキュボロの中には解説書が同梱されており、そこに作り方の例が載っています。実際に遊んだことのある方の話では、はじめのブロックを選ぶ時点で、非常に頭を使うんだとか。ブロックの形はどれもさまざまで、穴の場所が真ん中にあったり溝が側面にあったりと柔軟な発想が求められるのだそうです。

さらに組み立てる際には、このブロックは穴がこっちに向くからこれとつなげて…といったように、頭をフル回転。解説書を見ながら組み立てれば、およそ5~6分ほどで完成しますが、解説書なしでやろうと思ったら、かなり頭を使います。

CUBORO(キュボロ)の解説書

via google imghpそしてブロックの積み上げが完成したら、ビー玉を上位階の穴からころがします。自分の作った道筋をきれいに通ってくれると、これが非常に気持ちが良くて、何回もころがしてしまいます。そうです、あのNHK教育のピタゴラスイッチによく似ています!

ブロックは追加のセットも販売されていて、経路は組み合わせ次第で無限に広がります。組み合わせが無限という部分では、将棋に通ずるものがありますね。自分の手と頭脳を使って立体的なシステムを作り上げるキュボロは、ビー玉の経路を想像しながら作業を進めるため、先を読む力が必要になります。これが藤井聡太の直感力を鍛えたのです。

藤井四段が3歳の時に作ったキュボロの作品

via www.youtube.com

まとめ

キュボロが日本で買えるのは、実店舗では東京都武蔵野市にあるキュボロ正規輸入代理店アトリエニキティキさん。その他、amazonや楽天などのネットショップでも取り扱っています。しかし、今はまさに藤井四段ブームで、品切れ続出中。なかには定価以上の値段で販売されているものもあるので、注意が必要です。

キュボロ(CUBORO)

via google imghpおもちゃで楽しく遊んでいるうちに、自然と頭が鍛えられるなんて、一石二鳥ですね!わたしはまだ子供を授かったことはありませんが、もしそうなった時には3万円の大金をはたいてでも、自分のこどもを絶対キュボロで遊ばせたいと思います!!(笑)

また本場スイスでは、おとなのキュボロ愛好者も多いらしく、玉がゴールするまでの時間を競うコンテストもあるほどなんだとか!キュボロはこどもだけでなく、おとなも楽しめるおもちゃなんですね。こういうのって、大人のほうがハマったら抜け出せ無さそうですよね。みなさんもぜひ、お子さんとキュボロで遊んでみてはいかがでしょうか。


? Amazonでキュボロをチェック ?

大人が作った本気のキュボロ

via www.youtube.com



ページトップへ