藍井エイルの活動休止は黒歴史や病気が理由か!?復帰後の活躍は?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気アニソン歌手の藍井エイルの活動休止理由について迫っていきました。実は藍井エイルの活動休止には病気や黒歴史が絡んでいるとの噂も…?また、藍井エイルの復帰後の活躍についてもご紹介します。

藍井エイルが活動休止から復帰するまで

藍井エイルはTwitterのフォロワー数30万人以上を誇る大人気のアニソン歌手で、2011年にデビューして以来16枚のシングルと7枚のアルバム(ベストおよびトリビュートを含む)をリリースしています。

そんな藍井エイルは2016年11月6日より無期限の活動休止に入り、そして2018年2月8日に活動再開を発表しました。

藍井エイルの活動休止に対してファンからは驚きの声が殺到するのではないかと思いきや、意外にもいずれ藍井エイルは活動休止をするだろうと予想してたファンが多かったようです。

では、藍井エイルはなぜ活動休止をしていたのでしょうか?

藍井エイルが活動休止していた理由

藍井エイルが活動休止していた理由は「体調不良」だと発表されていますが、実は違うのではないかとの声もあるようです。

ここでは、藍井エイルが活動休止していいた本当の理由について触れていきます。

藍井エイルの活動休止理由(1)病気療養のため

藍井エイルは2015年8月29日に誤嚥性肺炎のため入院をしていました。そのため、「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-」を欠席せざるを得なかったのです。

誤嚥性肺炎とは食べ物や唾液などと一緒に細菌が誤嚥され、気管支や肺に入って肺炎を起こす疾患です。

抗菌薬を用いた薬物療法が用いられていますが、抗菌薬は肺炎自体にしか効果がなく、誤嚥を防ぐことはできません。

完治しても誤嚥を起こすことで再発する可能性があり、藍井エイルは誤嚥を防ぐために薬物療法以外の治療を行うために活動休止をしたのではないかと言われています。

藍井エイルの活動休止理由(2)黒歴史

次に藍井エイルの活動休止理由として挙げられているのが「黒歴史」です。

藍井エイルにはさまざまな黒歴史があります。まずは藍井エイルが学生時代に利用していた前略プロフィールという、プロフィールページが見つかったことです。

藍井エイルの前略プロフィール

https://yunoya.com/archives/2007

これだけならまだマシなのですが、なんと無修正で胸や局部を写した写真まで発見されているのです。

さらに藍井エイルがグラビアアイドルとして活動していたことも明らかになりました。グラビアアイドル時代は「有沢ゆい」として活動していたようです。

藍井エイル自身は有沢ゆいとして活動していたことを公表していないので、もしかすると別人である可能性も考えられるようですが、顔が酷似しすぎているので恐らく本人でしょう。

また、藍井エイルはいつも左手を覆うような服装をしているのですが、左手が顕になった写真を見てみるとリストカットした跡が確認できます。

さらに、有沢ゆい時代の写真では太ももに謎の大きな傷が確認されています。

恐らく藍井エイルはもともとメンタルがあまり強くないタイプで病みやすかったのでしょう。黒歴史の画像(特に無修正の局部など)が拡散され続けていることで、精神的に病んでしまった可能性も考えられるようです。

藍井エイルの現在は?復帰後の活躍はどうなの?

では、藍井エイルは復帰後にどのような活動をしているのかご紹介します。

藍井エイルは復帰後の2018年6月13日に、約2年ぶりとなるシングル『流星/約束』をリリースしました。

ちなみに『流星』はテレビアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のオープニングテーマ曲に採用されています。以降も多くのアニメとタイアップをはたしています。

また、復帰後初のライブは日本武道館でのワンマンライブで、2019年には全国各地を回るライブツアーも開催しています。

さらに『SONGS OF TOKYO』や『MUSIC FAIR』などの歌番組にもアニソン歌手の代表として出演。

活動休止前と比較しても劣らないほどの活躍をし続けているようです。

<こちらもオススメ>

藍井エイル活動再開で復帰!新曲『約束』披露も休止中何してた?

【画像】藍井エイルの活動休止の原因は黒歴史だった?リスカ跡ヤバい!【活動再開】

まとめ

藍井エイルの活動休止理由は「体調不良」と発表されていますが、実際は違う可能性も考えられるようです。

藍井エイルは過去にいろいろなことがあったようですが、歌手としてはとても人気が高く、多くの人に支持されています。

今後も精神的に辛いことはあるかもしれませんが、負けずに頑張っていってほしいですね。


ページトップへ